日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
フリ家、最終回
2011年01月04日 (火) | 編集 |
いや~~。。遅いけれど。
よかったよかった。

二ノらしい役柄で、よかったよかった。

誠二が、千葉ちゃんにちょっと雑に扱われてるのが、なんか嬉しい~。
千葉ちゃんも入って二ノファミリーがそろっての最後の写真。
なんかよかった~。

私としては職安の人と神社の前で会ったとき、「綺麗な人なんですか?」と聞かれ
「ええ、、、、すごく。。」みたいに答えている誠二が嬉しかった。
だって、決して千葉ちゃんの見た目に惹かれたわけじゃないはずなのに、やっぱり「この人きれいだ。」って思っていたっていう、普通の男の子誠二君がよかった!

お父さんが最終回に何度もにっこりするのもよかったし、お姉ちゃんがご主人と解り合えた(てか、あの俳優さん、、、なんか地味だったけれど、、、)瞬間も嬉しかったし、

何よりも、
「引っ越すから。」って二ノが言ったときのお母さんの涙。

最終回ひとつまえに、お母さんが買ってくれたお守りを抱いて泣く二ノの演技もすごいな~って思った。
だって、演技じゃないよね?これ。
こういう泣き方って演技でできるの?

二ノがきれいな涙を流すの何度も見てきた。
「青の炎」で蜷川さんに「どうしたら、あの場面で涙が出るの?」って聞かれて
「沸点があるんです。」って言っていた、たぶんまだ十代の二ノ。

「優しい時間」では、富良野のファミレスですっごいきれいな涙を流す二ノを見たときも、感心したっけな~。

いつも思うけれど、二ノはほんと「きれいな涙」。。だな~。

私には、相葉ちゃんは天使にしか見えないんですけれど、二ノは「妖精」にしか見えない。(おかしいですか?爆!)
まごまごボート部で、相葉ちゃんの姿をバスの窓をちょっぴり開けて見てる二ノ。
あの瞬間に「この子、妖精じゃないの!!?」って思った。

私の信じているエンジェルの世界には、人間はもともとエンジェルだったり、宇宙人だったり、妖精だったり、鳥系の妖精だったり、虫系(背中が蝶とかトンボの羽根ね)の天使だったり、、、、そういうものに分かれるって話があるんですがね。
(これも、おかしい?私。。。爆!)

二ノは妖精だって思う。

ず~~っと前のスタンドアップのときに、ちょっと猫背でランニングシャツなんか着てそうな、、、筋肉のないような、ずっとお家でゲームやってる(実際に)二ノが、二ノらしいな~って思っていたけれど、今回の誠二君も二ノってこんな風かな?って思うことがいっぱいあった。

いやもう、二ノくらいのタレントさんだったらもうこんな感じじゃないのかな。
慎吾ちゃんが
「街で迷子になったら、周りにいる人に聞けばいいんです。だって、みんな僕のこと知ってるから。」って言っちゃうような、ちょっと一般人とは違う感覚、、
二ノもそういうの、もう持ち合わせてるのかな。
たしかに、そういう割り切った気持ちを持っていないと、あの世界じゃ気持ちよく生きても行けないんだろうし、そういう感情をもつことで自分を守る必要もあるんだろう、、、でも。

なんだか、お父さんとマジに言い合ったり
お母さんのことを大事にしたり
雑誌なんか読みながら、お姉ちゃんの愚痴を聞く
きっとどこにでもある風景が、二ノにはとっても似合う。

ゲームニッキを書いていた頃は、ずいぶんお母さんの話題を読んだ気がします。
私にとって印象深いのは、お母さんが二ノのお迎えに車で来てくれたり、逆にお母さんを駅まで二ノが送っていったり、、っていう、その車での中のやりとり。
私はSMAP歴も長いけれど、決して自分の生活を見せてこなかったSMAP兄さんとは、確実に違う世界が嵐にはあったんだよね。

そういうのが、彼の演技を見てて十分想像できる。
それがきっと二ノの演技の特徴でもあるんだろうな~。

さてと、今月20日はGANTZの全米先行公開です。

な~~んにも、情報はないんで普通に上映しちゃう?
マンハッタンだけで3館も上映館があるんだけれど、どんな感じになるんだろう。普通?爆!
普通でいいの?どきどき・・・・。

それにしても、いいドラマでした。
脚本がいいとかキャストがいいとか、原作のこととか、、、全て抜きにして、なんだかいいホームドラマ見たな~って思いました。

大友康平さんの社長もかっこよかった。
千葉ちゃんの、さばさばした性格も好きだった。
マルもかっこよかったな~。うん。やっぱマルかっこいいんだって。

なんだか、ふわ~~~っと終わったこのドラマ。
きっと「魔王」みたいに衝撃的なものは残すシナリオじゃなかっただろうけれど、
なんだか、きっと。日本の皆さんにとっては、毎週出会える武ファミリーが、もうそこにいなくなっているっていうことは寂しいんだろうな。
なんだか、隣にいて欲しい家族だったですね~。

2011年も新しい嵐がいっぱいなんだろうな。
まずは心してGANTZに飛び込むぞ。
コメント
この記事へのコメント
妖精!
香取さん、明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします
このエントリー読んでひっくり返りました。
元旦にやった嵐にしやがれ、後で見て下さい~。
妖精な二ノ大ちゃんが見られます。
何かシンクロしてますね。
そちらも大雪のようですが、お気をつけて~。
2011/01/04(Tue) 14:14 | URL  | 千鳥 #-[ 編集]
大ちゃんも?
>千鳥さん
彼らは、このどろっどろに汚れきった日本に、ぽんっと天から落とされた「天使」や「妖精」やもしかして、、、大ちゃん辺りは「宇宙の人」だったりして。

私は実は、そのエンジェル理論でいくと、「宇宙人」らしいです。爆!

その「しやがれ」の二ノの妖精っぷりを見てみたいですね。
多くの人を幸せにして、楽しい気分にさせて、自分たちでは傷つくことも多いんだろうな~がガーディアンエンジェル達は。
どうも、、、近頃のメンバー見てると生身の人間じゃないように思えてきたりもするのだ。
おかしいですか~~!!
2011/01/05(Wed) 02:31 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック