僕らは譲れぬ想いを
2011年05月21日 (土) | 編集 |
NIPPONNO ARASHI

「気ぃぬけとんのとちゃうんかい?」(byたろう)
なんか写真が長細っ!

久しぶりに風邪ひきました。風邪薬を飲みつつ、明日はopen school!です。ふ~~~。

毎日がばたばた~~~って過ぎる中、ありがとう。嵐。

改めて嵐に感謝感謝です。

「ニッポンの嵐」予約したよ!2冊。
とりあえず、義援金になるんだもんね。
去年だったっけ?
ニッポンの嵐が日本の小中学校に贈呈されたって聞いたとき、あぁ嵐だな~って思った。

嵐はね。
派手なバラエティ番組で笑い転げているけれど、どこかで華やかな世界の方に背中を向けて
5人だけで向き合って相談してる、、、
私はいつもそんな5人の姿を思い浮かべます。

大好きなPV、Everythingの5人のように、
5人が5人だけで、
ぴかぴかの世界に背中を向けながら
そんな世界からかけ離れた「一番大事なこと」を話し合ってるんだろうな。。。って。

嵐は私が日本に居ない間に大きく大きくなった。
そして
できることがいっぱい増えた。

震災の後、SMAPのお兄さん達がメディアをぐっと引きつけて
SMAPにしかできない支援を始めた。
そのことに、ものすごく感心したんだ。あぁここまで行かないと、世の中を大きく動かす事って出来ないんだって。

嵐は歯がゆいだろうな、、、とも思ったよ。
もうちょっとキャリアがあったら、もっと世の中を動かすことが出来るんじゃないかって、5人はそんな話もしてるんだろうか?と。

「ニッポンの嵐」が日本の公立学校に贈られたって聞いたとき、すごく嬉しかったんだ。
公立の小中学校って、ほんと戦ってる子がいっぱいいるんだ。
家庭環境が厳しい子達もいるし、心の中に色々な問題を抱えている子もいる。
私になんか理解できないほどの重いバックグラウンドを背負って学校に来ている子がいるの。
それを、「社会に出たらもっと厳しいんだから、がんばれ!」なんて言えない。
香取なんかがアメリカからきたぜ~って言っても、現実として身近に捉えられない子供たちがいっぱいいっぱいです。

そんな子供たちへ日本のことを伝える。
しかも、子供たちだけに!っていうのが気に入ったんだ。
そして、嵐がまっさきに子供たちのことを考えてくれてることに感謝した。

そしてね。
私もそう。
毎朝、私の学校の図書コーナーにね。
「ニッポンの嵐」が待ってくれている。
それを横目に教室に行くときに、うん、、、ときには私だって色々な不安を抱えながらその廊下を歩くとき
あのどっしりと重い「ニッポンの嵐」
にっこにこに笑って座ってる5人がね(皆さんお楽しみに!)
「かとりん、今日もがんばれよ~!」って言ってくれてる気がするの。

きっとそうやって支えられてる子が、全国にいると思う。

だから
「ニッポンの嵐」がやっと一般発売になる。
そしてそれが義援金になる。
まぁ!!なんて素敵なことでしょう。

きっと静かに準備してくれたんだよね?
5人で、できること話し合ってくれたんだろうなって思うと、本当にありがとうありがとうと思います。
たくさんの子供たち、たくさんの被災された方達が喜んでいらっしゃるだろうな。

それからコンサート。
数が少なくて行けるのかな~。。。と不安で仕方ないけれど、
それでも彼らができるだけ早く、日本中を回ろうと思ってくれたことに感謝。

今回の震災は、被災地はもちろんのこと日本中のみんなが苦しくて悲しくて、辛い思いを抱いたと思うの。
世界中の人達が、悲しい気持ちになったと思うんだ。
私はずっと、いつか「音楽」が必要になるって思ってて、嵐が笑顔で私達に前に立ってくれることが何よりも必要になる日が来るって思ってた。

それをなんとか実現してくれた嵐、すごいな~。
何にも語らず、きっとこっそりと
でも、ものすごく一生懸命にこのことだけを考えてあの震災の日から進んでいてくれたんだって思う。

私は、すっかり不義理な感じになっていて
嵐が載ってる雑誌も買わなければ、うっかり録画も忘れちゃう。
笑ってる嵐ばっかりテレビで見て、
今、何を思っているんだろう、、、そんな風に、彼らのことちゃんと見つめずに毎日を歩いてた。

そうそう、そうだった。
嵐だもん。
彼ら嵐だもん。
私がずっと、一緒に歩いてきた嵐だもん。
そうだった。そうだった。
これが嵐だもん。

ずっとそうだった。
辛いときにどこかから「がんばれ!」って応援して支えてくれる。
今だから、こうやって彼らのやることはメディアに出て、大きく報道されるけれど
彼らがやり続けていることは変わらない。
私が嵐を大好きなった日から。

会いたいな。
相葉ちゃん、翔ちゃん、二ノ、大ちゃん、潤君。
変わらぬ君たちに、
昔と同じ呼び方で、
その名前を呼びたい。

コメント
この記事へのコメント
ニッポンの嵐
覚えてらっしゃいますか?
こちらで、「ニッポンの嵐が、一般販売されて寄付金になればいいね」とお話しましたこと!
うふふ。みんな思っていたんですね~~~思いは重なっていましたね♪
うれしいですね~


私の環境ではこの本を見る機会はないと思っていたんです
でも、それでいいと思っていました
どんな嵐も見ていたいと思うのに、変な感覚です

嵐が伝えたいことが、伝えたい人たち・・・子どもたちに伝わって何か感じてくれるなら私は見られなくていいかなって

それが、こんな形で本を手にする事が出来る!
嬉しいです。見れる事ももちろん、嵐と何か出来る事
それが嬉しくてたまりません

いま出来る事、現在の自分たちで出来る事を体現していく彼らは頼もしくて美しいキラキラの5人だなって思いました


風邪が長引きませんようにあまり無理なさらないでくださいね
おだいじに!



2011/05/21(Sat) 10:57 | URL  | ぺんたごん #-[ 編集]
この震災は
>ぺんたごんさん
この震災は多くの方を不幸にしたし、それは今も尚続いている。
だけど、
こんな遠くに居る(北海道ですが)私が言うべきではないけれど、
それでも幸せなことがその後起こっていると思うのです。

世界の国々が日本を助けようと動き出すこと
日本中の若い人達がボランティアに向かうこと
私達がいつも被災地の方達のことを想い生活すること

私のお友達が、
これからのエコは地球のためだけじゃなく
人のためのエコなんだって言っていました。
まさに、それが始まりますね。

そして、嵐は、嵐にしかできないことをがんばる。
だから私達は応援する。
嵐もそして被災地の方達のことも。

きれいな糸で繋がってるって昔二ノが私達と嵐のことを言ったけれど、
まさにそうやって日本中が繋がるんだよね。
ニッポンの嵐で。
2011/05/21(Sat) 15:33 | URL  | 香取 #-[ 編集]
そっと寄り添って…。
香取さん、本当にそう思います。
嵐は、嵐にしか出来ない方法で前に進んで私達を支えてくれる。
それが嵐だもん。
それが嵐だったんだよね。いつでもそっと寄り添ってくれる嵐が大好きだったんだ。
嬉しいな。嵐の心遣い。

ずっと前を歩いちゃったのかな…って時おり寂しくなっていたけど、違ったんだ。
嵐はいつだって、私達と同じ目線で歩いてくれているんだ…。
有難う嵐!
私も逢いたいな、5人に。
香取さん、体調は大丈夫ですか?
ご無理なさらないでね。
香取さんがいつも頑張っていらっしゃるのは、皆、解っていますよ。
早く風邪が良くなりますように!!
2011/05/21(Sat) 20:20 | URL  | いずみん #-[ 編集]
変な話なんだけど
>いずみんさん
まぁ、私が帰国したっていうことなんだろうけれど。

震災があって、テレビでの嵐の露出のされ方がきっと、少し形を変えたのかな。。。と思います。
そのせいもあって、私にとって今私が見ている日本の嵐は、実は3年前とおんなじなんだよね~。

テレビ番組増えたかな??って思うけれど、まぁそれも必死にも見ていない訳なんだけれど、
やっぱり「きらきらの嵐」とはまた別で、「元嵐」に近い彼らが姿を現している気がするの。
なんていうかな~。
震災があって、いっぱいいっぱい辛く苦しいことが日本中にあるけれど、
特に被災地に方達にとってはこんな風に考えることはきっと、ないんだろうけれど
だけど、
震災があったから「違う嵐」がまた生まれた気がするの。

人間って、色々なタイミングで
色々な山や谷があって
それで、人生が変わっていくんだけれど

私はさ、、、
師匠が私に言ってくれたんだけれど、それは全部神様が私のためにしてくれてることって思う、、思いたいって考えててさ、
だから、コン行く!絶対行く!爆!
2011/05/23(Mon) 08:55 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック