日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飲み会の天使ちゃん
2011年10月08日 (土) | 編集 |
香取は職場の飲み会が超嫌い。

プライベートまで職場の人間関係を引っ張りたくない。。。って思うのね。

それで、職場の飲み会の時は、、、超超緊張しながら行くのです。
昨日もそうでした。
飲み会なのに、緊張しすぎで香取のスピリチュアル師匠に相談したの。
そしたら、天使ちゃんっていうのは万人の応援をするために、色々なところにいるんだよ。どんな小さいことも助けたいって待っているから、困ったことがあったら小さいことでもお願いしちゃっていいんだよって。
そんなお答えを頂きました。

昨日の飲み会は、香取の、例のかわいらしい実習生ちゃんの「ごくろうさん会」ってやつでした。
ちゃんと最後に実習生ちゃんとお話できるかしらとか、、、いらんことゆっちゃわないかしら、、、とかそういうこと考え出すとどきどきするので、「飲み会天使ちゃん」に

ちゃんと実習生ちゃんと話ができますように

そうお願いしてでかけました。

ええ、
結果!!

楽しかった~!ということでした。

私達はたった5週間。
たった5週間の中で、結果も答えも、信頼関係もすべて、ぎゅぎゅっと詰め込んで終わらなければならなかったのです。それは、5週間で「ハッピーエンド」で完結するかどうかもわからないことばかり。
だって、5週間ってものすごく長くも感じるけれど、
思えば、とっても短かったです。

人と出会うときって、「いつまでに仲良くなろう」なんて思わないですよね?
奇跡か必然か、人は人と出会って、そして別れる。
それは、決められた期間ではないことが多いです。
もちろん、学校生活なんかはまさにそんな風に決められた期間なんだけど。

それでも
たった5週間。
しかも、誰かに決められた出会いでした。

昨日ふたりで話してて、すっごくおもしろかったのは、「もともと不真面目な自分が、真面目にならなければならない辛さ」をお互いに感じていたこと。
「だって、○○くん、真面目だったじゃん?だから、私も真面目に行かないとだめだって思って。」って言う私に、彼は
「僕も香取先生が真面目だから、真面目にしないとだめだって思っていたんです。」
まぁ真面目にするのが当たり前なんだけれど、全くもって余裕のないスタート。
しかも私は、自分ができない「真面目さ」にもがいていました。そして、「こうありたい」って思う自分になれなくて、ひとりで自分のふがいなさに苦しんでいる時期がありました。
その時期が、実習生ちゃんも同じで、同じ時期に同じ事で苦しんでたんだね。わっはっは。。。って笑い合いました。

私の教室の後ろのスペースに、白いテーブルが1台あって、そこで私達は毎日、放課後話し合っていました。
「あの白いテーブルの、あの場所が、苦痛な空間だった~。」って言う私に、彼は「実は僕もです。」って笑っていました。

でもだんだん楽しくなってきたんだ~って言ったら、実習生ちゃんも香取と同じ時期にどんどん楽しくなってきたそうです。

きっと、もっともっと楽な接し方や楽なやり方ができたはずなのに、苦しみぬいた5週間。
だけど、それがあったから最後の「幸せ」も半端なくやってきたんだと思います。

私は、ずっと今の学校で自信がなくて、できないことがいっぱいあって、だめだな~、私なんてここに必要ないな~って思っていた。
そこにぽんって現れた実習生ちゃん。
私にとっては、最初重たい荷物でした。
早くこの荷物を降ろしたい降ろしたいって想いながら、歩いていて、でも知らない間にそんな実習生ちゃんに支えてもらっている自分がいました。

ある時期から、なんでもお願いしてなんでも一緒に考えて、なんでも任せていました。
一緒にお話ししていた、うちの職場の主任の先生が
「うん。香取先生と実習生君の間には、深い信頼関係があるんだってずっと感じてたよ。」
そう言われました。

多くの人に心配されて、見守られて、
5週間を、
それでもぎゅっと手を繋ぎながら進んできたんだな~って思いました。

そして、最後の最後に実習生ちゃんが
「香取先生のこと、好きです。」ってゆってくれました。イケメン実習生ちゃんに!きゃほほ。これ言いたかった!

お仕事をしていると、なかなか答えってでないものです。
長い時間をかけて人は人と「関係」をつくっていくものだと思います。
それを、たった5週間でやらなければならなかった私達。
きっと、途中で手を抜いたり、「まぁいいか」って思ったりしたら、ここに辿り着くことはできなかったかもしれない。私も、きっと私の人生で最初で最後の実習生ちゃんのこと大好きだし、きっと一生忘れることはないんだろうな~って思います。

実習で来ている間は、やっぱり私ばっかりが話すことが多くて、実習生ちゃんの色々な想いを聞いてあげることもできなかったし、昨日は話せてよかった。酒の力をかりて、、、(私は途中でウーロン茶になってました。)

香取はもうずいぶんな大人ですが、こんなに大人になっても新しい出会いがあって
そして、とってもきれいに
とっても美しく
心を通わせることができるんだな。。。と、
飲み会の天使ちゃんにも、
それから、香取の周りにいて、いつも「助けるよ!」って言ってくれる天使ちゃん達に感謝しました。

あ、、ちなみに。
昨日、どうして僕が香取先生の担当になったんですか?って聞かれた。

ふたり来ていた実習生ちゃん達。
最初に主任の先生に
「香取先生、どっちがいい?」って聞かれたので「じゃぁ、かっこいい方で。」って香取は答えた。
それで決まったんだよって伝えた。かわいい実習生ちゃんは、衝撃的な目をしていた。

人と人の出会いは「奇跡」かなとも思う。
だけど、やっぱり「必然」だって思う。
それから、出会ったらずっと繋がりって切れないんだと思う。
遠くにいても離れていも。
「かっこいい方で」って香取が言って、香取のところにきた実習生ちゃん。
きっと神様が、香取に「その子とがんばれ!」って分厚いスケジュール帳を開きながら、決めてくれたんだ。

ハッピーエンドはきっとまだ終わりじゃない。
またどこかで、おもしろいことが待ってるかもって思う。
彼の人生のどこかで、また私のこと思い出してくれるときがあったり、香取先生だったらどうするかな?って思ってくれるときもあるかもしれない。
そして、私も重いカボチャを運びながら「あの子がいたら、、、持ってもらえるのに。」って思い出したりするんだ。

香取の実習生ちゃん話。
これにて最終回。。。かな?
もしかしたら、スペシャルがあるかもしれないな。あと何年かしたら。爆!

コメント
この記事へのコメント
たとえ
5週間だけでも、
イケメンとお仕事できたかとりん
いいなぁ~(*^_^*)うらやましい

・・・・って(笑)

2011/10/09(Sun) 11:41 | URL  | まこりん #HfMzn2gY[ 編集]
そうそう!!
>まこりん
その通り!
中学生達は、その子のことを
「櫻井翔くんに似てますよね?」ってゆってた。
私は
「え~~~?」って思ったけど、意外にもそうだったのかもね~。爆!
2011/10/09(Sun) 12:18 | URL  | 香取 #-[ 編集]
香取さん、こんばんは☆
運動会やら遠足やらでバタバタしてて・・・ちょこっとご無沙汰しました。

実習生くんとの絆・・・
すっごく濃い5週間でしたね。
いくつになってもいい出会いって出来るんだなぁ~とちょっとほっこりしました。
でも・・・んふふ♪
イケメンに『好きです!』なんて、そりゃ誰かに言わずにいられませんね。
私が言われたわけじゃないのにドキドキしちゃいました。

2011/10/09(Sun) 21:26 | URL  | みく #-[ 編集]
おひさしぶりぃ~
>みくさん
きゃはは。
そうなの。
色んな人にゆってます。爆!

私のお仕事は、出会って別れて、、、これを繰り返すお仕事なの。出会ったらもう別れることは確定していて、とっても寂しいときもありますが、
でも、近頃思うのです。
「さよなら」するのって、案外スタートなのかな?と。

また、次の扉に向かってGO AHEADです。
コメントありがとうございます。
2011/10/09(Sun) 22:58 | URL  | 香取 #-[ 編集]
素敵な時間
香取さんお疲れ様でした!本当にお疲れ様でした!
香取さんの記事を拝読して、私も頑張らなきゃなって思いました。

自分が一生懸命になれば、必ず相手も応えてくれるんですよね。

日々の生活の中で、つい投げやりな気持ちになってしまうこともあるけれど、やっぱり人は人に支えられて、そうやって前を向いて歩いていくんだよな~って改めて思いましたよ。
いつも素敵な記事を有難うございます!
連休ゆっくりお休み下さいね~。
2011/10/09(Sun) 23:27 | URL  | いずみん #-[ 編集]
いつもながらに
>いずみんさん
いつもながらに、香取のこと褒めてくださってありがとう。
いずみんちゃんも同じく、私を支えてくださっている人達の先頭にいっつもいるよ~。
ありがとう。

自分が一生懸命になれば。。。
最初は誰のために一生懸命になっていたかっていうと、「自分」のためだったと思う。
話したときに解明したんだけれど、出だしはやっぱり「戦い」だったな。。。と。
いかに受けて立つかだよね。なんていうか、私がもし逆で、こんな不器用でこんな厳しい関わり方されたら、泣いてただろうし挫折してたかもな~って思う。振り返ると恐ろしい。爆!

でも、きっとその間に「子供達」がニコニコ笑っていてくれて、
それから「教育」っていう尊いものが間にあったから
成り立ったんだろうな~。
いずれにしても、周りでわいわいがやがや応援してくれたたくさんの天使ちゃんに感謝ですね~。うふふ。
2011/10/10(Mon) 09:46 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。