日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
法定速度を守って生きる
2011年04月23日 (土) | 編集 |
なんだか、笑っちゃうんだけど。。。

私、たぶん、
今は「変な人」だと思う。

相当にがんばってます。
そうっとう!!に(これ、相葉ちゃん舞台の「わっかんないよ!」くらい力強く読んでね。)
何をがんばっているかというと

日本人になろうとしているんだと思います。
この違和感。

なんとか必死で辿り着く週末。

右車線を走らないようにする
スピードメーターを見て、法定速度で走る。

あぁまさに、私の今の日本での生活はそれだ。

法定速度を守って生きる。

時間通りに出勤するとか、みんなに失礼にならないように話すとか、
真面目にやるとか
きっちりやるとか

できねーよ。

覚えることがいっぱいあって、アメリカのこと思い出すヒマもなくて
うっかりすると
どこにしまい込んだかわからなくなって
もうすっかり忘れたんだと思ってた。

今朝、アメリカでご近所だったお友達から
「香取さんの家だよ」って写真が送られてきた。

私がアメリカで住んでいたお家。
きれいな芝生
手入れされた木々を見ると
斜め向かいのガーデナーのゲリーさんが、今でもきれいにしてくれてるんだな~って思う。

あのガレージの扉をオートで開けて
車から水を降ろしてキッチンに運ぶとか
2階の窓は広いベッドルームでジャグジーがあったな~。
朝起きたら
「えっと、今日は火曜日だから、いそがなきゃ。。。マンハッタンだ。」とか
そんな私の日常がいっぱい詰まってたアメリカのお家は

ものすごくものすごく
ぴっかぴかにお日様を浴びていて
芝生が本当にきれいだった。

その写真を見たら、なんだか滝のように涙が出ちゃった。
(マンガでそんな人いるっしょ?あんな感じ。爆!)

あんなに「好きじゃない」って言っていたアメリカが
今こんなにこんなに好きだ
きっと私、すごくハッピーだったんだな。

さっき、うちのALTの先生がツィンズのファンだって言うから、えっとヤンキースとの試合見に行ったっけ?って思って自分のブログを読み返そうとしたの。
NYエンターテインメントっていうカテゴリーを開いたら、もう帰国間際に私が千里さんのギグに行ったり、マッコイタイナーのライブに行ったり、先生のコンサートに行ったりしたことが書いてあって、
なんだかそれはそれは、「この人どんだけハッピーなんだ!」って思えるような書きっぷりで
我ながら、拍手送りたいくらいで
お日様に照らされて輝いているニューヨークが
目の前にいっぱいになった。

ニューヨークは私のパワースポットだって、いつも思ってて
だから、他のステートに行ったり
どこかの国立公園に行くことにも全然興味がなくて
ただひたすら、私はマンハッタンへ、NYCに行ってた。
そこにいるだけで、大きな生きものの中に抱かれているみたいでハッピーだった。
大好きだったんだ。

WTCにも何度も行ったな。
何度も何度も行って、色んなこと考えた。
私の人生にやっぱりアメリカは必要だったんだって思う。

週末。
やっと参観日が終わって、
ちょっとくらいいいかな?って「アメリカの箱」をちょっと開いたら
思い出がどば~~って出てきて、滝涙になっちまった。

来週末には52箱の段ボールがやってくる。
ほんものの思い出達と
それから、びっくん始めじろうさんたちがやっと到着します。

まだまだ。
こういう宙ぶらりんで
違和感があって
自分がどこにいるんだかわからないような
そんな日々が続くんだろうか

それでいいのかな。

アメリカにいた意味
ずっと考えていたけれど
今わかった。

大好きだったんだ。
だから幸せだったんだ。

法定速度を守って当分歩く。
この生活にもきっと
あとちょっとしたら慣れるよね。

コメント
この記事へのコメント
なかなかに、しんどいですね。
解き放つと苦しくなるかもしれなかった、アメリカへの想い。しばらくはきっついかもしれませんが、時間と共に、ちょうどいい、だけどアメリカへ旅立つ前の香取さんとも違う、立ち位置みたいなものが定まってくるのかしら。そうであってほしいなあ・・・なんて・・・エラそうにごめんなさい。

離れてみて初めてちゃんと実感できる、よさってありますね。

私のパワースポットは一体どこなのかなあとふと考えてしまいました。特に思い当たらないですね~(^▽^;)
そう思える場所があるのは、ちょっと羨ましいなあと思います。
2011/04/23(Sat) 22:31 | URL  | フムフム #tbuUZA/A[ 編集]
Kinokuniyaのイケメンさん健在!
かとりんさーん、私、昨日NYCの紀伊国屋に行ってきました。日本語の流暢なイケメンアメリカ人の若い男性店員さん、レジにいましたよ。紀伊国屋に行くと、かとりんさんのことを思わずにはいられません。

日本の生活はちょっと「借りてきた猫」みたいにしていないといけないんですよね。私も里帰りするとそうなりますよ。

でも日本は優しいところがいっぱいあるし、真面目さとか勤勉さとか、尊敬できるも多くて、日本人であることを誇らしく思います。海外にいると余計に。

それでも毒吐きたくなったりアメリカを懐かしんだりしたらここで聞かせて下さいね。楽しみにしてますよ~。


2011/04/24(Sun) 05:55 | URL  | にこりん #mQop/nM.[ 編集]
合わない靴
>フムフムさん
コメントありがとうございます。
以前、私のクラスに居た女の子が
「このクラスは、私にとって合わない靴を履いているのと同じ!」
こう吐いたことがありましたが、爆!
まさにその言葉「いただき!」って感じの今の私です。
でもきっとその靴は、そのうち履き心地がよくなるんだと思います。

なんと言っても、生まれ育った国ですから。
アメリカのいいところは失わず、日本人としてもがんばりますわ~。
アメリカに教えてもらったことは、私にしか感じることの出来なかった「神様のギフト」ですからね。

ご心配いただきありがとう~。。。
そしてメールもありがと~。
お互いに、新境地でがんばりましょ~。
2011/04/24(Sun) 08:25 | URL  | 香取 #-[ 編集]
あの人、、、かっこいいっしょ?
>にこりんさ~~~ん!
コメントありがとうございます。
以前はヒマヒマで「訪問者リスト」をよくチェックして、にこりんさん、今日も読んでくださってるな。。。ってチェックしてたけれど、今やそんな余裕もない「巻き込まれ状態」です。

そうですか。
彼、いましたか?
私に「嵐が表紙じゃないですか?嵐が表紙だったら、すぐに売り切れるんです。」ってきれい~な日本語で言ったイケメンアメリカ人。
ぜひとも、メビウス君の目標としてください!
紀伊国屋で待ち合わせ。
懐かしいですね。

そうそう、時々メビウス君の話をクラスの子にします。
こんな感じで
「もし、アメリカにいるメビウス君に伝えるとしたら、どの方法がいちばん解りやすいと思う?」
「はい!数字で伝えた方が比べやすいです。」

これは、理科の学習で強い光と弱い光の温度の違いを伝えるには、温度計で測るのが正確って学習だったんですけどね。爆!
いつか、私のクラスの子、、、メビウス君に手紙書きたいって言うかも~。
今後とも、色々とよろしくお願いいたします。英語のこととかまたお聞きするかも。。。
今は、頭の中から英語が消え去っています。
そして、おっしゃるとおり「借りてきた猫」のように大人しくしています。爆!
2011/04/24(Sun) 08:30 | URL  | 香取 #-[ 編集]
それは是非!
メビウス君、最近よくくしゃみをするなと思ったらかとりん先生でしたか!(笑)
うちの子でクラスのモチベーションが高まるなら幸いです♪お手紙、喜ぶと思いますよ。
2011/04/24(Sun) 11:20 | URL  | にこりん #-[ 編集]
お手紙書いたら
>にこりんさん
お手紙書いたら、メビウスくん、お返事くれるかな~。
みんなの妄想の中で、がっつりクラスメイトみたいになってますよ~。
2011/04/26(Tue) 21:07 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック