日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その意味
2011年12月02日 (金) | 編集 |
もっともっと
アメリカに居たときは、納得してないことが多かったし、その成長をちゃんと傍で見たいって願い続けてた。

今、本当に久しぶりに。
ほんとにほんとに久しぶりにAll or Nothingの全編を見ようとしています。

私がもう、ほんとに、毎晩毎晩見続けていた映像。

そのときは、わからなかったけれど、
私は今、どうして私が「嵐が大きく成長を遂げた数年の間」にアメリカに居たのかが解った気がしました。

今朝、職場に向かって車を運転しながら「迷宮ラブソング」を聞いてるとき、なんだかそう思った。

コンサートの最後に、嵐がサイン色紙を投げる。
あれ、こわかったな~。
あの色紙が飛んできそうなとき、身体が縮こまったっけ。
一度、潤君にお手紙を書いたこともあった。
「サイン色紙をやめてもらえませんか?色紙を投げた後、その場所がどうなっているか知っていますか?アーティストならそういう盛り上げ方じゃなくて、音楽で盛り上げて欲しい。」って。爆!誰やねん。私。

All or Nothingは、いまや驚くことに絶版になっている(んだよね?)DVD。
香取はほんっとにこの映像が大好きでした。
ほんっとに。

この5人が、私にとっての「嵐」。(人は「元嵐」という)
金髪でピアスしてる翔ちゃんが口を尖らせて歩いてる。
生意気な潤君は、だけど自分の行く道を語ってる。
優しくて、今と変わらぬ相葉ちゃんが自分の苦悩を語る。
がっつり髪の色抜いて、ギターかき鳴らす気ままな二ノ。
それから、
今よりもっともっと自由で、なんだかみんなとは違う方を見つめてるみたいな大ちゃん。

私は、アメリカにいるときに、それまで好きだった嵐のことをずっと思っていました。

毎日出会う嵐は、とってもかっこいい。
テレビや、街角や、色んなところにいる。

私には、やっぱりあの時間があってよかったな。
あのまんま日本に居たら、きっと私は流されてたな。
そして、諦めていたかもしれない。

あの、じっくりとした3年間で、それまで追いかけ続けてた5人のことを考えてた。
引き留めたい気持ちもあったし、なんだかどこかで認めても居なかったけれど、遠くで見ることができてよかったんだと思う。
今は、もうアメリカに居たときのように嵐のことを思うことができなくなってる。
あの3年間は、私にとってきっと「贅沢な時間」だったんだ。
嵐と向き合った。

日本に戻ったら、なんだか嵐がテレビにいっぱい出てるのが当たり前になった。
前は違ったよ?
だって、DVDを何度も何度も見るくらい、ほんとに会えなかったし、ほんとに知りたかった。

そうなんだ。
これが、今、颯爽と歩いてる嵐なんだ。

All or Nothing見てて、わかったこともある。
私はきっと、ちょっとネジの抜けた感じの、5人が好きだったんだって思う。
今の嵐はかっこいい。
とってもかっこいいし、なんでもできるし、だからって遠くに居ないし、でも近くにもいない。
ものすごく未完成な嵐が好きだった。

。。。とかごちゃごちゃ書いているうちに、一晩開けた。放置してたわ。

潤君の楽だったんだね。
お疲れ様。潤君。

All or Nothingの中の潤君は、ポップを踊る。
あの姿、かっこいい~~って思ってた。そして、これからどうやっていきたいかを語ってる。
たぶん、十代の潤君。
そして、ダンスの先生のよこでVTRとか見ながら一生懸命話を聞いてる。こういう風景って、きっと今もそうなんだろうな。

潤君が舞台をやるって知ったとき、「忘れ物をとりにいく」って思った。
きっと両手にいっぱいのGIFTをもって、戻ってきたんだろう。
その生き方が、ずっと変わってなかったことや、
こんな状況になっても、やっぱり自分を「未完成」だと思って歩く潤君がかっこいいと思う。
「じっくりと」時間をかけて、その道のプロやライバル達と過ごす。
「贅沢な時間」ってどこかに書いてあったけれど、今の嵐にとっては本当にそうだろうな。
そういう時間が、必要だったんだろうし欲しかったんだろうな。
自分のもつれた糸をほどくとか、ピッチの狂った音を調律するみたいに。

そして、5人の姿を見ていると
私もいっぱい反省して、自分の未完成さにうなだれて、
そして、また歩く。

うん、やっぱり
嵐はあの頃も今も、私の未来なんだ。
コメント
この記事へのコメント
会えない時間が…
愛育てるんですね(古過ぎですか?笑)

私も距離は近かったけど、子どもを産んで間もなくはアラシゴトから遠ざかってました。
瞬く間に人気になってくのを見て、あーもうコンサートには行けないかも知れないって焦った。
諦めないで今があるのは嵐友ちゃんのおかげです、感謝!


All or Nothing…
確か絶版ですね、手に入らなかったのを思い出しました。
ファンになると、遡って歴史を知ろうとするけど……結局、私の場合実際に見るのはファンになってからのものなんですよね。
なので、私はちょっと諦めた感があります(笑)
でも、ちょっとネジの抜けた五人が好きって言うのはすごく分かる。
今は人気が出てテレビの露出は増えたけど、その分言えない事も増えただろうし…難しいですね





2011/12/05(Mon) 23:58 | URL  | みく #-[ 編集]
哀愁デイトですね
>みくさん
ものすごくレスが遅くてごめんなさい。

会えないと妄想も膨らみますね~。

その分、今年は爆発してます。私。
あ、、、でも、アメリカ以前に比べたら、全然チャンス少ないですけれどね~。門戸も開かれてないし。

私のジャニ先輩が言うに、「不完全」を求める人にジャニファンが多いそうです。たしかに、欧米人のような端整な顔立ちを臨むなら、そっちに行っちゃうんですよね~。
でも、日本人がやっぱりいいな~って思ったり、なんだか完璧な人じゃない方が安心するって感じかな。

今の嵐も、いっぱいスキを見せてて、たくさんの人を懐にぎゅっと抱きしめてる感じですよね~。
2011/12/08(Thu) 22:27 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。