日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
弱音。
2012年08月24日 (金) | 編集 |
私、きっと初めてなのかもしれない。

こういう気持ちになるの。

全滅でした。
アメリカでみんなを見送った「ドリアラ」と「君僕」は、香取の中でなかったことになっている。

そんなツアーはなかったことになっている。

それでも、あのときだってアメリカで悔しい気持ちをいっぱい抱えてた。
それでも、アメリカっていう距離があったから、みんなのこと見送れたんだよね。
気持ちよく。
「いい香取」だったな。

日本に居て、こういう想いをするのは、もしかして嵐を好きになってから初めてなのかもしれません。

ラッキーなことに、思い通りに彼らにずっと会えたんだ。
いつだって、最後尾であっても、私はちゃんとそこにいることができてた。
たくさんの嵐友ちゃんにも支えられて。

だけど、今回は色々反省しました。

姑息な考えもいっぱいあった。

ワクワクに3回も行った自分は、欲張りだったと想った。

行ける嵐友ちゃんを羨む自分がいて、それが嫌だ。
そういう自分が嫌だ。。。っていう想いが、身体の中でうごめている。

受け止めるのに時間がかかるのかな。

諦めたくない。
だけど、今年の1月の京セラの時に、チケット探しには挫折してるから、、、そういうチャンスって今の時代にはむずかしいってことも思い知った。

これは、何かの試練なのか?
嵐をずっと、これでも好きでいられるか?っていう。
それは大丈夫さ!そんな試練与えられたって、そこは負けない。

だけど、消耗してる。
ここのところ、そんな感じ。

早朝から、こんな記事かよ。
だけど、現実は進んでいくんだ。

いってきま~~す!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック