日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
さぁ、何から書こう。。
2011年01月01日 (土) | 編集 |
紅白歌合戦が終わって、数時間が経ちました。

さぁ、何からここに書けばいいのかしら。

彼らが見ていた「てっぺん」は一体どこだったのか。
どんな風景だったのか。
私達にも、もちろん嵐自身にもそれははっきりと見えないものだったけれど、
それを、ひとつの形にしたもの。
きっと「紅白歌合戦の司会」は、そのひとつを形にしたものなんだと思いました。

昨日は、お友達と夜中までDVDを見ていて、2時半に寝て。。。
だけど、、、心臓がどきどきしてきて眠れなくなった。
あぁ、私って、結構筋金入ったファンだったんだ。。。って、ふとんの中で今更思った。爆!
アメリカと日本の時差は14時間。
朝方の5時を時計で確認したとき、、、「あぁもう、始まってる。」って思った。

人間って不思議なものね。
嵐はもうずっと遠くにいる子達なんだけれど、なんだこのドキドキは。。。
何にも心配してないの。
相葉ちゃんが噛むとか、そんなこと心配していない。
きっと、NHKさんは「アナウンサーのように話してください。」って嵐に望んでいる訳じゃないんだ。

20代の一生懸命に夢を叶えようとしている、その道の途中にいる彼らに、「彼らの言葉」で伝えて欲しいだけなのだから。

大ちゃんが「大丈夫です!」っていのっちに言ったとき、あぁもう突き抜けたんだなって思ったから、何にも心配することなく今日を迎えるんだって思ってた。
それでも、ひとりで見るのには勇気が必要だったので、お友達に来てもらったんだけれどね。

だけど、眠れない上に心臓の高鳴りが止まらない真夜中、あぁ嵐は今、色んな想いと戦ってるんだと思ったら、このまんま眠らないでこの気持ち受け止めていようって決めてそのまんま朝が来た。

それにしても、嵐の司会はほんと素晴らしかった。

最初に松下奈緒さんと5人が並んだ姿が見えたとき、涙が出て、そして、翔ちゃんの第一声に安心した。
TOKIOが客席の通路を通って、飛びっきり楽しく盛り上げてきてくれたとき、感謝した。
つよぽんが、「あ、、、僕は地デジのお知らせのために出てきたんですけれど。。。」って、変な間の後に話し出したとき、慎吾ちゃんが地デジカになってくれたとき、さりげなく励ましてくれる先輩の存在が、ほんとうに嬉しかった。

前半の相葉ちゃんのたたみ掛けるような司会っぷりとものすごく楽しそうな表情と(絶対に、楽しいね、楽しいねってメンバーに話しかけてるよね?)、後半のやり遂げた感の表情。(電池抜けた?っていうような。。。爆!)
二ノのその場の空気をぱっと変えてくれる一言一言。
大ちゃんのナレーション。。。やっぱりいいな~。
それから、前半静かだった潤君が、相葉ちゃんとバトンタッチするように話し出す後半。(なるほど、そういう役割分担ね?)
やっぱり、翔ちゃんの語りは引き締まる。場数を踏んでいる翔ちゃんにしかできない軌道修正。

普段あんまり話さない城島リーダーが
「見事な司会やな。」って声をかけてくれたこと。きっと、ほんとにほんとに彼らに「今。ゆったらなあかん。」って伝えてくれたんだよね。ありがとう。城島君。
そして、中居君が嵐の紹介をしてくれたこと。中居君がひとりで話し出したときも涙が出た。
あの場面は嵐にとって何よりの贈り物だと思った。
「よくやった、お疲れ様って言いたいけれど、まだSMAPの紹介が終わっていないから。」と、ちょっと厳しい先輩の役を買って出てくれる中居君。ありがとうございました。

あぁ、嵐はたくさんの方達に大切に大切にされて、そして愛してもらっているんだなぁと思いました。
前日の紅白特番のなかで、大先輩のひとりひとりにインタビューする嵐と松下さん。
おひとりおひとりをお迎えするときの、5人の緊張感に満ちた表情と、一生懸命にメモをする姿。
彼らが必死にメモってる姿なんて、私、今まで見たことないよ!
そうやって真摯に諸先輩方に向き合おうとする彼らの姿に、きっと多くの歌手の皆さんが
「がんばれよ。任せたよ。」という気持ちを預けてくれたんだろうな。

どの方を紹介するときも、なんだか全てがしっくりきてて、まるでそこに嵐がいるのが当たり前みたいな空気があった。
きっと彼らはある瞬間に、もっていたネガティブな緊張感とか気持ちとかそういうもの全てを、すぱっと脱ぎ捨てたんだと思う。

なんだか、扉の向こうに一気に飛び出すように。

心配したり、不安になったり、緊張したり、わくわくしてたり、どきどきしてたり、困ったり、追い詰められたり。。。
嵐を見ていると彼らのその時の気持ちがとっても分かって、だから「応援したい」っていうファンも今までいっぱいいたんだと思う。
そして、何より、そんな気持ちを持ちながらも、彼らは最大限の努力をする。
自分と戦う。
必ずベストを尽くす。
そして、ある瞬間に持っていた力を全て発揮する。
爆発させる。
成功に導く。
もちろんそれは彼らが持って生まれた才能であり、これまでの人生で育てられてきたものだけど、やっぱり彼らの果てしなく深く、自分自身をえぐっていくような努力のたまものであるに違いないのだ。

大晦日の紅白歌合戦の司会という大役を終えた彼らは、またさらに高いハードルを目の前に、置くんだよね。
しかも、きっと自分たち自身で。
だって、それが嵐だから!

それから、忘れてはいけないのだ。。。
大トリのSMAP。
あぁ~~~、、、もう、SMAPはやっぱりかっこいい~~~!!ってファミクラ15年の私は叫びました。
5人が横一列に並ぶとき、
そして階段を下りてくるその姿。
なんてなんて自信に満ちあふれた姿なんだろう。。。って、嵐をず~~っと見てた香取は、改めて思いました。
この大きな背中が、嵐の目の前にどーんとそびえ立つ。
そして、私の大好きなTriangleをここで歌ってくれるなんて。。。
あぁ、私はやっぱりSMAPが好きだ~~~!!って思った。
誇り高き大先輩。
嵐はなんてなんて、かっこいい先輩をもっているのでしょう。
ちびっこ嵐が司会に抜擢されたことで、より輝いて見えるSMAPの5人の立ち姿に。。。なんだか感動しました。
ほんっとに心から感動しました。

世代交代とか世間では色々言うけれど、そんなん違うわ。
ちゃうねん。
そこにSMAPがいて
そしてTOKIOがいて、V6がいて
キンキがいて、、、そして嵐が今の場所にいるねん。
どんなに駆け上がろうとしても嵐がまだ駆け上がれないその絶壁の上を、颯爽と歩いていく後ろ姿。

嵐ばっかりなんだか話題になって、NHKさんでも「あの嵐が!」みたいな宣伝ばっかりするけれど、嵐の前にはかっこいい先輩が歩いてるんだな~。。。って、ものすごく強く感じました。

また、意味不明な内容になってきましたが、あまりの寝不足のせいでこれから寝ます。
夜9時から、紅白歌合戦の再放送があります。
もう一度しっかりと見るね。

最後に。

お疲れさま。
相葉ちゃん、翔ちゃん、二ノ、大ちゃん、潤君。
それから、
世界中に、届けてくれてありがとう。
ありがと~~~!!
花マルじゃ~~~!!よくやった~~~~!!がんばった~~~~!!
ぎゅ~~~~~~~!!(香取が5人をハグしてる効果音です。)

そして、嵐友ちゃん達~!

HAPPY NEW YEAR AND PEEEEEEEEACE!!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック