日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
黄色い風船
2011年01月30日 (日) | 編集 |
見終わった~。。。ひぇ~~。。ふぅ~~~・・・

またまた、自分の感情との戦い?っていうか、
相葉ちゃんが「俺、生きてる~~~!!」って言うように、
たぶん、生かされるんだろうな。

身体の中の全ての細胞とか、
太古の昔から私が抱きしめて生きている、私の魂が、
全部、息を吹き返すんだと想う。

帰りたい!と強く想った。
私はそこに帰りたいって。

たぶん、かつてそこは、私の生きる場所だった。

羽田で飛行機を降りて、あの動く歩道を歩きながら携帯に電源を入れる。
京急に乗って、それからコンビニで色々買い込んで
次の日のコンサートに備える。

3年前、アメリカに来たとき
その「感覚」がものすごく傍にあるのに
ものすごく遠くに来たんだって思った。

1年前に帰国したとき、
再び羽田に降りたとき
自分が一体どこに住んでいるのかわからない感覚になった。
まるで、遠征の帰りみたいな気持ちになったから。

そこは「生きる場所」だった。
目の前の、でっかいテレビのディスプレイから嵐が3Dみたいに手を伸ばしてくる。
そんな気がする瞬間が何度もあった。
なんだか、不思議体験だ!

初めて
いっちばん最初に買ったのは「How's it going?」のDVDでした。
ボーナスの出た12月。
「なんかおもしろいものないかな?」って行ったCD屋さんの小さなテレビで流れてた。
彼らの楽しそうなコンサートの様子が、手書きのポップの立てられて山積みになったDVD達の横で流れていた。

そのCD屋さんは、必ずジャニーズの誰かの映像を流してくれていて、私はよくジャニーズのタレントさんの新曲発売日には見に行ってPVを確かめて買ったりしていた。
その日もいつものように見に行ったら、How'sが流れてて、それで試しに買ってみたんだ。

あの日、家に帰ってその映像を見たとき
「絶対に、嵐のコンサートに行く」って決めた。
そして、「私も5人のお手振りほしい!」って想った。爆!

たぶん、この国立のDVDをご覧になったたくさんの方達が、「私も嵐のお手振りほしい!」って想うんだろうな。
それは、あなた!
あなたが嵐国の国民だったという証拠で、5人に見つけてもらった瞬間です。
太古の昔、私達は一緒に幸せに暮らしていた国民だったのだ。(何ゆうてんねん)

7万人を相手に、なんとかひとりひとりの顔を見ようとがんばる彼らは、変わらぬ想いを、貫きたい想いをずっと大切にしてるんだなって想った。
もし仮に私があの場所にいたとしても、きっと昔みたいにコンサートの間に何度も目が合っちゃったりすることもないんだろうなって想う。
だけど、わかったよ。彼らがその気持ちをずっと大事にしてくれてること。
それだけで、、、それだけでいいや。。。って想った。
だから、私はそこに帰る。

嵐は、ほんとにすごくなったね。
「すごくなった」ってなんだか抽象的すぎるけれど、どう言葉にしたらいいのかわからない。
たくさんのテレビ番組をもっているとか、紅白の司会をしたというすごさじゃない。
二ノのいう「嵐の会いたい嵐」、その「嵐」がすごくなった。

バラードがじょうずになったね~。
昔は、バラードはやっぱりカツンがうまいな~とかって想っていたけれど、嵐もうまくなったな~。
忙しいのに、ばっきばきに踊ってるところとか、
大ちゃんのご挨拶が上手になったな~とか。。。
二ノはやっぱり妖精だ!と黄色い風船を手にした(あんな高いところで)姿を見て想ったり
相葉ちゃんの挨拶。。。相葉ちゃんだ!あれが相葉ちゃんだ~~~って想う。
翔ちゃんのラップは、深みを増したな~。。。。心をぎゅってつかむんだね。
潤くんのエンターテインメント性はすご~~い!!研究してるな。。。

そして、どれほど彼らが人を支えながらも
自分たち自身、支えてもらっているのかが伝わってくる。

初めてのドームコンを彼らが実現させたとき
心配だったんだ。
彼らどんな風に変わるんだろうって。
だけど、そこにいたのはいつもの嵐で、あんなにも広い会場でも最後尾にいるファンに心を届けてくれた。
ものすごく遠いな~って初めは想うのに、コンサート中盤になるとぐぐ~~っと距離が近くなっていく感じがしてた。
国立は映像で見ても広いね~。
ものすごくステージが遠い気がするけれど、それでもきっと
5人は7万人のいちばん最後尾にいるファンの方達にもしっかりと心を届け
そして、その国立競技場の外で心をかたむけているファンの人達のことも想い、

すごいな。。。
あいつら、、、人間じゃない。きっと。
なんか違うレベルに住んでる人達だ。

初めて見た彼らの映像「How's it going?」から8年か~。
あの日、「絶対に本物の嵐に会いたい。」って想ったのと同じような気持ちが、心の中に新しく生まれた気がします。

絶対に、本物の嵐(今嵐?)に会いたい。

あ。。昨日の記事に書きまくった金髪のジュニアの彼。
やっぱりThey武道の山本亮太くんだそうです。
よし!応援しよう。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/30(Sun) 19:17 |   |  #[ 編集]
国民投票
そのご意見に1票投じます
私もまた嵐国、国民だったことでしょう

大ちゃんも翔ちゃんも相葉ちゃんもニノも潤くんも
手を振りながら客席を見てる視線が流れてないんですよね
見ようとしているんですよね

相葉ちゃんの「生きてる」
いやぁ。「生きてる」って言葉になるのってすごいですよ
だって、黙っていたって生きてるんだもん
そのくらい強烈に生きてるって感じたんでしょうね

我らが、王子(王様?王族?)たちはただ者じゃないです
でも、家に着いたら洗濯してることでしょう(笑)



2011/01/30(Sun) 22:18 | URL  | ぺんたごん #-[ 編集]
どこよりもお手振りもらえる場所
>ヒミツのyさん
初コメントですね!ありがとうございます。
そして、温かく熱いコメント、とても嬉しかったです。
ここのブログって、なかなかコメントしづらいでしょう?わかってるのですよ、、、だって、くどいから。。なんてコメントしたらいいのかわからなくなるんだろうな。。といつも想うのです。爆!
だから、嬉しいです!!

さて、嵐国ね。
うふふ。
そうなの。
嵐友ちゃん達って、職場で会ったりする人とは違って、いきなり昔からの友人みたいに話せるのは不思議。
だからって、常に「相葉ちゃんかっこいいね。」なんて話しをしているわけじゃないのね。仕事のこと、生活のこと、、、家族のこと、、、人生のこと、、、そう言う話のできる友人。

きっと昔、どこかで会っているんですよね。そうそう、嵐国で。

また怪しい話をするけれど。私の中にひとつの映像があって、ものすごく広い谷間みたいなところに、国民全員が集合して、その前で5人が話している風景です。王子!
「ごめんね。絶対に、君たちをもう一度見つけるよ~~~~!!」って。
ひとりずつ挨拶をするんだよね。
「それまで、生きてろよ!」
「諦めるなよ!」「幸せになれよ。」「必ず会えるよ~~!」って。
私達は泣きながらその話を聞いてて、「じゃぁ!」って彼らは敵と戦いに行ってしまう。
私達は、そこから船やら、車やら、馬車?やら、走ったりして。。。新しい場所を探しにばらばらになるのだ。
そのとき、できるだけたくさんの人とハグをして、できるだけたくさんの人とさよならをしてるのね。
その中に、きっとyさんもいらっしゃったのね~。

国立の映像を見ているとね。。。
あぁ、こんな風景だったんだろう。。。って想うのです。
あ、、、妄想話が長い。。

たくさんのミラクルだったんですね。よかったです!
嵐が見つけてくれたってことですよ。
私もファンになり立ての頃は、驚くようなミラクルいっぱいもらったから、きっとあれは
「かとりん、君は嵐国の国民だったんだよ!思い出せ!」って言われてたんでしょうね。

嵐は初めてドームをやるときに、中居君に相談したの。
そのとき、中居君に「ドームの一番後ろのお客さんに向けて、気持ちを届けろ。」って教えてもらったのね。嵐は誠実な子達だから、きっとそのこと今でも考えてコンサートをやっているんですよね。
だから、きっと「yちゃ~~ん!よく来た。よく俺らのこと思い出したね!」って手を振ったんだと想います。
妄想話はつきないので、この辺で。
また遊びに来てください。ありがとね。
2011/01/30(Sun) 23:39 | URL  | 香取 #-[ 編集]
視線
>ぺんたごんさん
そうです。国民でした!爆!

そして、王子達は洗濯もして、風呂を洗って風呂に入ったことでしょう。
パワー入れて置いたルンバ(お掃除ロボット)がバスルームに入って、べっちょになった人もいるでしょう。

視線が流れない。
そうなの。
それが大事ですよね。
私のお友達が、彼らの後輩くんのコンサートに行って、
「まだ、あの子達は何を見ていいのかわからないみたい。客席の中で視線が定まらないんだよね。」
って言っていたことを思い出しました。

お手振りと共に
「今こっち見たよね!!」ってジャニオタがよく使う言葉。。私、ディズニーワールドでも言った。爆!
ほんとに見てくれるんだよね。
大ちゃんなんて、記憶してるって言っていたけれど、彼ら昔からそうなんだって言いますね。
じゃぁ、覚えててくれるてるかな。私、一度大ちゃんに
「ちょっと、こっちこっち。」って呼ばれて?お手振りもらったことある。。ぼや~っとしてたら。爆!
ぎゃはは。

たぶん、私はあのとき「かとりん!国民だったよ。」って言ってもらったんでしょう。

「生きてる」ってこういうことなんですね。
辛いことがあって、悲しいことも、苦しいこともあって
それを越えた人にしか感じられない感覚。
きっと彼はそうなんだと想います。
日々の日常の、王子達にしても大変なことを乗り越えて、あの場所に居て
全てを受け入れられる、そういう幸せの中で実感しているんだろうな。
あぁ、いいな~。。私も行きたい。
国民に戻りたい~。いや、国民です。まだ戸籍あるよね。住民票は抜いてるけど。爆!
2011/01/30(Sun) 23:49 | URL  | 香取 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/31(Mon) 09:25 |   |  #[ 編集]
うちもMacです!
>ヒミツのpさん

見れました!
お騒がせしました。
ゆっくり拝見します~。
2011/01/31(Mon) 12:03 | URL  | 香取 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/31(Mon) 12:17 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/31(Mon) 18:16 |   |  #[ 編集]
今世をまだまだ楽しみましょう
>ヒミツのUさん
コメントありがとうございます。

魂の記憶です。
脳は覚えていなくても、太古の昔からある(ってしつこい表現ですが)
私達の記憶。
たぶん、前世でも今生でも、そして来世でも、1億年後も一緒ですよ~。

いつも嵐と一緒ですよ~。

2011/01/31(Mon) 21:01 | URL  | 香取 #-[ 編集]
こちらこそありがとうございます。
>ヒミツのPさん
結局、Macのせいだったのかな~。

解決!
2011/01/31(Mon) 21:11 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック