日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
アメリカはやるね
2011年01月07日 (金) | 編集 |
juror.jpg

「無理やん。」(byだるん)
「無理無理。絶対無理や。」(byモモ)

ローリンヒルの11時開演、本人12時来るっていう衝撃覚めやらぬ昨夜、またもや夜中のマンハッタンをうろうろしていました。

昨日はメトロポリタンオペラ。
「カルメン」でした。終わったら11時40分くらい。長いねん!オペラ!!
それでも、友人は
「今日は早く帰れそう。」ってゆってました。マヒしてる。。

そして、今日はこんな驚愕の一品をゲット。
これ、何か解ります?

陪審員の召喚状?爆!

あかんやろ~。香取を呼んだらあかんやろ~。爆!
どこまで香取をおちょくってくれんね~~~ん!アメリカ!
まぁでも、この中には決定的な質問があるのだ。
まずは、citizenshipもってへんっちゅうねん。日本人やっちゅうねん。
それから、「英語が理解できますか?」あかんっちゅうね~~~ん!
無罪の人も有罪にしてまうで~。

それでも、こちら永住組の方何人かにお聞きすると
「長年アメリカに住んでるけれど、そんな招待状(召喚状?)もらったことないわ。」

記念のこのお手紙もらっておきたいけれど、ちゃんとお返事書いて投函しないと500ドルの罰金ですとよ!!
アメリカ最後まで私のこと、追い込むね!やってくれるね。

それでも、慌てて永住組の嵐友ちゃんに電話して「どうしよ~~~!!」って相談もしつつGANTZの作戦も立てつつでした。

もしかしたら、こんな風に裁判所に行って国民としての任務を全うするということに、生き甲斐を感じる方だっていらっしゃることでしょう。すみません。私、ご遠慮させていただきますし、国民ちゃうし忠誠尽くしてへんし。ほんますんません。

あ~~~びっくりした。びっくりしたけど、もうネタや。陪審員ナンバーのタグだけもらっとこか。


さて、全然話がかわりますが。
先日、大好きな嵐友ちゃんのブログを拝見していたの。
彼女は、「カウンタを下げるために」出来るだけ「嵐」とかメンバーの名前とかの固有名詞を使わないようにしていらっしゃるんですって。
今の嵐の人気に伴って、知らず知らずにどんどんとご自身のブログの人気が出てしまって、昔ながらのお友達がコメントできなくなっているんだっておっしゃっていました。
だから、昔からの方達が安心してコメントできるように、、、、とブログの在り方を考えていらっしゃるそうです。

なるほど。。。と思いました。

私はまだまだアマちゃんなので、カウンタがあがるのは嬉しいな~って思う。
あぁそれでも、コメントを承認制にしたときは、やっぱり色々考えました。

承認制にすると書き込んで下さった方が、ご自身のコメントをご覧になるのに時間もかかるし、「打てば響く」ような感じは失われますよね。
本当は私も、そのまんまコメントをアップしたいなと思うのです。ここに来てくださるお客さんのことも信じています。ただ、前出の嵐友ちゃんと同じ。。。
嵐はものすごい人気者になった。そしてファンも増えた。。
そして、実は私のブログだって、ずいぶんお客様の様子が変わった、、これは、正直感じます。

基本的に、私のところに来てくださる方はステキな方ばかりだと思っています。
だけど、嵐に味方もたくさんできたけれど、きっと敵も出来たように、ここも実はそうです。

今、昔のブログを読み返してみたりすると、ものすごい辛口なことを嵐に対して言っていたりします。ほんと何も考えないで書いてたな~。知ってる人しか見ていないって思っていたから。
でも、私はどんなに厳しいことを書いても、嵐のことが好きで、だからこそ書いていたつもりでした。そして、私の周りのお友達は、そのこと知った上で読んでくださっていた。

だけど、今はすっごくくやしいけれど、昔のように自由に書けなくなったような気がします。
できるだけ「どうとでも取れる」ような「悪者になりきらない」ような、そういう態度で臨んでいる自分がいる。情けないけれど。

たしかにブログは世界に発信するものですから、不特定多数の人に不快な想いをさせてはいけないって思います。また私達は嵐ファンは、嵐というタレントさんのことを書くことが多いわけですから、決して決して個人を中傷するような内容になってはいけないのです。

でも、、、でも、私の考え書きたいじゃん。。。って思う。私にしか書けないこと書きたいじゃん!って。
(まぁ書いてるけどね。)

もうひとつ「拍手コメント」を無くしたこと。
これね。けったくそ悪い拍手コメントをね。ネチネチくれる人がいたわけ。(ちょ、、ちょっと、かとりん、言葉遣い悪すぎる!たろうより)
私は、よそのブログに行ってコメントをするとき、よっぽど私信を伝えたいとき以外は公開にするの。
それは、「責任」だと思っているの。(アップするか削除するかは、管理人さんに任せたいのです。)
「拍手コメント」は公開にはならないので、だからこそ私にだけそっと応援メッセージを下さる方もいらっしゃって、それはものすごく嬉しかった。
そういう使い方をしてくださる方達との繋がりもいっぱいできたんだけれど、ちょっと気になる拍手コメントが続いたので取り外してしまいました。(去年の話ですけれど)

私、、、こんなですけれど、そういうねちっこいコメントを読んでなんとも感じない、、、っつうほど強くはないのだ。やっぱりものすごく心に引っかかるし、ある意味卑怯だと思うんだ。
だって、ホストも表示されないし、レスポンスもできない、そういう一方的なやり方はないだろう?と。
言いたいことがあるんだったら、こちらに反論の余地を与えて欲しいって思う。

そんな色々な事があって、拍手コメントを閉じました。
これはね。とっても気になっていました。そこでしかお会いできない優しい嵐友ちゃんもいっぱいいたので。
みんな、ごめんなさい。
もし、まだ覗いてくださっていたら、どうぞ普通にコメントしてください~。

でも、私はやっぱり香取以上にもそれ以下にもなれないので、このまんま行きます。
今年もどうぞよろしく。。。って、どんな結び?

あぁでも、こういうことかな。
例えば、マリナーズのイチロー。
ヤンキースタジアムに来たときは、彼がバッターボックスに立つとブーイングの嵐になるの。
日本人の私としては、ちょっとちょっとお客さ~~ん!って思っちゃうのですが、イチローにとってはそれが誇りなんですって。
ヤンキースファンに、自分の存在がちゃんと認識されているっていうことなんですって。
それだけ、イチローという選手のことを相手チームのファンも認めているということ。
それは、イチローにとって、とても嬉しいことなんですって。

まぁ、そんな強くはなれないけれどね。

嵐も色々な風に吹かれてるんだろうな。
のんびりと、優しいそよ風に吹かれているときもあっただろうけれど、
今は強い追い風だったり
ものすごい向かい風だったりもするんだろうな。
ほんとは、聞きたくない言葉だって聞いているのかもしれないし、
傷つくことだって多いかもしれない。
がんばりや。嵐。
うちらはいつでも、追い風やで。

そして、明日、、、また雪やねんて~。
ピアノの先生に「行けへん。」ってメールしたら、「とにかく明日の天気を見てから考えよう。」って返信来た。
休みたい。。。練習もしてへんし。爆!

コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
香取さんのブログ、いつも嵐さんへの愛が感じられて、大好きです。
私は嵐さんファンとしては超新規でございまして、いつも読み逃げさせていただいていたのですが(ごめんなさい)、ブログのお話を読んで、どうしてもコメントしたくなって出てきてしまいました。

香取さんのスタンス、拍手コメントをなくしたこと、そして嵐友さんのお気持ち、……とってもよくわかります。
私も(たぶん香取さんより規模は全然ちっさいと思いますけども^^;)自分のブログが同じ過程をたどっていて、自分ではいかだのつもりだったのが、いつのまにか、あれあれ?旅客船になっちゃった?っていう感じで、戸惑うことが多くなりました。
自分では中傷ではない!って思っても、反響が大きくて書きたいことを(ちょびっと)抑えるようになってしまったり、古くからコメントを下さっていた方が遠慮なさるようになってきてしまったり、……そうなるとやっぱり考えますね。
一方的なメッセージに平気なふりできるほどメンタルも強くないしなあ。
いまは、でも書きたい!だってこれは私の趣味だもん!というスタンスで、ゆるゆると続けております。
そのかわりコメントすべてにお返事することはできなくなりました。とっても残念なのですけれど。

すいません、初めておじゃまさせていただいたのに、自分のことをつらつらと書いてしまいました。
あ、おんなじ思いを抱いているんだ!って嬉しくなってしまって。
香取さんの文章のファンですので、これからもゆるゆる楽しみにしています!
2011/01/07(Fri) 15:51 | URL  | しょぼ #-[ 編集]
ありがとうございます!!
>しょぼさん
思い切って公開コメントくださってありがとうございます。

そう言えば、もともと私は、コメントを通して色々な方と語り合いたいって思っていました。
例えば、今日のコンサートの彼らの態度はどうなの?あれってアイドルとしての自覚はどうなの??というような内容を。
今でこそ、彼らは頂点に登ろうとしていますが、かつては「もっともっと」がんばってほしいことが多くありました。私の声は届かないかもしれないけれど、伝えたいと思っていました。彼らにね。爆!
まぁでも、私の嵐!って思っている部分も強く、傲慢な気持ちもありました。

今は「みんなの嵐」ですからね。彼らの周りには色々な方の想いが存在するのですものね。

ただ、どんなに彼らが成長しても、やっぱり「なんでもかんでもいい」とは言いたくないですよね。ファンとしても人間としても、、、、。という気持ちです。

書きにくいことを書いてくださって、感謝です。
たぶん、自由気ままにブログを運営してきた多くの方が抱く想いなのでしょうね。
それでも、たくさんの方に読んでもらえるのは、とっても励みになるものですけれどね。

しょぼさんも気ままにゆるゆるがんばってくださいね。
私も、このまんまで、きっといきます。爆!

勇気を出してコメント残してくださって、本当にありがとうございました。
2011/01/07(Fri) 20:58 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック