日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
君の事、ずっと見てきたよ
2012年01月24日 (火) | 編集 |
翔ちゃん!
Happy Birthday!


出会ったときはまだ大学生だったね。
がんばりやさんだった。
他の4人とはちょっと違う世界に生きていて
それを、とても大切に
誰にも触らせないくらい大切に守ってるんだなって想ってた。

翔ちゃん。
お誕生日おめでとう。
三十路?
み。。。。三十路?
きゃはは!!

↑ あ、、1日早かった。爆!24日と思い込んでた。去年も24日に書いてる。
あ、、そうか。去年は時差か。爆!爆!

翔ちゃん。

ずっと見てきた君の事。
お友達を大切にしている人。
初めて行った「いざっNOW」コンで、「誰よりも友達が多いと思う。」って自分の自慢をしてた。
大学の卒業旅行のビデオを編集してて、その音楽をラブソーにして(あれ?お友達のお別れビデオだっけ?)、その映像を見ながら泣いていたっていう君。

ドル誌のインタビューで「お父さんがベルギーに出張に行ってきたので。。。」っていうのがあったとき、
どんなぼんぼんや!って驚いた。

君が、自分のIdentityである母校を大切に、そのスピリッツをきっと心の中に今もずっと抱きながら生きているってわかるよ。

ステージの上に、大宮が残して行ったガムテープを、片付けながらはけていく姿。
楽屋で、みんなに「弁当食う?」って配っている姿

それから、誰がどんなこと言っても君の笑い声が聞こえる。
笑い転げてる君の声がいいって想う。

大学生の時は「櫻井君ってつねにエースもっていくよね?」って女子に言われていたかっこいい翔くんが
運動会では、シュートを決めてたサッカーの上手なかっこいい翔くんが
いつしか、すっかり全てを脱ぎ捨てて、今はきっとゆるやかに生きているのかなと想う。

先日、久しぶりに映画のウエストサイドを見た。
トニーの役だった姿を、もうあんまり覚えては居ないんだけれど、バレエでマリアと舞台を駆ける姿が今でも浮かんでくるよ。

だけど、何よりも私が忘れることができないのは
2009年2月6日。
あの長い1日。

氷点下20度近いマンハッタンのストリートで、昼の2時から夜の8時過ぎまで
私達は君の事を待っていた。
あの日。
私達の数メートル前にレッドカーペットが敷かれ、その両側にはメディアが。
そして、そのシアターへと入っていくゲスト達を何人も何人も見送って凍えていた私達。

そこに大きなリムジンが通り過ぎた。
幻か?って想ったけれど、その車の中から私達の方を見ているどんぐり眼の翔ちゃんの顔が見えた。
私達の列は、カーネギーホールの角を曲がったところに、長く長く伸びていた。

そして、そのリムジンはストリートの歩道から2車線目に停まった。
私達は、
翔ちゃんはリムジンから降りたら真っ直ぐにレッドカーペットの人混みの中に消えていくんだって
そう想ってた。

だけど、君は違った。
君は、ストリートに両足をついたあと。
メディアでもVIPでも、レッドカーペットの奥で待つセキュリティでも誰でもない
私達ファンに手を振ってくれたんだ。

あのときのこと忘れない。
「翔ちゃんだ。」って想った。
櫻井翔の生き方だって想った。
これが、私の知ってる櫻井翔だって想った。

時間は人を変えるかもしれない。
「変わらない」って何度も私達の前で言ったって
人間は変わっていく。
変わっていっていいんだと想う。
新しい日々を、ハードルのように跳び越えて
その先へ
その先へ
進みゆく5人。
翔ちゃん。

Happy Birthday!!
驚くくらい楽しい毎日を。
飛びっきりに優しい1年を。

最後に
ならなきゃいけないって想わなくていいや。
「なりたい櫻井翔」になってね。

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
二度目まして、です。
間が空いてしまい申し訳ありません。拝読させていただいていたのですが、コメントにはなかなか勇気が出せず…

先日は、しやがれのコメントに丁寧で温かいお返事をいただき、ありがとうございました。
あの回の録画、きちんと、ちゃんと、観ました。

翔さんのお誕生日記事、すごく心があったかくなりました。
「翔ちゃんだ」って思いました。

翔さんも、翔さんを見守る方々も、幸せな一年になりますように。
2012/01/24(Tue) 12:37 | URL  | まもり #-[ 編集]
翔さんなんですね。
>まもりさま
先日に引き続きコメントありがとうございます。
ハンドルネームこちらの方に変えられたのかしら?
今後は、まもりさんですね。

翔ちゃんのお誕生日。明日なんですよね。1日早かった。爆!
アメリカにいるときは、いつも時差で遅れを取らないように、、、って早めにコメントしたりしていました。ふと、ときどき「えっと、日本は今何時だっけ?」って考えて、あ、、、私、日本だったって想います。

最初に見たかっこいい彼は「翔くん」。
相葉ちゃんに呼ばれるようになった「翔ちゃん」がなんだか可愛らしくて、ず~~っと私はそう呼んでいます。
でも、この頃はみんなに「翔さん」って呼ばれていますね。

その呼ばれ方を聞くと、大人になったんだな~って想います。
相葉ちゃんは今でも翔ちゃんって言ってるかな。潤君は昔から翔くんかな?大ちゃんも。
二ノは「翔さん」だっけ。

嵐の5人はそれぞれを呼ぶ呼び方って、とっても優しくて好きなんです。
そして、翔ちゃんが外部の人にメンバーのことを話すとき、ちゃんと敬称略するところも好きです。
2012/01/24(Tue) 21:06 | URL  | 香取 #-[ 編集]
どこよりも早い・・・
お誕生日おめでとう♪ですね☆
でもなぜに三十路で爆笑なんでしょ?笑
もうそんな?逆にまだ三十路?って事なのかな?
私は三十路からは人生早いよ・・・と言われてその通りだな、と実感する毎日です、笑
翔くんにも伝えたい^^;
ホントにね、忙しすぎていろんなことがあっと言う間に通り過ぎて行っちゃうから見逃さずに楽しんで貰いたいです。

実は、今日は息子の7歳の誕生日なんです^^;
予定日は25日だったのに、1日早く産まれちゃって翔くんファンの息子に毎年怒られます、笑

それはさておき・・・
私の中での翔くんは影のまとめ役ですかね・・・もちろん、リーダーは大ちゃんなんだけど翔くんが与えてる影響も大きいかな、と。
潤くんにもね、ちゃんと高校行っておけってアドバイスしてくれたり・・・
すごく立ち振る舞いというか、自分の立ち位置をその時々で変えられる柔軟性のある人だなぁ~って。
ある意味、早い段階から大人なんでしょうね。
でもやっぱり、この前の話じゃないけど『尖った顔の翔くん』も大好きです☆
翔くんの大爆笑、今年もたくさん聞けるといいな♪
2012/01/24(Tue) 22:01 | URL  | みく #-[ 編集]
そして、今日は返信も早いよ~
>みくさん
三十路。。。だって、嵐メンが30代になるなんて考えられない~。
でも、翔ちゃんは30代になって初めてやりたいことができたり、言葉に重さができたりするんじゃないかな~って想います。

よく、潤君は最初はやる気のある人が少なかったなんて言うけれど、翔ちゃんがずいぶん潤君の支えになってたんじゃないかな~って想ったりします。ファーストコンの映像を見ると、翔ちゃんに甘える潤君がいますよね。そういうところから、腰を据えた翔ちゃんが嵐をがちっとまとめてきたんだろうなって想います。

たぶん、やりたいことがいっぱいあるんだと想う。
30代はたくさんやりたいことをやれる大人になってほしいなって応援していきたいと想っています。

いつもすぐにコメントくださってありがとう。いつも嬉しい~です。
2012/01/24(Tue) 22:13 | URL  | 香取 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/25(Wed) 15:33 |   |  #[ 編集]
笑い声ってすてきですよね?
>初めてコメントくださったヒミツのSさん
ありがとうございます。
温かく優しいコメント。嬉しいです。

ニューヨークの翔ちゃんの話、読んでくださっていたんですね。
あのとき、私は、当時ここをのぞいてくださっている数人のお友達へご報告のために記事を書いていました。それが、たくさんの方に読んでいただけて、そしてたくさんのお友達を得ることができました。
Sさんもそうですね。
いつも読んでくださって、本当にありがとうございます。

ここは、私が自分の想いだけで、が~~っと書いてしまうので、コメントがとても書きづらいと想うのです。だから、「勇気を出して」と言ってくださったその通りだと想います。
でも、コメントいただけるとほんとに嬉しいです。
新しい出会いですものね。

さて、翔ちゃんはとうとう30歳。
でも、翔ちゃんはきっと30歳になって幸せだろうなって想います。ジャニーズの子達は、そうとうに小さいときからお仕事をしているから、あの業界にずっといて、どこでどう変わるかわからないまま(公務員なんかだと先は見えるんですけどね。)歩いてきたわけですものね。
やりたいこといっぱいあっただろうな。
人気に年齢がやっと追いついて、これからの翔ちゃんの未来がキラキラ輝いている気がします。

心のすみっこでいつも、「人気ですぎだな~」って想っている私ですけれどね。
私も、しっかりどこかにしがみついて歩いて行きますよ=。
また遊びに来てください~~。
2012/01/25(Wed) 21:23 | URL  | 香取 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/25(Wed) 23:07 |   |  #[ 編集]
ピンクのスーツのおじさん
>ヒミツのPさん
お、、、なぜにヒミツ?うふふ。

そうなんです。彼はあの日、ワールドプレミアのMCだった。
私とお友達4人が、セキュリティのごっついおっちゃんにぐぐ~~って閉め出されて戻って来たのを追いかけてきて
「あと5人!」って言ってくれた人。
それはね。さすがの英語のよく分からない香取でも、「よっしゃ~~~!!」って思えた瞬間でした。

「Believe」を聞くと、今でもあの日のシートがふかふかだったこと、翔ちゃんが王子様みたいだったこと。
そして、ヤッターマンのエンドロールを思い出します。

心からおめでと~!って気持ちになりますわ~。
2012/01/26(Thu) 20:55 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック