日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
「ただいま!」~札幌コン30日31日の反省会
2011年08月02日 (火) | 編集 |
私にとって、
やっと帰ってこれた。。。
私はここに帰ってきたんだって思える、そんな二日間でした。

「ありがとう。」って言葉しか思い付かない、
幸せで幸せで、ここはどこなんだろう、天国ってこういう場所なんじゃないかしらって、そんな風に思える。
札幌ドームは、見渡す限り美しい五色の海原となり、そこにきれいなライトが当たり
そのとき、私はこんなに美しい風景を見たことないって思った。

そして、この美しい風景を創り出す
私は「光」のひとつだと思えることの幸せ。

ネタバレにはならないと思うけれど。。。気になる方はどうぞスルーして下さいね。
いつも通り、香取は皆さんのようにレポはできません。
私の場所から、私が感じたことしか書けないけれど、この夢のような「幸せな空間」のこと、忘れないように書いておきます。

珍しく素敵なブログさんからセットリストを教わって、その順番にiTunesに入れて、それを聞きながら書いています。

潤君が二日目のご挨拶で
「きっと、色々な想いを持って、色々なことを乗り越えて皆さんはここにいるんだと思います。」
そんな風に言ってくれました。

あの空間のことを潤君は「なんて幸せな空間」って言ったけれど、まるで私達の心を全部くみ取って全部ぎゅっと抱きしめてくれるような言葉だと思った。

まず最初に、私事を書かせてください。
私、実は前日に救急車に乗りました。
いえいえ、私じゃないんです。一緒にコンに行くはずだった従姉妹です。ここにも何度か登場して、何人もの私の嵐友ちゃんも会ったことのある彼女です。

6月からずっとずっと、彼女と作戦を立てていました。このコンサートに参加するために。
初めて行った「いざっNOW」から彼女とは一緒にずっとコンサートに入ってきました。一緒にファンになって、ずっと一緒に嵐を応援してきた。私がアメリカに居る間は「かとりんいないんだったら、つまんないから行かない。」なんて年もありました。
今年はほんとうに久しぶりにふたりでの参戦だったの。
楽しみで楽しみで、何度も電話で話し合ってきた。
その彼女と前日、ランチをしていたの。明日のコンのことばっかり話ながら。
本当に信じられないような話だけれど、その彼女が急に具合が悪くなり、お店の方の機転で救急車を呼んでいただくことになり、そのまま私も一緒に乗車して病院へ。
何が起こっているんだろうって、夢じゃないかしらって何度も思いました。

潤君が言うように、あの空間には色々な想いの人が居る。
私がチケットの仲介をさせていただいた方は、東北から札幌に向かってこられた。
ニューヨークから来た私のお友達は、その記念すべき初コンを私の隣の席で迎えた。
デビューの時からの大先輩ファンの嵐友ちゃんは、その反対側の席に。皆勤賞の彼女の今年のチケットは、奇跡的に私が当選したたった1枚だけ。

ここまで辿り着くのに、ひとりひとりの人生が続いてる。
ひとりひとりが色々な想いを持ってそこに立ってる。

そして潤君の話を聞いてると、5人もそうなんだって思う。

5人は私達を幸せにしてくれる。それはそれは幸せにしてくれるけれど、この数年で大きく成長しながら、多くの人に愛されながらもたくさんの苦悩を乗り越えただろう5人。そして、この震災のあと、たくさん心を動かした5人。
直前に相葉ちゃんが入院をして、彼らとて、あの空間に辿り着くまでには多くのことを乗り越えながらだったんだ。



あのね。
あのね。
私ね。
「帰ってきたんだ。。。」って何度も思った。
10周年の時ももちろん帰ってきてたんだけれど、あのときは受け入れてなかった。あんまりにもキラキラしてて、「ねぇ、あなたたち、本当にあの5人なの?」そんな風に思ってたんだと思う。
だから、あのコンで「できるだけ」を聞いたときは胸が苦しかったな。

30日31日の札幌コン。
あぁ、楽しかった~~~。。
もう楽しくて楽しくて、幸せ幸せで、、、ほんとに楽しかったんだよ~。
相葉ちゃんじゃないけれど、もう楽しい以外の言葉であの3時間のこと話せないくらい。

コンの最中にも、お隣の嵐友ちゃんに何度も何度も、楽しいね~~!!って言った。
あのね。
その「楽しい」はね。私のよく知ってる「楽しい」だったんだ。

初めて行った「いざっNOW」のときのあの日のことを思い出してた。1日3回公演で入ったり出たり入ったり出たりしたARASICKのこと思い出してた。最後に行った私の大切な大切なTIMEコンのことも思い出してた。

そして、そこに戻ったんだって思った。
戻ってくることができたんだって。
ここなんだ。。。
ここに戻ってこようって思ってたんだって。

5人はね。
きらきら嵐のふりしてたんだよ。
うん。きっと。
私が知らない間に、ちゃんと置いてきた荷物を取りに戻って、
それをひょいっと背中にしょって、
ものすごく軽やかな足取りで私の少し前を歩いてる。
あの頃のまんまの5人がいた。

まぎれもない5人だった。
手を振れば、笑いながら振り替えしてくれる5人がいた。
私にとって唯一無二の5人。
彼らがいつもみたいにそこにいた。

30日は、お友達が言うに「相葉神席」。
ジャニーさんが香取に用意してくれたのかな~って思った。
相葉ちゃん、相葉ちゃん、相葉ちゃ~~~~ん!!ただいま~~~~!!って何度も叫んだ。
その「ただいま」は10周年の時には言えなかった「ただいま」。
それが言えた。嬉しかった。

そして、「おかえり」って言ってくれてるの、わかったよ。
そうなんだ。
札幌ドームの全部が、ペンライトの海も、スポットライトも、全部が
「おかえり、待ってたよ。」って言ってくれている気がした。

とにかく楽しくて楽しくて、楽しかった。

だけど、
たったひとつ。

わかったよ。

「果てない空」を5人が歌ったとき。
この歌を、君たちがこれから大切にしていくんだっていうことが。

何にも言わない君たちが
このツァーでどんなこと私達に伝えてるのか。

震災があって、色々な事が変わった。
当たり前だって思っていたことが、当たり前というカタチを失い、もう二度と取り戻すことのできない空白を抱きながら、私達日本人は3月12日の朝を迎えた。
もちろん、被災地の方。
日本中の人。
それから、当時アメリカにいた私も。
世界中にいる日本人が。

本当は嵐が日本各地のドームを回るという、私達嵐ファンにとっての「当たり前」もあり得ないことだったのかもしれない。
だけど、彼らがそれでも忙しいスケジュール中で、
きっと今年だからこそ、
この2011年だからこそツァーを実行したんだって思う。

彼らは何にも言わない。
僕らができることはこんなことだとも言わない。
何にも言わなかった。
いつもみたいに笑って
笑って、
だけど、心の奥にぐっと
噛みしめるように「想い」を持ってるんだって
「果てない空」を歌う5人を遠くから見ていて思った。
あの歌歌ってる5人が大好き。
あの歌歌ってる5人を見てると涙がぽろぽろ出た。

潤君。
真面目で、冗談なんかもきっと本気になって理解しようとする君が
何年経っても大好きだ。
エネルギーの交換って言ってくれた君のコトバ。
ウエストサイドのダンス、一瞬やってくれたの嬉しかったな。
ありがとう。潤君。

翔ちゃん。
「ラップいきます。」は、きゃははって笑わせてもらった。
札幌恒例のお風呂の話もありがとう。
昔、きたえーるの花道で
「相葉君が、僕がシャワーを浴びてたらはいってくるんです!!」ってみんなに訴えていたあの日のまんまの翔ちゃん。
ありがとう。翔ちゃん。

大ちゃん。
いつもそうなんだ。
大ちゃんのソロの時は、知らない間にペンライトの手が止まってしまう。
息も止まってしまう。そんなかっこいい大ちゃんが大好き。
歌うときあんなにはっきりしてるのに、なんで話すときぼろぼろなの?って潤君に言われてる大ちゃんがいい。お寿司屋さんで盛り上がったのに、なんで盛り上がってたのか説明できない君が大好き。
ありがとう。大ちゃん。

二ノ。
「果てない空」を歌ってる二ノが大好き。
全身全霊であの歌を歌ってる二ノが大好き。
相葉ちゃんにすぐ助け船出してくれる優しい二ノ。
坂道で膝を抱えて座ってる君は、やっぱり妖精だよな~って思った。
そして、ギター弾いてる二ノは心臓がどきどきするほどかっこいい。
ありがとう。二ノ。

相葉ちゃん。
ただいま!相葉ちゃん。
ただいま~相葉ちゃん。
泣き虫で愛しい相葉ちゃん。
ほんとうに5人であの場所に立ってくれたことが奇跡で、そして美しい出来事だって思った。
君のフロートが目の前にぴたっと止まったとき、久しぶりに近くで見る君は
なんだか大人になってた。
すごくかっこいい大人の青年になってた。
ありがとう。相葉ちゃん。
元気になってくれて、ほんとにありがとう。

ありがとう。嵐。
同じ地球の、同じ時代でやっと出会えたことに感謝です。
そして、
君たちの尊い気持ちを、なによりも強く主張してくれたこと
その飛びっきりの笑顔で
太陽みたいに
私達を
そして、被災された方達のことを
日本のみんなのことを

この道を照らしてね。

そして、
一緒に歩いて行こう。
これからも、ずっと。ずっと。
コメント
この記事へのコメント
うわーん
うわーん、かとりさん。
涙がでました、かとりさんのコンサート記読んで。

そして、大ちゃんのくだりでちょっと笑いました。
私もそう思う。歌とダンスの時はあんなにキレキレなのに、、、、って。
あのギャップがたまんないですよね(って何の話)

相葉ちゃん元気になってましたか?
もーう、yahoo!でニュース知った時はびっくりしました。
何せ情報がすくなくて、やきもきしてました。

私は今回も行けないんです。
行くつもりで、年始の大阪・名古屋申し込んだけど、外れちゃいました・・・
せっかく一時帰国に(一時帰国を?)合わせようとたくらんだのになー。

行けないからこそ、頭の中でたくさん想像します。
今回のコンサートに嵐が、ファンがどんな気持ちで臨んだのか、とか。
どんな構成だったのか、とか。

会いたかったなぁ、嵐・・・・
またお話聞かせてくださいね。
2011/08/02(Tue) 05:58 | URL  | なお #TBb5cWT2[ 編集]
うん、元気でしたよ!
>なおさん
お久しぶりです。ドイツはどうですか?
暑いのかしら涼しいのかしら。北海道は涼しいです。爆!

なおさん、行けますように。
まだまだ諦めないで!!
来年だもの。

CDなんかは手に入りましたか?
アメリカと比べてドイツは情報が遅いのかな~早いのかな~。遅いだろうな~。

二ノ、かっこよかったよ。
二ノはなんだか、きれいなガラスみたいに、なんだか透明な感じがした。
なおさんに、二ノのソロ、聞かせてあげたいな~。
みんなの想いをいっぱい背負って行ったよ。だからなのかな、あんなに札幌ドームが美しく見えたことはなかったです。
なおさんにも会って欲しかったな~。
2011/08/02(Tue) 15:58 | URL  | 香取 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/02(Tue) 19:56 |   |  #[ 編集]
遅くなりました~!
>ヒミツのNさん
ごめんなさい。
返信がとっても遅くなりました。
コンの次の日からお友達が泊まりに来ていて、一気に気分は違う方へ、そして普通に仕事もしててのやっと週末。久しぶりに寝た~って感じです。
こちらも暑い週末です。
そっちはもっと暑いですよね?

ほんとに温かい時間でしたね。
今北海道で熱いのは札幌ドームだけだ!なんて彼ら何度も言っていたけれど、
ほんとに熱い温かいコンサートでした。

私は、スクリーンの使い方を一昨年の10周年の時に見て、まるでそれがSMAPコンみたいだったので、嵐も大きく大きくなっちゃったんだな~って寂しかった。

だけど、今回の映像はとっても優しくて特に最後のビューティフルワールドは涙出ましたよね~。
きっと嵐はいいスタッフに恵まれてるんだろうな。
彼らのいいところをたくさん引き出せるような美術スタッフにかこまれているんだろうな~って思いました。

北海道祭りは終わっちゃったね~。
だけど幸せな余韻をいっぱい感じながら、また私達は歩いて行くんですね。
がんばりましょう。
2011/08/06(Sat) 11:40 | URL  | 香取 #-[ 編集]
香取さん、こんばんは☆
札幌のお話、ありがとうございました。
レポではないけど、レポ以上に感動して言葉のひとつひとつ頷きながら読みました。

私は初日の京セラに参戦しました。
いろんな事情があってTIMEコン以来4年ぶりのコンサート、前日はほとんど眠れないくらいドキドキで。
でも以前、嵐友さんに『4年前の嵐とは違うよ・・・今の嵐コンのノリはあの頃とは違う』って言われてて、当選して嬉しい反面、正直不安もありました。
でもそんな不安を打ち消すくらい、本当に本当に楽しいコンサートで・・・

10周年の彼らはキラキラし過ぎてたって言う、香取さんの言葉に納得しました。
だって、あの時私も『(この場所に)帰ってきた。。。』って思ったから。
帰って来れてよかったって、本当に思いました。
私のツアーはもう終わってしまったけど、凄く幸せな時間でした。

それと、withのニノ。。。
私も雑誌は買わないと決めてるのですが、香取さんの日記見て凄く気になってます。
う~ん、立ち読みしたら持ち帰りそうです、笑
2011/08/11(Thu) 23:02 | URL  | くーこ #-[ 編集]
札幌コン楽しすぎv-49今回で5回目のコンサートでしたv-237どの辺りの席で見たんですか?
2011/08/12(Fri) 11:24 | URL  | ☆嵐☆ #27IZxw2.[ 編集]
遅くなってごめんなさい。
>くーこさん
レスポンス、ほんとに遅くてごめんなさい。

くーこさんも「TIME」が大事な場所でいらしたんですね~。
私もそうです。TIMEで時間が止まったまんまでした。

でも、今回のBeautiful worldはとっても楽しかったです。
そして、彼ら5人が、この震災の後の日本にいて多くのことを考えたんだな~って思わせられるコンサートだったな。。。て思います。
きっと、「いつも通りに行こう」とは思わなかったんだろうな。
だけど、絶対に楽しくやろうって思ったんでしょうね。
多くのことを彼らが考えたんだな~って思いました。そう感じるコンサートでした。

コンサートの話をお友達にすると、
「嵐は、近くに居るんだね~。」ってゆっていました。
そう言うことなんだと思います。

いつしか、彼らはずっとずっと高みにいるみたいだけれど、それは全然違って、いつだって実は一緒にいて、傍を同じ歩調で歩いてくれているんでしょうね。
私は3年間、彼らの傍に居なかったけれど、待っていてくれたんだと思いました。

くーこさんも楽しまれてよかったです。優しいコメントありがとうございました。
また遊びに来てくださいね~。
2011/08/15(Mon) 22:13 | URL  | 香取 #-[ 編集]
はじめまして
>☆嵐☆さん
はじめまして。
私は、京セラミタのちょっと上辺りでしょうかね~。
札幌コン楽しかったですね。
2011/08/15(Mon) 22:14 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック