日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
「旅は続くよ」〜popcorn tourファイナルひとり反省会〜
2013年01月15日 (火) | 編集 |
ただいま〜〜・・・よれよれ〜〜〜・・・よろよろ〜〜〜・・・よぼよぼ〜〜・・

メールした北海道の嵐友ちゃんが言ってくれました。
羽田空港爆弾低気圧騒動に巻き込まれた私に。

「コンサートのあとで、よかったですね〜。」

まさに!まさに!
その通りです。

ほんとによかった。
夢にまで見たオーラス参戦でした。オーラスなんて何年ぶり?Timeぶり?わ〜!きゃ〜〜!!

おかしかったよ〜。
最後のご挨拶で、二ノが

「もうこれで、ポップコーンは終わりです。もう二度とないんです。」

なんて言ったので、私達は
「なになに?なんか重大なことでも??」って一瞬凍ったのね。そしたら

「だって、相葉さんがもう全部忘れちゃったからです!」

隣で、きっと次のご挨拶を考えていた相葉ちゃんは、びっくりの表情でした。爆!
楽しい楽しい〜〜!私達も大爆笑でした。
なんでも、今回の年明けのツアーのために相葉ちゃんは、何曲もビデオを見ながら振り起こしをしていたんですって。
去年から1ヶ月もたっていないのに、何で忘れちゃうの?っていうのがメンバーみんなの意見だったみたいですけれど、そうやって忘れちゃうのが相葉ちゃんのよいとこね。
かわいいところね?

二ノは賢い子。

だってね。
私ね。その前の潤君のご挨拶で、とっても涙がぽろぽろこぼれそうだったの。
だって、彼はとっても優しく、本当に優しく
お友達に言うみたいに私達に

「支えてくれてありがとう。」って
そう言ったんだよ。

そんな潤君のご挨拶の後に、笑わせてくれる二ノ。二ノは賢い優しい子。


私達は、彼らが信じて歩いて行こうとする道を、つかず離れず、平行線かもしれないし、時には遠くに離れたりもしてるんだろうけれどずっと見守ってる。
ずっと応援してる。
君たちを支えたい。。。そういつも想ってる。

むか〜〜〜しから、嵐は本当にファンのみんなの気持ちをわかってくれるって私は想ってて、それはほんとに驚くくらいタイミングよく、「どうして、私の想ってることわかっちゃったの?」なんてことも今までいっぱいあった。
だから、今回の潤君の言葉にすごくすごくほっとしました。

ともすれば、いつまで続くんだろうと想う。この旅。
突っ走っていってほしいって想う。振り返らないで、やりたいことどんどんやっちゃいなよ!って想う。
だけどね。
やっぱりどこかで私達が後ろを歩いてるの、振り向いて欲しいな〜なんて想っちゃうんだよね。


それから、今回は相葉席だったんです!いえ〜〜い!
もちろん。ず〜〜〜〜っと上の方の相葉席。
相葉ちゃんの顔、今回初めて近くで見たぞ!って想ったのは、ききゅ〜〜に乗ってるポップコーンマンのお姿だけだったもの。爆!

だけどね。
高い高い塔の上で歌ってる相葉ちゃんの姿を、しっかり双眼鏡でも見たし、
香取の大好きな曲「君がいるから」をすごくキュートに踊る姿。
LOVEのLの文字を指でかたちどる、その手だってしっかり見た。
それから、ジュニアちゃんに抱きついて、向こう側のトロッコに乗って転んでる相葉ちゃんだって見えたよ。
「絶好調超」のとき、タオルを回しすぎて、はしゃぎすぎてふらふらになってフロートの上で、よろけてる君の姿も見た。

彼は変わらない。
ずっと昔に見た、ふわふわ花道の上で、私の目の前ですっころんでた彼。
「うわ、だいじょうぶ?」なんて30センチくらい傍の君に声をかけたくなったときや
場ミリを探せなくて、花道でウロウロしてる君の事思い出した。

相葉ちゃんは、相葉ちゃんのまんま。

ご挨拶の
「楽しくて、楽しくて、もう、この先の言葉はないわ。」
っていう相葉ちゃんらしさ。
その横顔が忘れられないよ。
ものすごく遠くで見たのに、ものすごく忘れられない。

それからね!
ニューヨーク嵐会のみんな!
私達は解散してそれぞれの場所で今も嵐を応援しているけれど、5人の会話の中からたくさんニューヨークという言葉が出てきて、嬉しかったな〜。

「毎年、2ヶ月くらい行って、勉強すれば?」なんて言われている大ちゃん。
いいね。いいね。
今回振り付けとか演出にも関わった大ちゃん。
昔から自分のソロは自分で振り付けしている大ちゃん。
カーニバルナイトをシュールな振り付けにした大ちゃん。
いっちゃいなよ。ニューヨーク。

アメリカに行く前なら、大ちゃんがニューヨークに合う人だなんて想わなかった。だけど、今はすごく大ちゃんにぴったりな街なんだと想う。
大ちゃんがたくさん写真に撮ったニューヨークの街を見てみたい。
そして、香取が3年間そこにいて、ほんとに感動したエンターテインメントの世界をいっぱい見てきて欲しいな。
忙しくお仕事をしている嵐は、なかなか日本に居て「お勉強をする」とか「ワンステップ上に登る」って難しいと想うんだ。
だけど、嵐の事知らない人達と一緒にお勉強するって、すご〜くすご〜く今の彼らにとって得るものがあると想う。そして、それがニューヨークなら、香取のず〜〜っと想ってきたとおりの展開だ。よし!

タイムズスクエアにあるダンススタジオはチケット制だし、短期間だってたくさんのこと学べると想うよ。何より、そこに住んでそこの空気の中にいることがいいと想う。
あれ??ナゴヤドームの反省会?

コスモスは、フルコーラスで歌いたいという潤君。それを全部振り付けてほしいという潤君に、大ちゃんは「いや、フルコーラスはもたないよ。」なんて言ったそう。

ひとりでプロデュースをしてきた潤君が選んだ相手が、大ちゃんってなんて素敵。
そうだよそうだよ。デビューの時から常に尊敬してきた先輩だもんね。
歌い上げる大ちゃんの傍に居て「今日もいい声出てるな。」って想うという潤君。
きっと、この人の才能を、この人の趣味だけに生かすんじゃなくて、嵐のエンターテインメントの世界に生かしたいってずっと想っていたんだね。

そう考えると、今回のポップコーンツアーはほんとに、彼ら大成長したっていうか、ものすごく大きな一歩を進んだ気がします。ただの楽しいコンサート、ファンとのコミュニケーションって彼らがいつも言うことだけじゃなく、嵐ってこういうことがやりたいんだよ!ってすごく伝わったツアーだと想いました。

潤君の想いがどこまで生かされているのかはわからないけれど、
ウォータースクリーンとか、ライティングとか、ききゅ〜〜〜〜とか、ほんとに可愛らしいポップコーンのオムツの赤ちゃん達とか、、、
何もかも、どこまでもすごかったな〜。。いや、すごいとかしか言えなくて言葉足らずなんだけれど。

嵐はほんとに今や人気者になって、各テレビ局が取り合いをしてて、もう出てるだけでいいよ的な扱いもあるような、「仲がいいところみせとけばいいじゃん。」って大人の思惑もちらちら見え隠れするこの頃。
この年末年始なんて、もういいんじゃない?って想ったことが何度もあった。

だから、彼らが「アラフェスもやるよ。それから、またみんなに会えるようにするよ。」って何度も何度もコンサートで言ってくれるのは、ほんというと彼ら自身渇望していることではないかしら?って想う。

翔ちゃんがご挨拶で
「ぼくらも日常に帰って行きます。」って言ったけれど、ほんとに彼らが大好きだった色々なことを「お仕事」に換えて、我慢したりも辛かったりも、苦しかったりもしながら、笑顔でいるんだろうって想う。

私達が彼らに会うことに命を懸けて、そこに辿り着くように、
彼らにだって、命懸けのツアーなのかもしれない。
命を懸けて、あの場所を彼らも掴みとってるんだ。

だから、ファンの私達は「かっこいい〜。」とかだけゆってないて(爆!何回もゆうてるけどな)、彼らの作り上げるエンターテインメントをしっかり見つめなきゃだめだよね。うん。

さて、

さて、

やっぱりオーラスに参加できてよかったな〜って思うのは、やっぱり
やっぱり

ARASHIでした。

ダブルアンコールの後、「あ〜ら〜し!」って言いながら、水分補給しながら、お隣の嵐友ちゃんに
「やっぱり、私はARASHIが聞きたいな〜。」ってゆった瞬間でした。

ティキソーソーですよ!!

いや〜〜〜もうね。もうね。涙がぼろっぼろきちゃいました。
だってね。嵐ファンならやっぱり絶対この曲聞きたいよね?絶対に。
初めてコンサート行く前、コンサートのDVD見ながら振り起こししながら、みんな、ファンの子はみ〜んな、この曲を嵐と一緒に踊るのを夢見るよね?
私もそうだったです。

色んなARASHIを見てきたよ。

お客さんを煽って歌うときも
ムービングに乗ってちゃんと輪になって歌うときも
アジアの凱旋コンのときは、最後のシーンをデビューのcdジャケットと同じ並び方で歌ったよね。
どんなときも、この曲を聞きたい、一緒にコール&レスポンスしたい!って想う。

ポップコーンはとっても楽しくて、良質なエンターテインメント。
そこからARASHIやハダシの未来を外したのは、ちゃんと意図があってのことだと想うし、彼らだって先に先に進みたいんだってわかるけれど、
嵐にとっても、私達ファンにとっても、ARASHIはとっても大切な曲。
最後の最後に聞けて本当に嬉しかった。

あ、、、それからね。
私は結構もう最後尾の方だったんだけれど、もう後ろの後ろの方までもが、み〜んな5人をしっかり見つめてて、しっかりペンライトを振って、元気に歌ってるのがすばらしいな〜って想った。
そして、コンサート中に通路を歩く人なんて、ひとりもいない!
そして、ご挨拶の時もみ〜〜んな静かに聞いていて、すばらしい〜。

がんばったね。嵐。
育てたね。君たちはファンを。
コンサートがアリーナからドームになったとき、私は最初「いやだ!」って想った。
コンサートが荒れるって想ったから。
ドームに行ったら色んなお客さんが来るようになって、それまでの一糸乱れぬファンの佇まいが崩されるなんて想っていました。
それが嵐ファンの誇りでもあったから。

だけど、がんばったよね。5人は。
どんな方が来ても、どんなに遠くにいてもみんなを虜にするそのがんばり。
いちばん最初、中居くんに
「いいか、ドームの一番後ろに座ってみろ。そして、そこに座るファンの子に向かってコンサートを作り上げろ。」って言われた5人。
たったひとりも、その手のひらからこぼすことなく、
ドームに会場が移った2007年からずっと変わらず、150万人にも膨らんだファンを育てて来た嵐。
そんな5人にも拍手です。

そして、私達はこれからも、このコンサートを守る。
支えるだけじゃないよ!私達は。
潤君。
相葉ちゃん。
翔ちゃん。
大ちゃん。
二ノ。
私達は、守っていく。

そして、次にまた会える日まで、
がんばって生きていくよ。

旅は続くね。


ちょっぴり付け足し。
えっとね〜。
香取ね〜。
羽田で昨日、えらいことになってました。きゃははは!!
すごかったよ〜。
一度チェックインして、ゲートまで行ったんだよ。したっけね。すっごい降りなの。目の前に停まっていた飛行機も見えなくなるくらいの吹雪なの。こんなの北海道に居てもなかなか見ないよ?
あ〜〜もうこりゃだめだな。。。って想って、まだ「欠航」ってアナウンスされるまでに、先に今日の朝一の飛行機の予約をしちゃった。えらいでしょ〜〜〜〜?

そして、30分後くらいに欠航って決まった瞬間に、羽田から車でも移動できる(結局タクシーなんて当てにならなかったけれど)ホテルにすぐ予約入れたの。えらいでしょ〜〜?すごいでしょ〜〜?

それからのんびりと振り替えの列に並んでました。

JALさんはね。
すご〜〜く真摯に接してくださいました。でも、大変だっただろうな。だって、やっぱり説明が足りなくて怒ってる人も多かったし、まぁ香取なんかにしたら、コンサート会場に「最後尾」の看板も欲しかったし、この列の目的とかもほしかったし、もっと係の方をちらばしてほしかったな〜。
それでも、私が勝手に予約した便に、もとから持ってたエアチケットを振り替えするために、違うカウンターまで走ってくれるJALのお兄さん。えらかったわ。
何度も謝られたけれど、JALさんのせいちゃうしな。

みんな笑顔で、長い時間対応してはったわ。自分らだってどうやって今日帰るの?って話やね。

それにしても、私、5年前もSHOCKのときにおんなじ目にあってまして。
そのときも欠航決まる前から、JALのカウンターの前に陣取ってたから。

こういうときの判断力って、ジャニオタやってるとなかなか研ぎ澄まされますわね。
今やっとお家のお風呂に入って、ボディソルトでマッサージもして、お部屋のアロマも焚いて。ほわ〜〜んとしてます。

香取の旅もやっと、ひとまず地上に降りたって感じです。
心配してメールやツィッターで励ましてくださった嵐友ちゃん達。
ありがと〜〜〜ありがと〜〜〜〜。
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ!
香取さん、お帰りなさい。
無事に帰って来れて良かったですね!東京は大雪で交通が遮断されましたもんね?
うちの娘も、もう一日遅かったら、帰って来れなかったと思います。(企業説明会で東京に行ってました)

香取さんのブログを読まして頂いてると、早く「ポップコーン」
のDVDが観たいです。
彼らの成長ぶりが見てみたいです。

オーラスでARASHIを歌って下さって良かったですね。
私はコンサート参加経験が無いので、あまりよく解りませんが毎年行かれている香取さんにとっては、思い入れのある特別な曲なんでしょうね。

私にも、香取さんと同じ事が言えるのは、これからも「嵐さん」を支え、守っていきたいです。
2013/01/16(Wed) 22:43 | URL  | 五十路 #-[ 編集]
DVD見たいですね〜。
>五十路さん
嵐コンは映像スタッフが、すばらしいと想うので、今回はもうぜひ、本人達と映像中心にみるバージョンと2アングルでお願いしたいです。

とくに私は、ポップコーンの赤ちゃんのアニメがとっても気に入っておりまして、その子達が、最後の場面ではペンライトをもって音楽に合わせて応援したり、手を振ってさよならをしてくれたりするんですよ〜。
ウォータースクリーンもほんと素晴らしかったし、もしDVDにその部分が残らなかったらもったいないな〜。

相葉ちゃんが全てがあってのポップコーンって言っていましたが、まさに潤君演出は歌、ダンス、映像、ライト、全ての演出あってのポップコーン、まさに総合芸術だと想います。

そういうDVDの作り方して欲しいですよね〜。

羽田騒動も今となっては楽しい想い出となりました。楽しかったです〜。
2013/01/20(Sun) 00:19 | URL  | 香取 #-[ 編集]
今更ですが、
挨拶が遅くなってごめんなさいm(__)m
今年もよろしくお願いします♪

ポップコン楽しかったですね~☆
正直、衣装もセットもめっちゃお金かかってて、やりたいことが形になって出来るようになって来たんだな…って思いました。(あはは、何様、笑)
私は12日の名古屋参戦で、残念ながら私の席からはウォータースクリーンの演出は見れなかったんです(>_<)
チビコーンの5人も含め、DVDに残して欲しい~~
今回は3塁側だったので相葉席でした、私が座る場所って絶対潤くんと真逆なんですよね(-_-;)
ちょっと残念だけど、間近でみた相葉ちゃん、めっちゃかっこ良かったです。
あのダンスのしなやかさ、すぐ忘れちゃう人とは思えません(^^)

行きたくても行けないファンがたくさんいるので、いろんな演出を含め、丸ごと残して貰いたいですね☆

ブログはちょこちょこ覗かせていただいてたのですが、ふんふん頷いて自己完結してしまいコメントに至らず(^^;
2013/01/20(Sun) 22:13 | URL  | みく #-[ 編集]
いらっしゃいませ〜〜〜!!
>みくさん
ありがとうございます。新年のコメント一発目。
今後ともよろしくお願いします。
そうなんですよね。
みんなゆうのですよ。かとりんとこは、コメント入れる前になんか納得して終わる。。って。
あははは。
私は、コメレスする気満々でいつも待ち構えているんですがね。。。って近頃遅いのですけれど。

さて、ポップコーン。
そうなんですよ。
今回は、5人から目を話したくないけれど、いっぱい見たいものがある。
そうそう、相葉席は、スクリーンが見えづらいんですよね。
私は、今回正面のときもあったので、ライティングがすっごいきれいで、それに、小さい気球が色とりどりに変わるのもかわいらしいし、、、ほんとに、色々なアングルでコンサートが楽しめたらいいのにな〜って想います。

これまでも、後ろのスクリーンの映像がとても好きで、特にBWの最後のイラストが出てくるところ、好きだったな〜。嵐らしいな〜って想いました。

初めて行った頃のコンサート(いざなうのころ)は、「なんだ?このスライドショーは!!」なんて想っていました。SMAPの映像に慣れすぎてて、でもその分安心して5人をじっくり見ることができたんですけどね。

今回のちびちびコーン達は本当にかわいかったですね。
アンコール前にあんな風に手を振ってくれるのもかわいらしかったな〜。

ウォータースクリーンは、そうそう、横からだとよく見えないんですよね。今回のナゴヤは相当に左右の奥までお席があったから、あの辺りの方達メインステ見えないだろうな〜って想いました。あのプレス席みたいなのももったいなかったですね〜。札幌はプレスのお席も全部入れちゃうんですけどね。

とにかく、コンサートの映像はこのまんまだともったいない〜。
ほんとに、映像バージョンとか付録で入れて欲しいですね〜。
2013/01/21(Mon) 19:56 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック