日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ワタシノキオク
2012年05月26日 (土) | 編集 |
やっと昨日、「BWDVD」を見ました。。。ってなんやねん。この略は。
Beautiful WorldのDVDです。

なかなか大がかりなプロジェクトを組みました。爆!

嵐友ちゃんにお願いして、いっしょにアメピグに入ってもらって、電話で「せーの」でDVDをALL PLAYにし、チャットしながら見るっていうプロジェクト。

結果!

大成功!

9月3日の私の記憶が甦りました。
私の「しばり」というものに囚われた2ヶ月でした。
見えないケージみたいなところに自ら入り、そこで苦しんでいました。
いや、そこが安全だから入りたかったのかもしれないです。
想えば、
私なんてもとから「一匹オオカミ」だった。とくに、この北海道のこの業界では。

だけどね。
こういうことになって(ってよく意味の分からない皆さん、ごめんなさい。)、私が一番に考えたのはね。
こういうことでした。

「私は、胸を張って嵐に会えるかしら?」

いつの間にか彼らは、私の人生を明るく照らしてくれる光だったので、その光の方に向かって走るには「絶対的に彼らに恥ずかしくない生き方をしていたい。」そうあるべきだと想っていました。
これは、私が初めてファミクラに入った頃に決心したものでした。

なぜなら、その年「24時間テレビ」の初パーソナリティで、彼らはものすごく真摯に、ものすごく誠実に、ものすごく真面目でものすごく背筋を伸ばして、自分の見る現実に涙したり苦しんだりしてた。
私は、その時「日本の若者もすてたもんじゃないぞ。」って想って、5人に恥ずかしくない生き方を、私もしていこうって武道館の片隅で決心していました。

新しい職場に変わり、自信を失ったり卑屈になったり
それでも嵐に会いたい!って想ったり、
今は会えない!って想ったり。

そんな私、昨日、ちょっと遅い職場の歓迎会に行きました。私にとって何よりも苦手な集まりです。心開けない人と飲めない、飲んでも楽しくない。そして時間とお金の無駄って想っちゃう。何より、そこで自分が疎外感を味わったり、自分自身が金縛りみたいになっちゃうのがこわくて(そうとう怪しい心配)行きたくなかったわけです。

もちろん、職場の雰囲気はとってもいいんですよ。客観的に見るとね。爆!

そして、まぁなんとかそれをこなして戻ってきた瞬間。
切れた。

私のブレスレット。
しかも、一緒にDVDを見る約束をしていたお友達の作ってくれたもの。
去年、この仕事に戻って不安がいっぱいの私に、彼女がプレゼントしてくれたもの。ずっとつけ続けていましたが、見事に切れました。
あぁ、守ってくれたんだな~って想いました。特にここ約2ヶ月の私はもう、むっちゃくちゃもがきまくっていたので、相当な力を発揮してくれたのでしょう。その間、スーパーフルムーンもあって、浄化もしたけれど追いつかなかったのね。

そしたら、なんだか「ひとつのこと」が終わった気がしました。

そんな想いで、嵐友ちゃんと見始めたBeautiful World.

今更ながら、このタイトルに感動します。だって、去年は私達の国日本は傷つきまくっていた。人の心も、そして日本列島そのものが傷ついていたのに、彼らの選んだタイトルが

Beautiful World

きょとんとしている私達をよそに始まったツアー。
そして、私にとって最初で最後となるだろう、国立コン。

本当に、これは奇跡のコンサートだったんだ~って想います。そして、決して映ることもない見切れ席のステージ右側の「上のほ~~~~~!!」にいた私と嵐友ちゃん。

しかもね。そのお席は、落選しまくった私に嵐友ちゃんのお嬢さんが
「香取さんにどうぞ。」って譲ってくださった席。
そんなこと、できますか?普通。
自分の国立のチケットを、人になんて譲れる?そんな尊い気持ち。。。私にはないわ。

お嬢さんのお母さんである私の嵐友ちゃんは
「だって、香取さんは3年間アメリカで我慢してきたでしょう。いいのいいの!うちの子、譲るってゆってるんだから。受け取って~。」なんて言ってくださいました。夜遅くの電話に、泣いちゃいそうでした。

ひとくちにDVDを見るって言ってもね。色々あります。
コンサートに行くって、ものすごいストーリーがあると想いませんか?

そんな風に譲ってもらったのに、なんと台風襲来です。
忘れもしない。
9月。
初めて国立コンが延期になるという恐ろしい決断。
私は幸いにも3日の参戦だったので、免れましたが、、、しかし台風情報が刻々と変わっていく中で、
「次に、お知らせメールがきたら、もう中止だ。中止になる。。。」
そう覚悟しながら、私は北海道で仕事をしていました。

勤務中に何度もメールチェックをしたり、いつでも出発できるように車に荷物を積んでいたこととか、、、お腹痛くなって吐き気がするくらいの心配。

これも、DVDを見ることによって全て甦ってくる思い出達です。今となっては、本当に愛おしい。

いつも遠征の時は想うのね。羽田に飛行機が着陸する瞬間の、あの衝撃が無い限り私は東京に踏み込めない。
だって、強風で引き返すなんて当たり前にあり得ることでしょう?東京の夜景が見えようと、きらきら見える船の灯りが見えてこようと、、、まだまだ気は抜けない。
これが遠征です。

HANEDA INTERNATIONAL AIRPORTっていうあの文字見ない限りね。

そんな気持ちを思い出すDVDです。
DVDに対する細かい感想は、素敵ブログさんたちのところを読んでくださいね。
香取は、相変わらず香取の見た感想のみです。ごめんね。

ただ、
ただ、、、私はお友達とチャットしててわかったことがありましたよ。うん。

アメリカに行く前の曲達のこと、ひとつひとつへの私の想いの深いこと。

たとえば、HAPPINESSは、横アリで振りを教えてもらったんだよね。とか。
HEROはやっぱり24時間テレビを思い出すとか。
夏の名前は、とってもかわいい振りがついていたんだよ~とか。
カーニバルナイトは、かつては踊れたんだよ~なんて。

そして、私はどれだけひとつひとつの彼らの音楽に、想いを寄せていたのか。
なのに、今はどうなのか?って想います。
ちゃんと本当に一曲一曲に思い出もないまんま、来てるんじゃないかな~って。
なんだかそれは、寂しいなと想った。反省もしました。

それでも

やっぱりDVDを見つつ、たくさん泣きました。
ビリーブのときの大雨。爆!
出てきた瞬間の彼らが、恐る恐る踊る様子。
香取は、花柄の超派手カッパで参戦。
もうペンライトも漏電していいや~って気持ち。

それから、虹のカケラの風船!
あの圧巻の風景。
コンを見ていてわかったのですが、あの日、私は絵本の中に入ったの?って想うほど目の前に風船が押し寄せてきたのは、あの日の風向きが香取達見切れ席の方に向かっていたからだと、わかりました。
お隣の嵐友ちゃんが
「ほら、あれ!相葉ちゃんの握ってた風船じゃない?」
グリーンの風船が頭上を通り過ぎていったこと、思い出しました。
そして、あのとき私達が見ることのできなかった、5人の表情。
「すげぇ」って心からその美しさに見とれている表情が、嬉しかった。
そっか、「きれい!」って想っていたのは私達だけじゃなかったんだね。5人も想ってたんだね。

自分の記憶に映像が混同するのがこわいと想っていたけれど、あぁそうか、違うんだね。
あの日、私達にはよく見ることのできなかったものが、はっきり見えてきたんだ。

逆に、ご挨拶の時の二ノの声は、実際にあの場所にいたときの方が力強く聞こえた。
「問題は。」
そう彼が言ったとき、私は二ノが強い想いを私達に伝えてるんだって確信した。
二ノは、周りとのバランスをいつも上手に考えて、ご挨拶をする子だと想う。
他メンバーが重たくなったら、自分は軽めに。笑いなんかとりつつも。
だけど、あの日の二ノは、拳をぎゅっと握って絞り出すように。
そして、叫んだ。
そんな印象でした。

それから、ものすごく涙がでたのは「5×10」でした。

「台風にも関わらず」を2回言ってくれた潤君。
私達は、客席で笑ってた。
あの子二回もゆってるよ~~って。
「ここにいる、ひとりひとりに!!」って言葉も、ものすごく心を込めてくれたのも。
ちょっと私達は照れて笑ってた。うん。

そんな潤君が、改めて贈りたいって選んだ「5×10」。
「本日は晴天なり」ってどんだけ縁起悪いうたやねん~みたいな「五里霧中」の途中でどしゃぶりになった雨。

私達、すっかり気を抜いててね。
ゴミ袋からバッグを出して、カッパを片付けて、お友達はビーサンを靴に履き替えて。。。みたいなそんな作業をしていたアンコール前。

それが、その日一番の土砂降りになった。

だけど誰もあの瞬間のこと「え~~~?」なんて想わなかったんだ。
ほんとに、ほんとに、演出だと想えたんだ。
神様が、私達と嵐をぐっと近づけてくれた。
同じ雨に打たれる。
そんなシチュエーションをつくってくれたんだって想った。
そして、映像を見て、、香取はものすごく泣きました。

だって、雨の中で歌ってる潤君が、笑ってたから。(あれ?私、相葉担やん。)
笑ってる。。。
笑ってたんだ。。。

そう思ったらすごく嬉しかった。

翔ちゃんがご挨拶で「コンサートできましたね。」って言っていたけれど、香取はあの後想ってたんだ。
2日の分は4日に延期したけれど、おそらく3日は台風にガチでぶつかったら「途中で中止」ってことも想定内だったんだろうなって。
だって、責任問題ですものね。

だから、まるで空が
「お~~い!潤君、もういいでしょう?」なんて言って、貯めていた雨をぜ~~んぶあの国立の上に落としてきたのかな?って想った。

だって、皆さん。
Beautiful Daysのときの空。
ものすごい速さで流れていく雲。
切れ目の青空。
月。
それから、星。
見たっしょ?ね!

すべての「私の記憶」が甦ってきました。
そして、とても幸せな気持ちがそこにあったんだ。
確実に、そこにあったんだっていうことを思い出しました。
しかも鮮明に。
それから、それを裏付けるみたいな5人の笑顔。
ファンのみんなの笑顔。
見えないけれど、そこにいる見切れ席(ごめんなさい。譲ってくれた嵐友ちゃん。だけど、それがよかったの。だから、感じられたことがいっぱいあったんですもの~。)ではしゃぐ私。

それから、ほんとの最後に。

私、よくカードリーディングなんてインチキでやっているのですが、ときどき出てくるカードに

「あなたは、真のカウンセラーです。」

というのがあるのです。
そのカードを、もう嵐にプレゼント!

だってね。潤君のご挨拶聞きました?
「エネルギー交換」とかゆってたよね?あんなのヒーラーさんの言葉だ。
僕たちはとっても素敵なエネルギー交換をしたので、これから未来に向かってまた歩いて行こうだなんて。
そして、あの日、「国立競技場」という、空や宇宙に繋がるような空間にいる彼ら。

もうこれははっきりゆって、セッションですな~って想いながら映像を見ていました。
たぶん、そこにいた私達はもちろんのこと、この映像を今ご覧になっている全ての嵐ファンの皆さんが、ものすごいHEALEDですよ。(意味不明)

そしてまた、彼らもそうなんだと想います。

ペンライトって誰が考えたのかわからないけれど、改めて不思議で素敵なものだなと想いました。
おそらく私達は、嵐に私達の道を照らしてもらっている。

だけどね。私達もまた彼ら5人の道を、あの仄かな光で照らしているんだと想います。
例えば、そのひとつがそこになくとも、ペンライトはあのうねるような美しい光の波を作るのかもしれない。

でも、私はいつも、
自分はたったひとつの小さな光だけれど、
そこになくてはならない光なんだって想っています。
ファミクラに入った頃、まだ嵐には特別なペンラはなくて、「ジャニーズJr.」のペンラを私は使い始めました。
そして、今も尚、ツアーペンライトよりもそれを大事にしています。
使いすぎて、なんだか光の薄くなったそのペンライト。

いつも
彼らがどこにいても、
彼らの行く道を照らす光のひとつでありたいと、今も強く想います。

香取がDVD見れないなんて、なんだか心配。。。って想ってくださってた、香取ブログオタクの皆さん。
ありがとうございます。
拍手もいっぱい、嬉しかったです。

ちゃんとDVDを見ました。
そして、いっぱい感じました。
いっぱい考えました。
いっぱい思い出して、幸せになりました。
あの日、一緒に国立にいた嵐友ちゃんありがとう。
一緒にDVD見てくれた嵐友ちゃん、楽しかった~。
そして、日本中で彼らと今、エネルギー交換してる皆さん。
どうぞ楽しんでね。

長くなった。
携帯の電池だいじょうぶですか~~?
コメント
この記事へのコメント
大丈夫ですよ^^
今日はスマホからなので、手短に(^_^)

ライブDVD観れないっていうの…なんとなく分かります。
いろんな想いがあり過ぎて、観るときはいつもライブ同様に息を詰めて観てますね
なんとなく流して観るとか、出来ないのでいつも家事が滞ります(^^;
雨の国立、5人の笑顔がキラキラしてましたね(^^)
この笑顔をDVDに残してくれた事に感謝!
それを嵐友さんとせーの!でみるなんてー、すごく素敵♪

コンサートにはストーリーがあるっていうのも…本当にそうですね。
私も会場に着くまで、始まってからもいつもドキドキです
それでもいろんな出会いや発見があって、いつも前向きな気持ちにさせてくれる幸せな場所ですね。

しばらくは寝不足な日々が続きそうです(^^;

2012/05/26(Sat) 22:47 | URL  | みく #-[ 編集]
雨に打たれる
>みくさん
ありがとう。
無事に見ました。

まさに、日本中世界中の嵐ファンを癒す、ヒーリングDVDって感じですよね?
魂って時間や次元を越えて、過去も今も全て重なって旅できるんですって。
だから、きっと私もみくさんも、み~~んな国立に行きましたね。
このDVDを見て。

なんとか、見ました。
そして、やっぱり
もっともっと嵐の近くにいようって想いました。
2012/05/26(Sat) 23:19 | URL  | 香取 #-[ 編集]
繋がる光
香取さん、国立に連れていってくださって有難うございました。

こうやって、記事にしてくださって私も参戦出来た気持ちになりましたよ。

本当に幸せな空間。
そして、そこに行くまでの数々のドラマ。

いくつもの奇跡が重なって、あの空間が作られているんですよね。


そして、嵐と私達のエネルギー交換。
彼らは、究極のヒーラーですよね!私も想います。


幸せな奇跡の空間。
国立という聖地。


この場所から綺麗な優しいオーラが世界中を包む…そんな風に感じました。


素晴らしい記事を有難うございました!




2012/05/27(Sun) 02:00 | URL  | いずみん #-[ 編集]
まさにHealing!
>いずみんちゃん
お疲れ様でした~。
深夜までありがとうございました~。

あのDVDってさら~~っと編集されていて、彼らがファンの子に手を振ってる場面ばっかり映ってる気がするけれど、なんだか知らない間にどんどん幸せになっていくという。。。
気付いたら。。。って感じだよね。

すごい効果あると想う。
昔、私の肌荒れが治ったとか。
不妊治療中だった嵐友ちゃんが、ご懐妊されたりとか、
このヒーリングとか。
なんか誰か研究して、はっきりさせて!って感じだよね。

あ、でも、静かに嵐国民は、もう二度と敵に攻撃されないようにじわじわ~~~っと国家建設していくのよ。
私、よく職場で「本業があるんです。でも、まだ地下活動なんです。」って言うんだけれど、そっか、私は国家建設してたんだ。あははは。

お付き合いくださって、ありがとうね。
2012/05/27(Sun) 08:51 | URL  | 香取 #-[ 編集]
昨晩
昨晩長々とコメントを書き、飛ばしたとたん・・・・・
ぶっ飛びましたv-356

要約すると、、、、、、全部はまだ観てないけど、参加してるみんながとっても幸せな表情で観てて、そのことがまた幸せな気分にしてくれた。それが一番印象に残ったこと。
そんなことを書きました。
2012/05/28(Mon) 23:50 | URL  | ちゅみまま #JSqBSQcU[ 編集]
もったいない~~!
>ちゅみままさん
まぁ!!もったいないです~。
でも、あの日、ご一緒させてもらったので、私とちゅみままさんの見た風景はきっと、ほとんど同じですね。

とにかく、今回驚きました。
このDVDは、ヒーリングセッションか!って。
ちょっと、師匠にも勧めてみようかしら~なんて想っています。爆!

この映像を見ていると、私達もずっと嵐にしがみついて、そして支えてもらっているけれど、やっぱり少しは彼らの力になっているんだな~って想いました。
そういうことは、ず~~っと最初の頃から分かっていたのですが、改めてそう想った映像でした。

最後の雨のシーン。
見てください!
私はあの日、品川プリンスでカッパを干したり、傘を干しながらコンビニ弁当食べたことを思い出しました。
きっと5人は家に帰ってシャワーを浴びて、風呂掃除したことを思い出すんでしょうね~。爆!
2012/05/29(Tue) 08:55 | URL  | 香取 #-[ 編集]
初めまして
嵐のコンサートの感想を辿ってこちらに着きました。

私は延期になった日に初嵐コン・国立参戦しました。
まさに台風の被害が大きい西日本から。
常に天気予報とにらめっこ。雨女です(汗
安くない飛行機代もキャンセルして取り直し。
仕事も休みを変更したり本当に大変でした。

でも、あの震災の後台風の中コンサートをしてくれた
メンバーと来ていた会場の皆に感謝です。

同じ日ではありませんが、こちらのブログを読んで
改めてあの日のことがリアルによみがえってきました。
本当にありがとうございます。

メンバーとファンのみんなで見たbeautiful world☆
花火も風船も雨も。きっと一生忘れない景色ですね。
長々と失礼しました。
2012/05/30(Wed) 20:30 | URL  | みぃこ #mQop/nM.[ 編集]
いらっしゃいませ~~!
>みぃこさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。遅い返信になってしまって、ごめんなさい。

そうそう、私の行った次の日は、私のアメリカ時代のお友達も入っていましたよ~。なんだか、どの会場にも嵐友ちゃんがいて、嬉しいですね。

そうそう、あの日は関東に直撃するはずだった台風を、西日本の皆さんが引き取ってくださったんですよね。そちらから、関東に向かわれるのも大変だったのでは?
私は、羽田に降り立つまで本当にどきどきしていました。
色々な想いを全部ひっくるめて、コンサートですね。
みんなのストーリーが、あるんですよね。

また遊びに来てくださいね~。コメントありがとうございました。
2012/06/01(Fri) 22:48 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック