日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
夢・希望
2012年03月28日 (水) | 編集 |
moblog_adb20bb1.jpg

「このパッケージもかいらしな~。」(byなまけ女子)

色々あって、気持ち落ち込んでいたけれど、今朝の6時台にテンション激上がっていった。

ありがとう。
斗真くん!
moblog_119783f0.jpg

斗真の乗り込んだ飛行機。

いやいや、今朝の6時過ぎから反省しました。
自分たちのアンテナの低さ。
てか、圏外?てか、折れてる?てかアナログ?まだ地デジ化してない?

斗真くんが、昨日香取地方の映画館で、舞台挨拶をしはったんですわ~。

し~~~っ!なんだけれど、「僕等がいた」は香取地方が舞台になっていまして、ずっとロケ中から私達市民はテンション上がっていたんです。私も一度は、近所で撮影している斗真くんを見に行ったり、吉高ちゃんのロケ待ちをしてみたりしてました。

これが、日本に居る醍醐味!って思いました。
それで、いよいよ今月から公開だったんですが、今回は舞台挨拶なしってことで、5大都市のみ回るっていうことを聞いていました。
そんなんで、私も斗真担の地元オタ仲間も意気消沈していたんです。

しかも、ここ数日はちょっと身辺で色々ありまして、まぁ色々と自分的に人生の大波に乗っちゃったりしていたので、すっかりオタごとを忘れていました。

しかし!
なんと、なんの告知もなく昨日の舞台挨拶。
なんでも、ほんとの直前にうちわで発表になり、2回目の挨拶の前にやっと地元FM局が大きく告知し、春休み中の高校生達が数百人集まるということが、うちのすぐ近所の映画館であったそうです。

そんなことは全く気付かない香取@学校でした。
鼻歌交じりに引っ越し準備をしていました。同僚の先生とピアノの連弾を楽しんだし、夜はイケメンカナディアンの先生と楽しく教育論をかわしたり。

で、今朝。
オタ仲間が半泣きで電話してきた。
「一生の不覚です。」

でも、ツィッターを探ってみると、まだ彼は我が町に滞在しているらしい。。。
これはもう出口はたったひとつ。
映画の中では東京行くのに斗真くんは、なんでそっち行く?
そっち、ちゃうやん!って方向に電車に乗って行きましたが、実際に私達の街の出口はたったひとつ。
そこは「空港」。

そんなわけで、空港に張ることを決行。
でも、なんせ引っ越さなければならない身。
オタ仲間も午前中がびっちりと仕事が。。。。ということで午後から出動をすることにしました。
別な情報で、夕方の便で帰るということをキャッチし、行ってきました。

数時間前に空港に着いた私は、一生懸命に入口を見ながら待っていました。
喫茶店でお茶してると、お店の方が「うちでお茶飲んでくれないかな~。」なんて話しているのを聞いて、確信しました。
その後お友達も合流。
これがオタの楽しみです。
会えるかどうかなんて最後のことで、ベストを尽くすのだ。

何時間も前から人の少ない空港でぶらぶらしている私を見るに見かねてか。。。喫茶店のおじさんが
「生田斗真かい?会いたいんだったら2階にいきな。今、裏から入ったよ。」って!うわ~お!!

結局、ガラス越しに彼の登場を待つ。
しかし、搭乗入口には東京行きのお客さんのみ。
絶対にさきにお客さんを入れて、最後に斗真を入れるはず。
全員が早めに搭乗した後も、いったい斗真はどこからくるのか、、、少しずつオーディエンスも集まり。。カメラを構える人も。
あかんやろ。あかんやろ。
私達は、それはやりませんぜ。
せめて、ガラス越しだからなんらかのメッセージを、、、と、バッグに入っていた紙にマジックで書く

「斗真くん。また来てね。ありがとう。」

一瞬でした。
搭乗口の奥から、黒いお帽子、マスク、黒いダウンのそのお姿は斗真くん。
マスクしててもお帽子姿でも、オーラがちゃうわ。
一瞬なのに。
「あ、斗真!」ってすぐわかる。さすがやな。
ほんの数秒でしたけれど、ちゃんとしゃきっとした後ろ姿を拝見しましたよ!

その数秒の、後ろ姿を見ただけなのに

夢や希望が見えてくる。

あぁだから、やっぱり私はジャニオタなんだ~って思った。

実は、新しい学校でのポジションが大変ショックな感じなので、自分でそれを受け入れるのに先週末はのたうちまわっていました。
加えて子供達との別れがあって、もうぐっちゃぐちゃになっていました。
それが、なんだかす~~~っと高いところに登っていって、きれいに吹き飛ばされたみたい。

斗真の飛行機も、夕日の美しい空にす~~っと、とけて消えていきました。
明日で今の学校ともお別れ。
何一つ残さずに去っていくつもりだし、「遊びに来てね。」ってたくさん言われたけれど、もうたぶん二度と行かないと思う。
それが、私のいつもの去り方。
振り返るなって思ったって、これからの数ヶ月の私は、きっと振り返ってばかりのぐちゅぐちゅになるはず。
だから、これでおしまい!

子供っちには明後日まで学校に来るよって言ってあるんだけれど、明後日は休んでカツンコンだ。いえ~い!
もう会わないで、このまんまさよなら。
それでいいんだよ。うん!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック