日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
おわった~~~!!
2011年09月22日 (木) | 編集 |
結果!

楽しかった~~~~!!!

ってことです。
最後に、私がとっても大切に思っている小説「太陽の子」をプレゼントした。
そして、台風で学校が休みになるかもしれないから、もうお話できないかも。。。って言って、昨日、最後のお話を実習生君とした。(結果、今日も学校があって、今日もお話ししたけどね)

昨日、実習生君に

「私の話をとっても素直に聞いてくれて、しっかり言われたことをやってくれたけれど、
 もしほんとの先生になったら、人の言うことを聞かない先生になってね。」

ってゆった。
実習生君は、衝撃的な目をしてた。爆!

行列の中を歩かないでね。
行列の中を歩いていると、自分がどこを歩いているかわからなくなるよ。

土田秀生さんの「燕のいる駅」の言葉、それを実習生君に言った。

したら、今朝、実習日誌に「行列の中を歩かないで自分を確立させることのできる教師になる」って書いてあって、うっわ~、、、、わざわざ書くなよ~~って思った。

みんな素直だよね。
今の子は。
素直になんでもはいはいって言うこと聞いていると、何が正しくて何が間違っているか、自分で判断できなくなるよ。
香取はそう思うのだ。

ニューヨーカーは赤信号でも渡る。
それってかっこいいと思う。
自分で道を選ぶんだ。
誰かに決められた道じゃない。
私もそうありたい。

今日、最後の時間。
子供っちが考えた「ありがとうの会」をした。

子供ってすごいな~って思う。実習生君が一生懸命教えてくれた国語の物語をみんなで読むって決めた。これはもう、教師冥利につきるよね。いやいや、びっくり企画だった。

それから、みんなで歌を歌おうって決めてて、4曲歌った。
その歌の途中から実習生君が泣き出して、ちょっと照れた女の子達はクスクス笑いながら歌ってた。
だって、今日の会は「先生を泣かせる会」でもあったのだ。
だけど、先生の涙を見て、男の子が泣き始めた。

そして、みんなひとりひとりお手紙を読んだ。

そしたら、さっきクスクス笑ってた女の子が
「せんせ。。。う~~~~。。。」って全滅していった。

香取はもう出会って別れて出会って別れてを繰り返してて、それも地球規模なので、こんなところでは泣かない。
泣かないって思ってたけれど、ちょっと泣いた。

結局、号泣大会になって、ありがとうの嵐になった。

最後に、また香取と実習生君とふたりでちょっとだけ話した。
結局、ゴールの見えないありがとう地獄みたいになって、そして最後にひとつだけ謝った。

「ごめんね。私、1日休んじゃって。あれね。嵐の国立コンに行ってたの。」
「え?。。。大爆笑」
そして、私が、「だって国立競技場は私達にとって聖地だから。」とか言っている私に「その通りです。」とかゆってた。てか、ゆわされてた。

最後の最後に、

職員室でご挨拶して、そして実習生君が玄関をでたとき、
中学生達が並んで、
もう寒い北海道の夕暮れ、
中学生達が待ってた。

この愛情。

何度も何度も言ってきたのは、こんなに愛してもらえるのはここだけかも。
ここでできることを、自分の実力って思っちゃだめだよ。。。。ってこと。
そして、それは私も自分自身いつも思っていること。
子供っちに感謝して、
その尊い想いに答えようね・・・ってこと。

香取も、ちょっと長めのお手紙を書いて最後に子供っちと一緒に渡した。

だけどお別れはさらっと。

「私、アメリカがちょっと入ってるから、ほんとはハグしたいけれど、セクハラって思われたらやだからやめとくわ。じゃぁね~~~!!」

苦手なんだよ!お別れはね。
そして、またみんなそれぞれの場所で生きていくんだ。
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした!
香取先生へ

実習生君は、きっと教職の道をえらんでくれる・・
もしそうじゃなくても、この実習は彼の心の宝になる・・・
そう思います。

なんだか変な意味で先生も生徒も慣れ切っちゃっている周辺の実習事情を見聞きしていると、こんなステキな体験できて、「キミはほんとにラッキーだったね!!」って肩をたたいてあげたいわ。

それにしてもやっぱり香取先生の「想い」、ステキです!!

少しは楽になりますか??
2011/09/23(Fri) 07:32 | URL  | クレイン #-[ 編集]
かけがえのない
>クレインさん
ありがとう!!

昨日の離任式では、「かけがえのない」とか「一生の思い出」とかそういう言葉が飛び交っていました。
校長先生や、大学の先生や。。そういう方達の言葉。
そういうものなのかな~って思って聞いていました。

とりあえず、私は、こういうお別れの場面は苦手なので、ふざけて笑顔で乗り切りたい衝動に駆られる。(少年か!)

何か人が生きていくための基盤っていうのかしら。
そこにものすごく幸せな思い出があることで、そこに戻りたいとかそれ以上になりたいとか、、、
そういうことですよね。うん。

いい映画を見終わったような気分です。5週間長かったけれどね。
応援してくださってありがとう。

むっちゃ楽になりました。うふふ。
2011/09/23(Fri) 08:56 | URL  | 香取 #-[ 編集]
お疲れ様でした。
こんばんは、香取さん。

お疲れ様でした。
そして今週もがんばっておられるんですね。
頑張ってくださいね~!応援しています。

気にかけてもらってありがとうございます。
一日はちゃんと終わっていきますね。
当たり前のことだけど。
明日はちょっと私にとっての決戦の日です。
「決戦は金曜日」(byドリカム)って大袈裟(苦笑)

幸せな思い出があることで生きていけるんだなって思います。
24日に京セラに小田和正さんのコンサートに行ってきまして、
その素晴らしさに感動しっぱなしでした。
無意識に涙がツーっと何度かこぼれていました。
幸せの涙でした。美しい声。会場内を走る小田さん。
面白いMC。すごい64歳です。

嵐のコンサート以来の京セラドーム。
またいつか嵐とここで幸せになりたいと強く強く思いました。

香取さん地方は16度ですか。
こちらは来週一気に寒くなるようです。
お体には気をつけてくださいね。
2011/09/29(Thu) 21:50 | URL  | 凛 #-[ 編集]
小田さんのこと
>凜さん
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

小田さんのコンサートか~~。
札幌ドーム行きたかったな~。でも嵐の国立コンの日でした。

昔、私はオフコースの追っかけでした。爆!
初めてオフコースのコンサートに行ったのは、京都会館第1ホールで(今でもあるのかな~)あのときの、小田さんの目、、今でも忘れられません。
ビージーズの「失われた愛の世界」のコピーが素晴らしくて、夢か!って思いました。

あの頃の小田さん、まだ30代前半。私は高校生だったから、小田さんはず~~っとず~~~っと大人でした。今、小田さんのあの頃の歳をとっくに越えた私は、あの時小田さんはどんなこと考えてたのかな~って思います。MC、、、当時は全然おもしろくなかったですよ。爆!

東北大で青春時代を過ごされた小田さんは、きっとこの震災で色々な想いをされたのかな?って思います。「どーも」は大好きでよく聞いています。
でも、私にとってはいつまでもいつまでも「やさしさにさようなら」とか「愛の唄」の小田さんが小田さんなんだな~。。。

いつか、いつの日か。
小田さんと鈴木さんがまたオフコースの唄を歌ってくれるのを心待ちにしているのです。

凜さん。よかったですね。小田さんの歌、すてきだったんですね~。
2011/10/01(Sat) 20:29 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック