日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
新しい一歩
2012年12月20日 (木) | 編集 |
あぁ〜〜。楽しかったね。
「希望の種」
いい番組を3夜連続でありがとう。NHKさん。
ああ言う番組を見ると、嵐の持ってる力を最大限に生かしてるなぁと想います。

そして、ヒミツちゃんの終了が決まったそうですね。
ヒミツちゃんは、私がちょうどアメリカに行くよ!って言う時に決まった冠番組でした。それまで「宿題くん」しかなかった(全国ネットでは)彼らに、新たな冠番組しかもTBS系という、嵐にとっては初の進出という感じでした。

アメリカで第一回目が放送されたとき、「今頃、みんな見てるんだろうな〜。」なんて朝想っていた香取。
第一回目の放送を見たときは嬉しかったな〜。

だけどね。
私、あまりあの番組好きではなかった。とくに最初の頃。
なぜなら、VTRを見ながら話す時代、世界中の色々な人達の映像を見る。。。っていうのもありましたよね?
私はああいう嵐を見ているのは苦手です。
だって、人の身体とか、見た目とかの特徴をみんなで見て話し合ったり笑ったり、、、そういうの嵐には似合わない。うん、そう想っていました。
いつしか見なくなって、、、、
その後、氷水に落っこちたりっていうのもありましたよね。。。この番組だよね。
あんなのも苦手。
あんな彼らの姿を見ても、何にも楽しくない。
そんな風に想っていました。
いちばん辛かったのは、東山さんを氷水に落っことすことになってしまったときの5人の顔。

バラエティは、楽しければいいのかもしれないけれど。
やっぱり、願わくは嵐には、多くの人を幸せにする番組をやってほしい、いつも想っていました。
もっと言うと、どんどん人気が出て、どんどん有名になって、なんだってやれるようになった嵐には、適当にぱっぱとやるような番組ではなく、クォリティが高く品もある、そういう番組をやってほしいといつも想っていました。

仲よく大笑いしている嵐もいいし、楽しくゲームやってる嵐もいい、誰かとトークしている嵐も楽しい。
だけど、どうしても、
何かひとつ、自分たちを高めていけるような番組をやってほしいな〜って想っていました。

スマスマを見ていると、ほんとすごいな〜っていつも想います。
同じスタンスで、しかもどんなに忙しくても続けていくSMAPの姿に。
しかも、この番組を通して彼らはできるようになったことがいっぱい。
毎回のパフォーマンスも、忙しくても欠かさずやる。
いくら嵐の人気がすごくなったとしても、SMAPには積み上げたものがいっぱいある。

SMAPを目指して欲しいとか、そういうことではないんだ。
5人の才能とか、可能性とかをもっともっと開花させられるような番組があればいいな〜と想う。

そう言う意味で、やっぱりNHKさんには感心させられる。
例えば、昨日までの「「明日に架ける橋」は、嵐のいいところをいっぱい引き出してくれる番組だな〜って想う。民放のバラエティとおんなじくらい仲良くて、ふざけあって、笑ってる5人の姿をNHKでさえも出させてくれる、その度量の深さ。

それから、若中やディズニーの番組で見る大ちゃんの表情。
あんなのず〜〜っと見ることできなかったよね〜。

それから、相葉ちゃんのナレーション。
「21人の輪」は、ほんと素晴らしかったな〜。何度も何度も泣いたな〜。

彼らが生まれながらにもっている「品の良さ」や「誰からも愛される存在であること」。
それから「ちょっと弱いところ」とか「いつももがいてるところ」とか。
そういうところを、NHKさんはほんと上手に見せてくれるな〜って想います。
さすが、彼らをチビッコの頃から追い続けていたテレビ局です。

ほんというと

ヒミツちゃんが終わるということを知って、ほっとしました。
もっとバラエティを精選して、本当にやりたいことに時間をかけてほしいって想っていました。
近頃、シェアハウスだけを見ている香取ですが、やっぱり女性陣にとやかく言われるマネキンは今ひとつ好きじゃなかったし。
寂しいって思う方もいっぱいいらっしゃると想うけれど、私は、、、うん、ほっとした。
少しは嵐が自由になれるかな。

だけど、以前に相葉ちゃんが
「番組が終わるって、とっても悲しくて辛いものだ。」って言ってたから、
5人は辛い思いもいっぱいするんだろうな。うん、きっと。悲しいお別れもあるんだろうな。

だけど、進んで欲しい。
popcprnコンで、彼らのやりたいこといっぱい伝わってきたから、本当にやりたい上質なエンターティンメントの世界をきわめて欲しいって想います。

きっとそのために必要な、ヒミツちゃんの終了だと私は想う。

さて、「ふるさと」が Nコンの課題曲になったのね〜。
あ、、、NコンってNHK全国学校音楽コンクールです。

歌いたい。
子供っちと歌いたい。
私の新しい夢です。
コンクールにエントリーするしないは別として、子供っちと歌いたい。

2013年に叶えたい夢。
嵐もきっと新しい一歩。

そして、私も。
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ!
私も香取さんと同じ考えです。
コンサートは進化し続けているのに、番組はマンネリ化してて物足りない感じがしていました。

たしかに「希望の種」は私も楽しみながら勉強になりました。
お三人さんの人柄も出てて温か気持ちになりました。
嵐さん達、「ほんとに良い体験をさせて頂いたなあ」
と思いました。
NHKさん有難うです。
2012/12/21(Fri) 21:21 | URL  | 五十路 #-[ 編集]
そうですね…
終わって欲しくなかった深夜枠やラジオがなくなったり…
始まりがあれば、いつか終わる時が来る。
それは仕方ないですよね。

ひみつちゃんは私も録画してる事をいい事にオンタイムで観ることが少なかったかな。
昨日も潤担なのに、ゲストが女芸人さんってだけでその景色が想像ついちゃってまだ観れてなくて(>_<)
彼らがやりたいことや私達が観たいものだけ番組になるような、そんな甘い業界じゃない事は分かってるけど。
ひとつでも彼らの今後に繋がる経験が出来る、そんな番組なら大歓迎なんですが。
それにしても、ひみつちゃんの最初のVTRのは本当に酷かったですね(^^;
ファンですら観るに耐えなかったので、一般視聴者なら絶対チャンネル変えてると思ってました。

シェアハウスが観れなくなるのは寂しいけど、新しいお仕事を楽しみに待ちたいと思いますo(^o^)o

こちらは明日から冬休みです(^^;
香取さんの学校はすでにお休みかな?
このままダラダラしてると、あっという間に今年が終わりそうです(^^)

2012/12/21(Fri) 22:02 | URL  | みく #-[ 編集]
かとりさんの仰ること、まっっったく同感です!
私の思っていることを上手に文章にしてくださってあり、勝手に感動させていただきました。
大人、それ以上に子ども逹が、温かく優しい 気持ちになれる番組に嵐さんが携わってくれることを、切に願います。
2012/12/23(Sun) 10:34 | URL  | ぴぃ #-[ 編集]
やっぱり国営放送なんですよ〜。
>五十路さん
レスが遅くなってしまってごめんなさい。
少年倶楽部にしても、今回の「希望の種」にしても、そして紅白歌合戦にしても、さすがだな〜って想います。
嵐のこと、いつも大切にしてくれてるな〜って想います。
もちろん、他のジャニーズのタレントさんも。
つばちゃんのスペイン語にしても、よいお仕事させてくださるな〜って想います。

そして、嵐はそういう体験をものすごく真摯に受け止めて表現できる、そこが素敵って想います。
いつまでも、ふっと地元の人の中に入っていけるようなところが、嵐の力でしょうね〜。

NHKさんありがとうですね〜。
2012/12/27(Thu) 19:45 | URL  | 香取 #-[ 編集]
いつもありがとうございます。
>みくさん
SMAPコンとかに行って、遊び狂っていたので、こんなに返信が遅くなってしまいました。
ごめんなさい。
いつも丁寧にコメントくださって感謝です。

さて、ヒミツちゃんね。
うん、すきっとして、まとめていければいいですよね。
今回SMAPコンに行って、つくづく思ったんですが、彼らは何度も何度もつまづいてそれでも立ち上がって来てる。
誰にも従わずに歩いてきた。。。っていう、中居君の歌詞にそれが象徴されるのですが。

やっぱりそういう「強さ」あっての、彼らの番組なんでしょうね。
そして、住み分けも上手ですね。

嵐は、まだまだもがいているけれど、自分たちで作り上げるバラエティを見せて欲しいな。
2012/12/27(Thu) 19:54 | URL  | 香取 #-[ 編集]
ありがとうございます。
>ぴぃさん
コメントありがとうございます。
こんなにもレスポンスが遅くなってしまってごめんなさい。

子供達は、大人をじっと観ていますよね。
子供達が「ああなりたい」って思える「大人」を見せて欲しいです。

だから、高校生の生き方に感動して、ああやって料理を振る舞う潤君がすてきって思います。そういう番組、もっともっとやってほしいですね〜。
2012/12/27(Thu) 19:56 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック