日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ニッポンの嵐
2011年07月02日 (土) | 編集 |
moblog_34d5598b.jpg

「かとりん、、、、これ、、、ちっちゃ!」(byたろう)
「字ぃもちっちゃ~。」(byじろうさん)

ニッポンの嵐ゲット!
嵐が日本中の公立の学校に通う子供たちに送った本。
嵐が、子供たちの未来の光になってくれるのは、私のずっとずっと夢でした。

とうとう、日本中の、、、いえいえ世界中のファンの皆さんの手に届いたんですね~。
それにしても、これって、、、ほんまにポケットサイズやね。

実はね、実はね。

本当はこの本、とってもでっかくてまるで百科事典みたいなハードカバーの本なんです。
いつも私が、朝小走りで通り抜ける廊下で
「かとりん、今日もがんばれ!」って言ってくれるくれて、そして子供たちとわいわい廊下を歩きながら戻るとき
「かとりん、今日もがんばったな~。」って言ってくれる。

ときどき、子供たちがそこで本を広げて座り込んで読んでいるとき、私もその隣でこの本を広げて写真を見てる。

ね。
この表紙の5人の笑顔、いいでしょう~~?
そして、私は潤君の笑顔が好きだな。
こんなにニコニコするんだ。。。って想う。
初めてこの本を手にしたとき、

4月の始業式のほんの数日後
もう何が何だかわからない毎日の中で、この本を手にしたの。
嬉しかったな~。

「かとりん、待ってたよ。おかえり!」って言ってもらえた気がした。
そうなんだ。
会いたかったんだ~!!
やっと会えた~って思った。

私はほんのちょっと、皆さんよりちょっと早く会えた。
そして、30日。
日本中の皆さんの手に。

嵐はこんな風に、ちょっと、、、こっそりとがんばることがあるよね。
今も、ときどき被災地に応援に行ってるという話も聞く。
それはさ、きっと。
今みたいな嵐じゃなくても、彼らやってたんだろうな。
今みたいに大きな大きな嵐じゃなくても
きっと子供たちを応援して、
被災地の皆さんを応援しただろうな。

えらいぞ、嵐!
やさし~~!嵐!
大切に読むね。
そして、相葉ちゃんはゆっくり身体を治してね。
コメント
この記事へのコメント
すごくいい笑顔
香取さん、こんにちは。

そんなに大きな本だったんですね!
立派だって仰ってましたもんね~
永く永く図書館に在るために、立派に仕立てたんですね。嬉しいことだな

ポケット版にしては大きいなと思っていたら
元々のサイズがで大きいなら頷けます
小さい小さい文字ですが、ちゃんと読みたいと思います


この表紙ほんと、いい笑顔ですね
最初に新聞報道でこの表紙を見た時、「いい笑顔だな」って思いました
きっといい本なんだなって!
私の手元に来てくれた時、まじまじと見つめました
見飽きることのない笑顔

今日の関東の空は薄い雲が張っているけれど、柔らかく晴れています
相葉ちゃんが休んでる場所の窓から、この空が見られたらいいなって
柔らかい空の明るさで責任感の強い相葉ちゃんの心が休まるといいなって思います

2011/07/03(Sun) 12:51 | URL  | ぺんたごん #-[ 編集]
同じ空の下
>ぺんたごんさん
そうなの。
とってもいい笑顔でしょう?ね!ね!

私ね。
たくさんの子供たちが、この5人の笑顔に救われてると思います。
少なくとも、私はそうでした。
今もそうだし、これからもそう。
この本が学校の図書室や、廊下や、色々なところで子供たちに声をかけているんだと思います。

それから、相葉ちゃんっていうと、ひまわりの花やきれいな空を思い浮かべます。
きれいな空を、見ている相葉ちゃん。
河原に寝っ転がってみてる。
どこかのグランドで野球しながらとか。
橋の上を駆けて、そこから見てるとか。。。

そんな彼の姿が目に浮かびます。
彼が入院してからも、ずっと彼の映像が流れる度に、もしかしたらほんとは元気にしてる?って思っちゃいそうなくらい、彼はとっても元気で100%をいつも振り絞って生きてる。
健気で素直で、本当に美しい生き方。

彼が見ているのは病院の壁かしら。
天井かしら。
私達の頭上に広がる青い空をきっと彼も見てる。うん、見てますね。
元気になって欲しい。
飛びっきりの笑顔で会いたいね。
2011/07/03(Sun) 14:57 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック