日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
気持ちのいい朝だ!
2012年05月19日 (土) | 編集 |
おもしろいメールが来ました。

私の母校のNY支部からのメールで、私が帰国後も全員に送信されるメールが舞い込んできます。

折しも、、、実は私、未だにしつこくうじうじしたりしているので、妖精ちゃんに「STOP!」なんて昨日も言われたし、マーメイドちゃんにも
「ちょっとまって!」って言われているのですがね。。。

つい昨日、自分の母校にここ数年で設立された小学校でお仕事したいな~なんて、そんな風に想って母校のサイトを見たりしていました。
「講師の募集」っていうのを見つけて、相当テンション上がりました。
まぁ、今居る北海道からは遠い場所なので、行くことはできないんだけれど、それでもね。そこにチャンスが在るって、嬉しいものです。

私の母校(大学)は私立で、なかなかに歴史のある学校なので、今居る北海道の片隅の公立とはもう天国と地獄くらいの差があるところです。

NYの同窓会でも
「香取さん、小学部でお仕事したら?出身者だし、母校に恩返しできるよ。」なんて言ってもらっていました。
母校には同級生が先生としてお仕事もしてるし、もし、
もしも私が一念発起すれば、そんなチャンスもあったのかもしれません。(英語の仮定法みたいになってるけどね)

だけど、私がここにこだわるには理由があるのだ。

ものすごく傲った言い方だけれど、香取が今いるところはたぶん、すごく低層だと想う。
ものすごく地元の方達には失礼なんだけれど。ごめんね。ごめんね。

教育も困難だと想う。
たとえば、格差教育なんて言葉があるとしたら、全く持って当てはまると想う。

何年か前に、母校に小学校が設立されたとき、「行きたい!」ってお友達に相談したら、教授をしているお友達は
「だけどな。よく考えてみ。ベンツとかで送り迎えする家の子を教えることになるねんで。それでもええん?」って私に言いました。
たぶん、私がなんでこの世界にしがみついているのか、よく知っている友人なので。

だからニューヨークで同窓会があったときも
「でも、私は、公立の学校でもがいてる子を教えていきたいんです。」って、言った。

あのね。
ニューヨークでの同窓会なんて、相当に高貴なお方達がいましたわよ。そりゃ。会ったことないくらい地位の高そうな人達。アメリカに夢を持ってそこで生きていらっしゃる人達。
同窓会とはいえ香取の人生の手帳に、この人達載ってない~~って想うような。

だけど、私が「やっぱり公立で。」って言ったときに、その中のおひとりが
「香取さん。それが大事だと想いますよ。」って言ってくださいました。

今から100年以上前。
我が創設者は、密航でアメリカに渡ったわけです。自由の国へ。
だけど、そこ勉強をした後、「日本にキリスト教の考えを伝えたい。」と、アメリカ人に募金を募り、それを抱きしめて一度は捨てた日本へ帰り、そして寺子屋からスタートする。

余談ですが、私の尊敬する創始者「新島襄先生」は、なななんと、、、私と同じ誕生日だった。
これ、昨日知った。しかも、その後メールが飛び込んできました。シンクロ?

きっと、そのスピリッツを受け継いでいる私は、
きっと、ベンツちゃん達を教えるんじゃないよね。

実は今のポジションは、教室の中で先生のお話を聞くのが苦手だったり、一度じゃわからないよ!って言うようなお子さん達のお勉強のお手伝いをしてる感じです。これは久しぶりに、私にとって「価値ある」ものだと、この頃想っています。
去年は、「私なんて必要あるの?」っていうような、ものわかりのよい子供っちとの1年間でした。それはそれで、やりたいことはなんでもできるのでおもしろかったです。
今年は、重たい石をゆっくり押しているような、そんな作業です。
毎日1ミリとしたら、365日で、365ミリ。
だったら、3メートルは動いてるの?って感じの。先はあんまりよく見えません。

だけど、「初心に戻ってる」気持ちがいっぱいあります。
こんな言い方すると誤解を招いてしまうけれど、40人のクラスの中で、どこに焦点を当てて授業をするかというと、やっぱり真ん中あたりのレベルのお子さん達です。
ものすごく解る子にも「おもしろくない」し、解らない子にも「おもしろくない」っていう、公立の学校で大人数でお勉強していくって、そういうことだな~って改めて気付きました。
(考えたら、アメリカで3年間、去年の少数精鋭で1年間。4年間も多人数から離れていました。)

今、目の前にいる「困ってしまった。。。」って想いをもって私のところに来ている子達と、初心に戻ってやっています。
「わからない子を、分からせるには。。。」と日々悩む感じです。

それから、スクールカウンセラーさんをやっている嵐友ちゃんから教えてもらった「隙間産業」も、やってます。やってますよ~。

休み時間に教室に居ると
「おれ、今日、ひまだしな~。」って乱暴そうな男の子。
「先生、折り紙してもいい?」っていう優しくて静かな男の子。
「ここで、本読んでもいい?」って私の横に椅子を持ってきて読んでる女の子。
そしてその横で女子が喧嘩。(あははは。なんでここで喧嘩すんねん。)
「ちょっと、ここでは平和な言葉使ってよ!」ってゆってる私。

廊下を歩いていると
「香取先生、今日遊びに行けなくてごめんね~。」って、外に飛び出していく子。
「またね~。」と私。

ここにはないって決めつけないで
私の中にずっとあった暗闇に火を灯そう

少年倶楽部プレミアムに、光一さんが出てた。
光一さんは「目標をもたない」って言っていた。

目標を持つと、そこに向かえない自分やそのことにストレスを感じて辛い。
だけど、自分のところにやってくることに、誠実に、100%の力で向き合っていれば
10年後、20年後の自分ができあがっていく。

そういう生き方だそうです。
だからSHOCKは、こんな風に成長してきたとおっしゃっていました。

そしてSHOCKの映像がたっぷり流れた中でMAの米花君や町田さんが、いつもとかわらず生き生きと語り、踊る姿に胸がぎゅ~~~ってなりました。
やっぱり「そこに屋良ちゃんにいてほしい」って想うけれど。
またSHOCKを見たいって想う。
それから、ほんとにいつの日かニューヨーク公演があるのなら行きたい。

あ。。。本題からむっちゃ離れた。

その母校の同窓会からのメールは
「カレッジソングはナチの歌ではありませんよ。」って言うものでした。
なんでも、第二次世界大戦中にドイツが母国を想って歌っていた歌と、私の母校のカレッジソングが同じメロディだそうです。

でも、ちゃんと解説があって、もともとは昔から伝わるドイツ民謡だったそうです。そして、そのメロディをエール大学がまずは校歌とし、その後私の大学が創設されたとき、当時のエール出身の教師陣がそのメロディをつかったということでした。

ドイツはドイツで、祖国を思う大切な歌なのですって。

そして、その解説ゆちゅぶさんを見ました。
その中に訳詞が出ていたので、久しぶりにじっくり読みました。
そしたら、なんだか泣けちゃいました。
こんなフレーズがあります。

「たとえ世界中、我々が遠く広くさまようとしても、
 なお我々の心には汝の教えが留まっているだろう!」

「繋がり」ってなんだかすごいな。
4年間通った学校。
そのときに自分が獲得した「誇り」は、どんなに年月が経とうともどんな場所に居ようと消えることなく、私を支えていくんだと想った。

今、しょぼしょぼな私は、私を
うわ。なんや今の私。ばかじゃん。くだらね~って大笑いしたい気分です。

相変わらず何書いてるかわからないし、なかなか嵐のこと記事に出来ない今日この頃ですが、こんな感じで生きています。

嵐に会いたいな~。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/20(Sun) 17:18 |   |  #[ 編集]
ありがとうございます。
>ヒミツのFさん
さきほどメールしました。
だからここではさら~~っと。

「慣れる」ことは「人間を成長させなくなる」って卓球の愛ちゃんが翔ちゃんにゆってました。
まさに、私も「明日はなにがあるの?」。。。
わくわくではなく
心臓バクバクなんですが。

こんな年になって、まだバクバクできるってすごいことです。
明日は金環食。
そして
新月。
ものすごいパワーが来そうです。
2012/05/20(Sun) 18:34 | URL  | 香取 #-[ 編集]
お久しぶりです☆
なかなかコメント残せなくって・・・読み逃げしてましたゴメンナサイ。

金環食綺麗でしたね~、学校でみんなで見るのかな・・・と思ってたのにそんなお知らせもなく、同じマンションのお友達と見ました^^
北海道はどうでしたか?


そんで・・・
私立小ってベンツで送り迎えとかする人もいるんですか!?(えっ?食いつくとこそこ?笑)
ちょっと、ビックリ!
公立と私立・・・私もいろんな子がいてその中でいろんな事を学んで欲しいと思ってるので義務教育は公立で、と思ってたんですが・・・
中学までここに居る場合は私立も視野に入れようかな、なんて考え始めてます。(多分その前に転勤になりそうですが)
学力レベル以前の問題なんですよね・・・難しいですね。


んふふ、私も嵐に会いたいです^^
今年も会えるかな・・・会えますように。
明日、DVDを迎えに行ってきます♪
2012/05/21(Mon) 22:32 | URL  | みく #-[ 編集]
なるほど~。
>みくさん
お久しぶりです。
ありがとうございます。いつも。

まぁ、ベンツっていうのは、、、、大げさな話ですが、たとえてって感じでしょうか?でも、そこの給食ね、京都の料亭のものなんですよ。あほか!って想うけれど。

嵐に会いたいですね~。
みくさんは、会える場所ですね。
私も行こう!って決意しています。
でも今回のチケットの丸投げは、なんだか心ないな~って想います。
たぶん対応が大変なんだと想うけれど、だからってもっと会員を大切にしてよ!って想うのですが、私だけかしら?
増えても少なくても、、、丁寧に扱って欲しいな~と想いますよね?
2012/05/24(Thu) 06:38 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック