日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
花は咲く
2012年05月06日 (日) | 編集 |
「明日へー支え合おうーNHK東日本大震災プロジェクト」

日曜日の、こんなお日さまの降り注ぐお部屋で見てるのに、泣けて仕方ない番組。
ここのところ毎週、この番組見るとほんとに、心臓張り裂けそうになります。
そして、自分はなにやってんのかな。。。って毎回想う。
それから、こうやって「続けて」番組を発信してくれるNHKさんはやっぱり、国営放送局だ!と誇りに思う。
もちろん、少年倶楽部でジャニーズを応援し続けてくれる、それを世界中に発信し続けてくれることにもいつも感謝してるけど。

「花は咲く」という歌を聞きました。


NHK「明日へ」復興支援ソング「花は咲く」
映画監督、岩井俊二さんの作詞された歌を、30人以上のアーティストさん、タレントさん達が歌い綴ってくものです。

震災があって1年経って、生まれた歌だそうです。

岩井俊二さんご自身が、被災地出身でいらっしゃるそうです。
この歌へのメッセージを寄せていらっしゃったのを読んで、もうそれだけで泣けて朝からじゃじゃ漏れ状態で、i storeで買いました。
(この著作料は、義援金として被災地へ送られるそうです。)

震災直後、ツィッターで被災地や被災地で困っている方達のツィートを拡散することしかできなかった岩井さんは、そのなかでご自身の家族の安否を確認したり、またツィッターを読んだ方が岩井さんのご友人を捜し出してくれることもあったそうです。
被災地の方達と、遠く離れているけれど心配している人達が、そうやって乗り越えていた時間がそこにあったそうです。

その中で「初恋の人を捜して欲しい」という女の子のツィートは
「でも、私が探していると言うことがわからないようにしてください。」という、かわいらしいリクエスト付きだったそうです。

こんな最中にも、かの被災地には「恋」が在る。

こうやって、ご自身も、被災地の方達も、目を閉じれば懐かしい風景の浮かぶ東北で、青春や心や
「自分」を育てて来たんだなぁ。。と、岩井さんは感じられたそうです。

歌は、女川出身の中村雅俊さんからスタートし、仙台出身のさとう宗幸さんへ繋がれ
最後は福島出身の西田敏行さんへと歌い綴られていきます。

なんだか子守歌のようにも聞こえます。

私に出来ることは、もっといっぱいあるはずだけれど
今日は、この歌をここでちょっとご紹介をして
今日の生活にまみれていきます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック