こんな夜更けに
2011年06月11日 (土) | 編集 |
こんばんわ。

いつもだったら、疲れ果てて眠りこけている時間なんですがなぜか今日は目が冴えている。

怒濤の1週間が終わりました。
ええ、明後日が運動会なんです。
この運動会で私が唯一担当しているのが「エイサー」です。

このエイサー。もう10年くらい前に、ある小学校でやりたくて沖縄からCDとかビデオとか取り寄せて、実際自分も見に行って、それから子供たちに教えるようになったもの。

沖縄は辛くて厳しい歴史を背負っているのに、いつ行ってもみんなが明るくて元気で、そして温かく迎えてくれる。
それは一体なんだろう。。。
そんなことを考えている中で、そのことを知りたいって思いながら、新しい学校に転勤するごとに「エイサー」を教えていました。
いや、教えていました。。。って専門家とかじゃないので、まぁビデオで見たことを伝えているだけなんですがね。

考えたら、結構渋いのです。
ウチナーグチで歌われている沖縄の民謡は、聞いてても子供たちにはわからないしね。
でもそれを、ある時は1年生に、あるときは3年生に、、、そして、今年は全校でやります。

今日は、その最後の練習をしました。

いつも練習の時は子供たちが踊っている姿を正面から見て、「足の形!!」とか「走れ!」とかいちいちでかい声で指示しているのですが、最後の最後の本番前の今日。

子供たちを入場の場所で見送るだけにしました。
私はみんなの姿を後ろから見てるからね!と送り出しました。

いつもと違う風景を、子供たちの後ろから見ていました。
子供たちの背中を見ていました。
そしたら、なんか急にこみ上げてきて、泣けて来ちゃって、、こっそり泣いた。爆!

私が大好きな言葉、TOKIOの松岡君が言った言葉ですが
お芝居をするとき、その台詞は一体どこに届けるのか。

耳じゃない。
心に届けるんだ。

「表現」とはそういうものだと思います。
「芸術」とは、きっとそういうものだと思う。

音楽がなぜ人を感動させるのか。それは、美しいメロディだからだけではなくて、そのものが心に届いているからなんだと思います。
絵画を見て感動するのは、美しい絵だからだけじゃない。
人間の心を動かすものが、人間の生み出した芸術なんでしょうね。

子供たちの踊る「エイサー」はとっても稚拙なものかもしれない。
けれどね。
がんばってるよ~って気持ちが遠くに居る私の方にまで伝わってくる。
だからもう、絶対成功するよ!って、息切れしながら戻ってきた子供たちに伝えました。
大変な練習をがんばってくれて、ありがとう。

そうなんだ。
いつだって「指導する」なんてかっこいいことゆってるけれど、ほんとは子供たちに返してもらうことの方がたくさんあります。

もうひとつ言うと、今回のエイサーでいちばんがんばって練習してくれたのは、実は私のクラスの子供たちです。
な~~んにも彼らは言わないけれど、「かとりん先生がんばってるし、いっちょ協力するぜ。」って気持ちがあるんだろうな。
それが、嬉しい。

帰る時、「みんなの気持ちがとっても嬉しい。」
そう言ってさよならしました。

久しぶりに書ける「香取の仕事」
まだまだ失敗ばっかりしています。
思ったようにできないことばっかりだし、今居る小学校はこれまでいた小学校とはちょっと違うので、全然慣れないし、子供っちにも助けてもらってばかり。

忙しくて色々なことに「ありがとう」も言えないまま毎日が進んでいく。

ありがとうありがとう。
どこかでふわふわ飛んでる天使ちゃんにもありがとう。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/12(Sun) 12:22 |   |  #[ 編集]
も~~失敗ばかりです。
>ヒミツのmさん
コメントありがとうございます。

子供っち達は、最初からやる気満々だったわけではなく、約1ヶ月かけて仕上がってきたという感じです。
私は、基本的にアメリカの考え方が好きで「やりたくなかったら、その日はまぁやんなくてもいい。」って感じなの。でも、日本の先生(って自分もそうだけど)は、どうしても「いつもちゃんとやる」ってのが当たり前なんですよね。
そこがね。。。私の指導のゆる~~って感じが今回出ていました。爆!

だけど、少しずつ自信を持って、今日は本当にかっこよかった。
私の後ろで観ていた卒業生の子達は「すげ~~!!」って叫んでくれた。感謝です。
観てくれた方達もとっても素敵で、ほんとに真剣に子供たちの踊る姿を見てくださいました。すご~~く静かに。
私は「ぶらぼ~~!」とかゆってくれてスタンディングおっけーだったんですけれどね。

まぁ全然、プロって感じではないんですよ。まだまだ。読んでくださってありがと~。
2011/06/12(Sun) 18:53 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック