日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
平家派サイコ~!!少年倶楽部プレミアム
2010年12月27日 (月) | 編集 |
HEIKEHA.jpg

「おひさしぶり~。近頃写真撮ってもらえへんから、お願いしてアップで登場~。」(byたろう)

あ===!!もう!
昨日、見たよ!
少年倶楽部プレミアム、クリスマススペシャル!
ゲストは平家派だ!

嵐のインタビューとかあったけど、それ、、、忘れちゃうくらいの平家派パワ~~!

実は大好きなんです。平家派。
あれは3年前♪(ふるっ、歌いなや~。)
「剣の舞2008」はもう、どんだけリピったか。
だってね。あれはね。
MAががっつりメインで歌わせてもらっているのだ。
光ゲンジの役をさせてもらったのが、MAとMADだったのだ。
で、屋良ちゃんが諸星君役。
センターでしっかり歌わせてもらってる、しかもむちゃくちゃアイドル顔で歌ってる屋良ちゃんと、後ろでそのオーラをしっかりしまいつつ、カウント取りつつ、息を上げつつ、見切れつつ、ターンできない。。。明らかにMAに引っ張られまくりの「平家派」。

ちょうどもうアメリカに来る直前で、くたくたになっていた日曜日の夕方。
大爆笑の嵐。
そしてリピの嵐でした。

その平家派の皆さん、FNSに出られたのですね!!
思わず、ゆちゅぶさんで確認してきました。なんとなく初々しい平家派を。

30代を越え、もはや城島君は40代になったという円熟の6人。
ユニットを越えて、当時のジュニアの繋がりがまだ続く、その友情!
素晴らしい。

今年は嵐がカウコンに出るかどうか?って微妙だけれど、私、やっぱりカウントダウンでたくさんのユニットが集まって絡まるの大好きでした。

例えば、翔ちゃんとすばる、ヨコ、ヒナちゃんがダンスしてるのを見たときは、とっても嬉しかった。
二ノが太一君にくっついてるのも嬉しいし、
やっぱり大ちゃんと町田さんが傍に居るだけで嬉しい。
去年は、バックでダンスしてるMAが、3人で笑い合ってるのが何より嬉しかったな~。

デビューしたって大変だろうけれど、ジュニア時代だってやっぱり辛い時代だと想うんだ。
まずもって自分の意志は通らないわけだし、やっぱり「辞めるべきか」なんて想う時期もくるわけだし。
実際、平家派では長野君や坂本君は一度離れているっていうのが、おもしろいな~って想う。
普通の人の生活を体験しているだけで、きっとあの世界では強いと想う。

MAでは町田さんも一度事務所を離れているわけだし、大ちゃんだってずっと辞めよう辞めようっていう時期が続くわけだし。
そんな世界の中で、このお仕事を続けた平家派の6人は、今ものすごい立ち位置にいるんだな~って想う。

そして、今6人の誰もが、自分のいる場所に自信もって立ってるところもかっこいい。
うん、何よりね。並んで座っている6人はかっこいいんだよね。
それは、ひとりひとりがちゃんと「人生」を背負ってるからかな。
きっと、ものすごい高いところに登っちゃった嵐だって、平家派はかっこいい!って想っているに違いない。

V6だってTOKIOだって、たくさんのレギュラー番組やら忙しい忙しい時代を経て今がある。
そこをくぐり抜けていけば、そういう世界があるんだな~って。。。想う。

だからいつの日か、
大ちゃんと町田さんが舞台でもう一度共演するとか、
翔ちゃんと米花君がシンメでもう一度踊るとか。
同期のタッキーが屋良ちゃんをひょいっと引っ張り上げてくれて、彼の力以上の、数倍の力を引き出してくれたように。

平家派の皆さんは、「みんなちゃんとやってきたから、今こうやって一緒に笑える。」って言ってたけれど、決してそれは簡単なことじゃない。
それをさらっと笑いながら言えるところが、あの人達のかっこよさなんだよね。

そして、アーティストであること。
前回Graduationを歌ったときに、太一君が「坂本君が歌がうまいから、周りがぶれない。」って言っていた。違うユニットでありながら、あれだけのチームワークが取れるのってほんと素晴らしいし、何より楽しいんだろうな~。デビューしたいって言いつつ、利害関係ないものね。

太一君は、曲をアレンジしてピアノで支える、、、あぁアーティストだ。ずっと彼はTOKIOの忙しいときも音楽作りしてきたもんね。よく翔ちゃんが(そういえば、翔ちゃんだってやってたじゃん!)太一君に楽器のこと相談してたんだよね~。こうして、自分のやりたいことを追求している先輩が傍に居るって、嵐メンもほんと安心だよね。

特にTOKIOはバンドという形でやってきたということもあり、ひとりひとりのやりたいことが見えててかっこいい。コラボの長瀬君も、なに!あの渋さは!
そして、すばるが、、、なんか、「こんな人、おるおる!」っていうような大阪のおっちゃんの顔になっててびっくりしたで。エイトのバンドも味があるよね。みんな歌えるし。

山口君が泣いてるのに、感動した。
桂三枝師匠にきっと大切にしてもらってきたんだね。ちゃんと心の隅っこにお互いの存在があって、そういう再会って驚きだろうし嬉しかったんだろうな。感動しちゃった。

それからね。
いのっちの存在の大きさ。
実は北米東海岸、昼の2時から「あさイチ」やってまして。
毎日ではないけれど見ているんです。
いのっちと、有働さんと、そしてNHK解説員の柳澤さん。
この三人のバランスが最高によいと思って見ています。まず、有働さんのはしゃぎよう。
柳澤さんのリラックスの仕様。
そして、いのっちのまとめよう。
「てっぱん」のすぐあとにやってるんですよね?(日本では)だから、始まるときにときどき泣いてるいのっちと柳澤さん。

ちょっと前のプレミアムで、柳澤さんといのっちが出たときに
「NHKは変わらなければならない。」って柳澤さんがおっしゃっていたでしょう。国営放送でありながらも色々な問題をもっているNHKの渦中にいるベテランの発言と、それをいのっちの存在に託してくださる懐の大きさ。。。
あれ?平家派だよね。

そうそう。いのっちの存在ってすごいな~と。
そして、平家派の中のいのっちの立ち位置も、よかったな~。
上手に太一君をサポートしつつ、おもしろいネタは全部もっている。
きっと一番年下だから、いろんなことを見てきていろんなことを感じてきたんだろうな~。

最後に歌ったSTAY WITH ME。
まぁまぁ!!これもなんてかっこいいこと。
そして、それ以上に岡本君が
「平家派の皆さん。。。平家派ってなに?」みたいなコメントをしてるところにも爆笑したし、そんな岡本君を「かっこいい~。」って言ってる平家派の6人は、やっぱりジュニアだったんだねって想った。

そういう繋がりが好きだ。
困ったときは、即社長に話せるような風通しのよさもいいな。
嵐の5人もちゃんと話してるのかい?
キンキのふたりなんか、やっぱり困ったときにはジャニーさんに相談するよねって言うし、カツンの亀ちゃんとかゆっちとか仁だって、乗り込んでるじゃん。長野君だって。

昨日、この記事書いてアップしようとした瞬間、猛吹雪のためにケーブル回線が全部ダウンしまして。。。
うち、ケーブルがだめになるとテレビ、電話、インターネットが全部だめになるのだ。
いつもながらに想うけれど、アメリカって、、、自然と闘ってるわ。

だらだら書いちゃったけど、アップしちゃいます!




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック