日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ついに
2012年03月22日 (木) | 編集 |
超やばい。

うわ~~。。。どうしよう。

ここのところ、自分の感情がどこにいっちゃったんだろう、、、って言うくらい、何にも感じず何にも思わず、たんたんと生きていたんですが。
今日、離任式でした。
昨日になって、突然やばい~~って気持ちになってきました。

何にも感情もなく、血も涙もない気持ちで過ごしていたのに、急に朝、子供達の歌ってる顔見ていたら涙が溢れそうになってきて、あ、、、これはまずい~~って思った。

昨日はもう何をしても、なんかもう泣きそうになっていました。自分で自分の感情コントロールのできなくなる瞬間ってあるでしょう?昨日はそんな感じでした。

昨日は子供っちたちと思いっきり遊びました。バドミントンしたりバスケットボールしたり(おかげで、昨日の夜中に足つった)、その最後にみんなで「今日は楽しかったか?」って話しをするんだけれど、そのとき、いつもしっかりしててお話もしっかりしてくれる女の子が、何にも言わないでちょっと目に涙ためてたり。

喧嘩しちゃった男の子が、ひとりで教室に座ってるのを
「最後に、香取先生と遊ぼう。」って誘いに行ったら、「行きます」ってすっと立ち上がって、一緒に歩いた。

なんだかマジックにかかったみたいに楽しくて切ない日だった。昨日。

もうだめだ~って思った。

今日は離任式だった。
ご挨拶はノープランで。でも、「きっと初ドームの相葉ちゃんみたいになるのかな。」って思った。
ここ数日、離任式で話す内容を頭で考えれば、考えるほど涙出てくるんだもん。

今朝、教室に行ったらだぁれもいなかった。
いっつも私は8時前に教室に行って、子供達が来るのを待ってる。
朝は、結構くっだらない冗談を言いまくる時間だったり、子供達が朝の準備をしている横で、私が算数の教材を作ったりしてる。

待っても子供達は、ふっと入って荷物を置いたらどっかにいってしまって、ず~っと戻ってこなかった。

結局、離任式ではじゃじゃ漏れでした。
「もうたぶん、泣いちゃうと思ったので、ご挨拶は考えてこなかったです。」って言いながら、何度も何度もありがとうって子供達に言いました。

楽しい時間をありがとう。
すてきな歌をありがとう。
一緒に力いっぱい走るの楽しかった。ありがとう。
どんな行事も大成功にしてくれてありがとう。

そして、じゃじゃ漏れちゃんになりました。あはは。
でも、昨日からずっと我慢してたので泣きたかったんだ~。

私にお手紙を読んでくれた男の子。
元気で、ものすごく優しくて、頑張り屋さんの子。
読み終わった後に、大きな大きな瞳から涙がぽろぽろってこぼれたので、ずっとお互いに顔を見ないで過ごした。爆!
教室で
「先生、昨日みんなでじゃんけんして勝ったから、ぼくが手紙を書いたんだよ。」って言ってくれた。

この愛情。
BELOVED ONE。
今朝引いたカード。
あなたは愛されていますよって書いてあった。

最後の保護者の方達へのお手紙に、
私がこの仕事をしているのは「子供が好き」だからじゃないです。
すばらしくて尊敬できる「人」に会えるからです。
そして、この学校で素敵な人達に会えました。ありがとうございました。
そんな風に書きました。

最後に子供達と1年間歌いまくってきた歌たちを、どんどん歌いました。

最初はね。
「なんで、毎日歌なんて歌わないといけないの!!」って怒った子もいたんだよ。おかしいでしょう?
「私は歌うんだ!」って喧嘩して歌い続けた。
毎日。
毎日。
そのうち、むっちゃでかい声でみんな歌うようになった。
しかも気持ちよさそうに。

楽しかったな~って想いながら歌ってたら、またぼろぼろになった香取。
もういい!化粧なんていいんだ!

玄関を出て行く子供たちを追いかけて、ひとりひとりハグさせてもらった。
でも、手紙を読んでくれた男の子は、「やだ~。」って言ってにげちゃった。
だけど、私が4月につくって黒板に貼っておいたなまけちゃんの絵を、新聞紙につつんでていねいに、もって消えてった。

アメリカのあのキラキラした生活とは全然ちがったこの1年。
そう言えば、ちょうど去年の今頃日本に戻ってきたんだ。
震災でまだ深く傷ついたままの日本だった。
その中で、子供達は私の「光」だった。

私自身、光になりたいっていっつも思うんだけれど、今回は完全に、光の強さが負けてたな~。爆!
まるで昼間の蛍か!って自分で自分にツッコミながらいたけれど、

あ~~~~、楽しかった!
何もかもがたまらなく楽しかった!!
夢と冒険の旅。帰国後パート1終了!

また、新しい春がやってくる。
パート2も始めちゃうからね!




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック