日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
よれよれ~~~。。。。
2011年08月24日 (水) | 編集 |
実は、かとりん。。。よれよれです。爆!

かとりん人生初の、、、実習生の先生を担当しまして、、、まぁこの年までそういう体験がないのがどうなんだ?って話だったんですけれど、ええ、よれよれです。

すっかりもう嵐くんの話題からは落ちこぼれ、
SMAP兄さんのことをほろほろと思いつつ。。。

「もっと24時間テレビ」よかったね~。
何がよかったって、

嵐の5人が黄色いTシャツで、今年のテーマを語るところ。

潤君が「僕の力は『ありがとう』の言葉かな。」というところで、4人が「ありがとう、ありがとう」なんて潤君に言っちゃって、潤君も「そんなみんなに、ありがとう」なんて言っちゃって、、、
ありがとう大会になり
相葉ちゃんが「ゴールの見えない、ありがとう地獄だ~。」って。。。。爆!

今年の24時間テレビは、特別な年に行われた24時間テレビ。
まだまだ続く復興への道をお手伝いする24時間テレビ。
そんななかにいて、嵐君の5人の普通さ加減が、なんだか嬉しかったな~。

それから、大ちゃんと発達障害の男の子。
もちろん、あの男の子くんにはちゃんと先生やクラスの子供たちが傍に居ると思うんだ。
大ちゃんが初めての友達ってこともないと思うの。
もちろん、大ちゃんはとっても有名な人で、彼の憧れの人だろうし、
そりゃ大ちゃんに会うことは嬉しかっただろうね~。

今回、ちょっと感心したことがあるんだ。
大ちゃんは絵が得意だけれど、あのときただ、ただ、彼の絵を見守ったよね。
大ちゃんも一緒に描くという近づく方もあったのに、大ちゃんは描かなかった。
そして、あの子の絵を見ている大ちゃんの目が、またまたアーティストも目だったよね。

若中や奈良さんの絵を見るみたいに見てたね~。

ああいう眼差しは、大ちゃんらしいね。
分け隔てなく、芸術を見る目。
有名な人が書いたからとか、子供が書いたとか、そういうの関係なく見つめる目。

ちょっぴりだったけれど、24時間テレビに2階もお世話になった嵐メンが、こうやって仲良しのエイトの応援をしているっていうのが嬉しい「もっと24時間テレビ」でした。

もうよれよれで、今もはや目が閉じそう。。。
おやすみ~。
コメント
この記事へのコメント
リーダーのまなざさし
香取さん、こんばんは

あの時のリーダーのまなざしは優しかったですね。
分け隔てもなくてよいなぁ、って思いました。
櫻井くんと唯花ちゃんとのドレミの歌もよかったなぁ。
二人のフラットさがまたよかったなぁ。
2011/08/27(Sat) 20:28 | URL  | 凛 #-[ 編集]
大ちゃんには
>凜さん
上とか下とか
有名とか無名とか
そういうものがないんだろうな~。

だから、いつもあんな風に平常心でいられるんでしょうね。
コメントありがと~。
2011/08/27(Sat) 22:54 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック