日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来た来た!
2012年05月22日 (火) | 編集 |
moblog_60c08107.jpg

Beautiful WorldのDVDをピックしてきました。
フラゲです!

フラゲですよ~~~!!
なんというか、いつも行くCD屋さん
「えっと、えっと、嵐のDVDの予約をしていた香取です。予約番号2番です。(2番て、すごない?)」って言って、それを自分の手で受け取って歩いて行く自分に、なんだか心臓がバクバクしました。

(何回も言っていますが、今年の3月から、香取は感動したり悲しくなると心臓が超絶ばくばくになるんです。)

そこは、なんだか魂の帰っていくところ。

そんな気がしました。
最初に言っておきますが、まだDVDは見ていません。うん。


さて、二ノがたしか国立のご挨拶でこんな風に言いましたよね。

「Beautiful Worldは、誰かとつくるもの」って。
二ノにとっては、自分から見たメンバー4人と一緒に作る日々。
これが、Beautiful World!

近頃、すごくその言葉を思い出していました。
香取はすぐに
「ここには、何にもない!」って思い込む性格です。
まっきーの歌みたいに、自分の心の暗闇には見向きもせずに、もっと違う場所に何かがあるんだって想ってしまう。だけど、今、新しい職場に移ってからも、やっぱり優しい出来事が少しずつ起こります。

たとえば、今日は、やっぱり休み時間に子供っち達が香取の教室に折り紙をたっくさん持って来て、しかも職員室まで迎えに来てくれてたの。
そして、「次の時間は体育なんだよね。運動会の練習、いやなんだ~。」なんてお話ししてくれたりする。そうそう、こういう子供っちの愚痴聞くの好きなんだ。

それから、放課後はお隣の先生の担当の「花壇」のお仕事を手伝ったことが幸せだった。あれ?マリーゴールドってこんないい香りだったんだ~って想ったから。

そんな話をしていたら、お向かいの先生が(実は、香取が転勤してきてからずっと、おっかないから嫌い~って想ってる人)が話しかけてきて、、、もうその時点で香取はどきどきしてる。。。
でも、教育について、アメリカの特別支援のこととか、お話ししました。

たぶん、あんまり知らない人を少しずつ知っていって、
心の中をわかっていくと、そこはBeautiful Worldになっていくんだろうな。
去年の職場も結局は香取にとっての、最高の場所になったから。

きっと

二ノだって、翔ちゃんと一緒に社長に談判しにいったときは、こんな風景を見るなんて想わなかっただろう。
うれしくてタッキーに報告したっていう相葉ちゃんは、そこがゴールじゃなくて始まりだったっていうこと知っただろうし、
もう辞める予定だった(爆!)大ちゃんに至っては、もしかしたら香取と同じく
「そこには、何もない」って決めつけていたのかもしれない。
そんな4人を引っ張りながら、イライラしていた潤君だって、こんな未来がやってくるなんて想像できない毎日が目の前にあったかもしれないな。

さっき、ツィッターを見ていたら香取の大切な嵐友ちゃん(めったにお会いできないけれど)が

もう国立がないって想うとやっぱり寂しい。嵐の世界もこれから変わっていくのかな。。。ってさら~っとつぶやいていらっしゃって香取は食いついた。

あぁ、嵐は新しいステージに上がっていくのかもしれない。

嵐が初めて24時間のチャリティパーソナリティになった年。
5人の映画が出来た年。
二ノがハリウッドに行った年。
翔ちゃんが、キャスターになった年。
潤君のドラマが、嵐を引っ張っていった年。

アリーナからドームに行ったあの年。
国立コンが始まった年。
レギュラーがいっぱい増えた年。
紅白に出た年。
紅白の司会になって、そしてカウコンから抜けた年。

それから、
国立コンサートのない今年。(いやいや、たぶん)

嵐が新しいステージに這い上がるとき(そんな感じだよね?)、私達も必死に、さなぎから蝶になるくらいの涙を流したりしてた。

きっと、嵐もそうだったんだろうな。
Beautiful Worldの去年は、震災があった。
他のどのアーティストがコンサートを中止にしようとも、もう夏から嵐は動き出した。
こんなときだから、私達は嵐に会いたかった。
たくさんの被災された方達もきっと嵐に会えて、いっぱい幸せになったんだ。

今、DVDを手にして、今年の嵐は、どんなことを考えているんだろうって想う。

バラエティで週に3回も会えるのに、あぁなんだか。。。私、
今の彼らが何を考えているのか、
何を思っているのか
昔みたいにわからないのかもしれない。

雑誌も買わなくなった。
ちゃんと昔みたいに向き合ってない自分がいる。

だけど、DVDをフラゲしたその帰り道
なんだか数年前の、まだアリーナコンやってた頃の自分に戻った気がした。

5人に会いたいな~。
今考えてることや、想ってることを知りたい。



さて、私が「嵐は大きく変わったな」って想ったのは、やっぱり2007年の「Timeコン in 東京ドーム」です。
翔ちゃんがデビューのとき、何か大きなものに巻き込まれると想ったって言ったように、あの時の私達は、嵐が何かものすごいことに巻き込まれて、どこか遠くに遠くに行ってしまうんだって想ってた。

その年のコンサート「Time」DVDを、私はこれまでたった1回しか観たことがないの。
ほんとにほんとに、日本最後のコンサートだったから、相葉ちゃんに「ばいば~~い!」って叫んだコンだったから、それを映像で観るのがこわかったのです。

自分がずっと心に抱いている「風景」に、DVDの映像が混同したら、私の記憶なのか映像なのかわからなくなっちゃう。。。だから、どうしても観ることができなかったんだ。
私がいたあのアリーナの席から、「ハダシの未来」のとき見上げた相葉ちゃんの姿と映像がなんだかわからなくなっちゃいそうでこわかったんだ。

香取は、ず~~~っとそんなよわよわでございますわ。爆!

さぁ、今日ピックしてスキップで戻ってきた、今、目の前にあるDVD。
あの日見上げた風船。
あの日、5人が出てきた瞬間の雨。
Beautiful daysで見上げた夜空の星。
台風のここちいい風。
5人と一緒に受けた、風。

それから、あの土砂降りの雨。
周りのみんなと「潤君の演出、すごい~。」って言ってカッパ着たあの時の幸せ。

5人と同じ雨を私も受けている、なんて幸せな時間。

見切れててスクリーンは見れなかったけれど、凛とした5人の後ろ姿が見えた。

大好きな「果てない空」。

この記憶が私にとって、DVD以上のものだったりする。

さて、このDVD見れるかな~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。