日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
隙間です
2011年03月24日 (木) | 編集 |
今、札幌のホテルがなんと無料でパスワードも入れずに、Wi-Fiでした。。。あ、、、でも、線はつないでます。爆!
しかも、ここのホテル、大手のホテルなのに露天ぶろあり~。

それで、久しぶりにパソコンを開きました。ふ~~~。。。

日本に皆さん。
あらためまして、ただ今です!
アメリカ最後の朝はブロードウェイのホテルからタクシーで出発しました。
その日は、縦のアベニューがマラソンのためかな?クローズになっていて、それで、タクシーの運転手さんはブロードウェイから横に道を進んでくれました。

ブロードウェイ。
Avenue of America。
パークアベニュー。
5th、、そしてレキシントン。。。

そのひとつひとつの通りに思い出がありました。
特に、私が3年間お世話になった語学学校がレキシントンにあって、その通りは、大好きだったスタイリストさんのいる美容院があって、それから、あったかの木の時にpoboxを作った郵便局もある。
そんなことを思い出したら、もう運転手さんが引くくらい涙がぼろぼろ出てきました。

地元のお家を出るときは、オーナーさんが見送ってくれたけれど、その日はマンハッタン泊まりだったから何にも感傷的になる理由はなかった。
でも、やっぱり私はニューヨークが好きだった。
最後のエンパイア。
最後のクライスラービル。
最後の、
最後のマンハッタンが飛行機から見えたときも涙がこぼれました。

そして、今。
札幌です。

東京を3泊して、やっと北海道まで来ました。
成田で送ったなまけちゃん3人は、
北海道への陸路がないので「いつ着くかわからない。」って言われましたが、もう先に着いていたようで、、、宅配会社から電話が来ました。52コの船便も、4月に東京に着いて、それからきっと、できるだけ早く来るんだろう。
あんまり早く来てもらっても困るけど。家せまいもんで。

私の師匠が、教えてくれました。

今、被災地には自分が亡くなったことに気付いていない人がいっぱいいるはず。
その人達に、「避難所はず~~~っと上ですよ。」って教えてあげることが必要って。
みんな家族を捜したり、家の中のものを探したりしているはずだって。。。

被災地の様子を思い浮かべながら
「私には何も出来ないけれど、避難所は空の上ですよ~~~!!」って言うんですって。

私は今日、羽田を出発して青森まで、ず~~~っと窓の下の風景を見ながら、心の中で叫び続けました。
聞こえたかな。
聞こえてたらいいな~。
空に向かって、ちゃんと避難所に辿り着いてくれたらいいな~~。。。

そんなこと言いつつ、私も自分の現実に戻っていきます。
明日は5時起きだ~!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック