日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
やられましたわ。
2010年12月29日 (水) | 編集 |
かと言って、、、写真を撮るわけでもなかったんですけれどね。

う~~ん、きっとこういう大雪って、本州の人からしたらものすごいことなんでしょう?
でも、かとりん、住民税払ってないけど、道民なんで、、、あんまり驚かない。

てゆうか、世界のニュースになってることに驚く。

アメリカ東海岸、ちょっと死んでます。
なんでも、JFK、ニューアーク、そしてラガーディアもみんな閉鎖になっちゃったそうですね。(いまは、ぼちぼち?)

日本に居るとニュースなんかがしょっちゅう流れて、しかも日本語で
「大荒れでしょう。」とかって聞こえてくるから、ちょっと気合い入るんですけれど、こっちだと私はヤフーの天気予報をチェックするくらいなんです。

だから、日曜日の予報は「雪」でした。
あ、、、雪ね。。。。程度でした。

しかし、夕方からぱらぱら降り始めた雪、「塩カル蒔いとく?」って言っている間に吹雪に。
しかも、夜中にケーブル回線がダウン。
こうなると、私の家は「テレビ」「電話」「インターネット」というライフラインが使えなくなるのです。

ふて寝をした次の朝。
外はえらいことになってました。
あまりの降りように、除雪車も夜中に1回通ったくらいで諦めてる。

やっと雪が止んで除雪開始です。
今回は吹雪だったので吹きだまりというものができていて、ものすごく積もっているところと、そうでもないところがあるわけ。
うちの場合は、ドライブウェイのガレージ側が全然積もってなくて、ストリートに近づくにつれて深くなっていく、、、という、どんどんやる気を失う感じの積もり方でした。
しかもストリート側は雪が止んだあとに通った除雪車が、さらなる雪を山積みにしていってくれてる。

それでも、今年はドライブウェイの両側の雪を積んでいいとオーナーさんに許可をもらったので、最悪ではなかった。。。がやっぱり除雪はきつい~。

アメリカのお家って塀とかがないお家が多いので、うちと隣はどこまでがうちで、どこからがお隣かがわからない芝生続きなのです。よく、北海道では人の土地に除雪の雪を入れちゃってトラブルになったりすることがあるので、去年まではお隣側には除雪の雪を積まないようにしていたのです。
しかし、それも限界だ。
降っては除雪、除雪しては積む。。。これを繰り返していると、うちの家とんでもない雪山が誕生して、もうこれ以上高くは積めません、、、という感じになっていました。
オーナーさんに聞くと、ドライブウェイから1メートルくらいはうちの土地だから、積んで大丈夫と言われて、思いっきり積む。

まぁ見ていたら、除雪機使っている人は、他人の土地に飛ばし放題みたいだし、結構アメリカは適当かもね。

それにしても、除雪機をもってる人と同時にやりたくないね。除雪は。
うちのお向かいさんが、さっさかとご主人が除雪機で雪をはねて、奥さんがその残った雪を掃く。
そんな人達とはやりたくないので、ずっと終わるのを待ち構えて外に出ました。

斜め前のお宅もお兄さんが(おじさんが)ひとりでシャベルでの除雪をしていたので、何とも言えない気持ちが通い合うのね。。。この距離で。
20メートル以上離れているのに。
ときどき、見つめ合うのだ。。。
「大変やね。」
「えらい、降りようやったわ。」。。というような。

昨日もお話ししましたが、午後2時からの「あさイチ」で嵐がいのっちのインタビューを受けるというのを知っていたので、なんとか2時までベストを尽くそうと私は努力をしておりました。
家族にも、「2時には上がるから。」って何度も何度も念を押し、そんなとき、おとなりでひとりぼっちで除雪していた若者が、シャベルを持ってやってきた。

「助けが必要でしょう?」って。。。
いや。。。今?今来るか~~~・・・と断り切れず、家に戻れず、、、勘弁してくれ~。。。って感じで作業が続きました。
ええ、おかげでお部屋に戻るともう嵐のインタビューが始まってて、、涙です。。。

それにしても、アメリカの男性は本当に優しいですね。
お隣のお兄ちゃんと、うちらは今まで一度たりとも言葉を交わしたことがないのですよ!
あ、、、私が以前、庭の水まきしてるときに「Hi!」って言われたくらい。
それだって、よくお兄ちゃんが声をかけてくるもんですよ。
日本だったら、ないでしょう?
若いお兄ちゃんが、お隣の人に「あ、、、元気?」みたいな会話。

そして、お兄ちゃんはものすごいスピードで、ものすごいbig helpをしてくれて、そして
「僕の名前はショーン。君たちは?」ってここで自己紹介か~。

なんでも日本の野球チームはいっぱいあるよね?とか知ってて、ヤンキースのファンだってゆってました。
ヤンキース球場行ったことある?とか、誰のファンなの?とかそんな話をしつつ。。。
ありがたいものだな~と、つくづく思いました。

私も日本に帰ったら、困ってる人にはどんどん声をかけたいな。。。できるかな~。
きっと、この大雪でアメリカ東海岸ではたくさんの「ありがとう」物語が生まれているんだろうな~。
今朝ニュースを見ていたら、この大雪の中、スキーで出勤している人がいた。
絶対せーへんやろ!そんなこと。日本人は。
こんな状況も、全部楽しい気分に変えていくのが、アメリカ人のすごいところだよな~~。
色々見習いたいこともいっぱいあるもんだ。

で、大雪の今朝。
自分の住んでるところは除雪がうまいんだけれど、ちょっと離れたところにいくと、恐ろしくへたくそだったりして、びびりました。なんせ夏タイヤですからね。絶対的に信用できない。
でっかいトラックが動けなくなっていたり、まだまだ危険ですな。

なんでも190年ぶりの大雪ですって。
190年って、誰がそれを見ていたのか。
誰一人見ていないだろう。

だけど、190年ぶりの大雪です!ってニュースでゆってるところがアメリカ~。
(日本のテレビだけどね。)
コメント
この記事へのコメント
私もやられてました
かとりさん

あけましておめでとうございます。
もろもろのご返信が遅れてすみません。
ええ、この雪にやられた一人です、わたし。

12/22からフロリダ方面に行ってまして、
28日帰りだったのが、飛行機飛ばず。
飛行機の補給が間に合わなかったのか?

リブックはは早くて1/3と言い放つjetblueの
おやじ。

ふざけんな~、紅白見れないじゃんか!
予約録画も7日前からしかできないから
してないし!

ということで、空港の床に座り込んですごい
勢いでネット検索し、他社の飛行機をもぎ
取って31日夕方6時に戻ってきました。

なんかもう、疲れた~。今日もぐったりです。
紅白の感想はまた後日!!GUANZもせまってますしね!
2011/01/04(Tue) 11:54 | URL  | なお #TBb5cWT2[ 編集]
おつかれさま~~~!!
>なおさん
ご無事に生還。
フロリダ吹っ飛ぶね。。。
よく帰って来れましたね~。ほんとお疲れ様

なんといっても、ニューヨーク全ての空港が2日間にわたって死んでましたから。
まぁ私はどこにも行けなくてぶーたれていたので、人の不幸を聞いて笑っていましたけど。。。うふふ。

あれっきり雪の「ゆ」の字もないですが、このまんま平穏に春まで言ってくれたらいいですね。

そうそう、GANTZもう1館上映するけれど、どうします?
って私信か。

また打ち合わせしましょ~。
2011/01/05(Wed) 02:25 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック