日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
三代目
2012年06月30日 (土) | 編集 |
三代にわたって。。。
「ぼくは、最初のTシャツがかわいらしいと想うよ。」(by小天)

moblog_28b8c27f.jpg

最初の24時間テレビは、「僕らの夢はみんなの夢」だったかな?

大ちゃんがデザインしたこのTシャツは、「子供が重いバーベルを持ち上げる」という絵。
これは、「叶うはずがないと想う夢だって、きっと叶う」
そんな意味があるって当時、大ちゃんは語っていたと記憶しています。


「あなたの夢はみんなの夢」?
さて、やっとTシャツをゲットしました。
奈良さんとのコラボ。
背中の「未来」の文字が、芸術的だ。

moblog_363bc535.jpg



これは筆で書かれているのかしら?
普通に書いても段持ちの大ちゃん。達筆だけれど、この文字はまたよく練られた字ですな~。

香取の元同僚さんで、美術の先生がいるのです。
彼は、絵も彫刻も先生業をやりながら、がりがりと創り続けている方です。香取は、この方のストーカー?でして、海外から帰るといつもこの方のいる学校にお世話になります。
去年もお世話になって伸び伸びやってました。

その元同僚さんとは、ある学校で2年間一緒に学年を組んでいました。職員室の席もお向かいさんで、色々な事を学ばせてもらいました。

大ちゃんの「未来」の文字を見てあることを思い出しました。

当時、高学年を持っていた私達、卒業生全員で写真を撮りその中に文字を入れることになりました。
すると、彼は、その辺にあった画用紙をさささっと丸め、それに墨を付けて

「みんなちがって、みんないい」

そう書きました。
そのまんま、その文字は写真と一緒に卒業アルバムに。
そのとき、
「おお~~。。。こんな表現の仕方もあったとわ。」と想った香取。

大ちゃんの「未来」は、想いがたっぷり入っている文字だと想う。
一文字にひとつの魂。
そして、まるで絵のよう。

ふと、彼にとっては「文字」も「絵」のひとつなのかな~とか想ったりもします。

大ちゃんの「未来」
案外、つら~~っと書いているのかもしれないけれど、どんなこと考えて書いたのかな~?って考えたくなるような字。

私の大好きは「花は咲く」っていうNHKの震災支援の歌に

「花は、花は、花は咲く
 いつか生まれる君に
 花は 花は 花は咲く
 いつか恋する君のために」

という歌詞があります。

今生きている私達、
未来の子供達
未来を生きる人達の心に花を贈る詩です。

今年の24時間テレビはどうなるんだろう。
ちょっと笑ったのは、応募の方法がハガキなんだけれど、むっちゃ厳しい決まりがあって
「ファミクラか!」
ってつっこみたくなった。
てか、全国津々浦々、みんなつっこんでると想う。

正々堂々と、1通だそうと想います。

2004年。
な~~んにも考えないで、ハガキをお友達と2通ずつ出した。
そしたら、な~んにも大変なことなく当選した。

なんにも考えないで、募金の入ったペットボトルを持って空港に行ったら、そりゃ引っかかるわな。。。
それから、暑い暑いお日さまのしたで、武道館の屋根を見ながら開演を待った。

オリンピックの年で、いつまでたっても野球の試合が終わらず、たしか8時か9時始まりなのに1時間くらい始まらず。

それでも、5人が武道館の5方向から、ステージに駆けてきた姿。
緊張して立ってる姿。
すぐにタッキーのドラマになっちゃって、
「皆さん、長らく待ってくれてありがとう。遅くなってしまってごめんなさい。」って5人が謝り(5人が悪いわけではない)
ミニミニコンサートをやってくれた。
武道館の上のほ~~~!!にいる私達に、当たり前みたいに手を振って手を振って、駆け回る5人。
これからまだまだ続くのにね。
昨日のことのように思い出します。

その夜は、スタジオ収録だったからずっとテレビを見ていようと、ホテルのテレビはつけっぱなしで寝ちゃった香取。
ごめんよ。
今想えば、貴重なスタジオでの収録にはMAも登場したんだ。
嵐とMAの夢の共演。こんなことが当たり前だった2004年。

次の朝一番の盲目の少年と相葉ちゃんのウィンドベル。
北海道では映らなかったけどね。
あの年、香取は相葉ちゃんにたしかお手紙を書きまして(爆!)

「あの盲目の少年とは、この24時間テレビだけのおつきあいにしないでね。」って伝えた。
私のお友達で「障がい」をもつ子供達を教えている方が、「ああやってテレビに映っているような明るさだけじゃない。多くの子供達が、死にたいって想うくらい苦しみながら生きてるんだ。だから24時間テレビは嫌い。」って言ったから。

2008年のときは、私、大ちゃんに手紙書いたな~~。あははは。
アメリカから。
あのとき、大ちゃんにいろいろあったの。。。覚えてる?そんなこともあったよね?爆!
「魔王」でやっと認められたのに、誰だよ!足を引っ張るの!!ってむっちゃ怒ってたんだ。私。
だから、大ちゃんに「がんばれ。がんばれ。」って手紙を書いた。

2008年の24時間テレビは、お友達がちゃんと2時間ずつ12枚にして送ってくださって、ちゃ~~んと見たよ。

そうだった

そうだった。
あの頃の私は、「嵐はお手紙を書いたら読んでくれて、ちゃんと答えてくれる近所のおにいさん。」ってまだ想ってた。

2012年。
震災から1年半。

今の嵐の24時間テレビを、私はこの目で見たいって想っています。
だから、たった1枚だけ、お葉書を送ろうと想っています。
(しかも、うちの職場、この日参観日って!)

私と嵐。
私と24時間テレビ。
3枚目のTシャツ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック