日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
5人の目線
2010年12月22日 (水) | 編集 |
先ほど、ツィッターのお友達に教えてもらって、こちらの夜九時からの「もうすぐ紅白、予習SP」を見ることができました。
日本ではいつ放送されたのかしら。
結構、追いついてるでしょう?北米。

さて、嵐がインタビューに出ましたね~。
私ね。
あんだけ追っかけ生活していたのにね。
今ね、日本でどんな感じか、普通にわからないんですよ。

アメリカでもちゃんとリアルタイムにテレビをご覧になってるファンの方もいらっしゃいます。
でも、私はお友達任せで、何曜日に誰の番組がやってるかとか知らないし。
はっきり言って、ヒミツちゃんが何曜日とか、宿題くんが何曜日とか、、、てもうその番組終わってるし。。。全然知らなかったりする。
今の時代に珍しい海外嵐ファンですわ。
まぁでもそこには、ネットを使わずにお友達のDVDで楽しむという、私の、、、小さい心意気があるのですけれど。

前置きはさておき。
本日はちゃんとリアルに見ることができました。
家族が8時過ぎに帰って来るなり、
「9時から見るから。嵐出るから!。」と宣言したのだ。

紅白の司会に決まったという映像から、5人一人一人のインタビューが出ましたね。
スーツの5人。しかも、とっても上品なスーツに身を包む5人が、誇らしいです。

私ね。
久々に感じました。
5人がテレビに出てて、それに緊張するという自分。
心臓がバクバクしちゃいました。
そして、泣きそうになりました。

去年の紅白の様子が流れたり、そのときの5人の気持ちが語られるこの数分の映像に。

翔ちゃんの「原監督にグータッチしにいくマツジュンを、いいな。。。って思って見てました。」という場面には、大爆笑。
相葉ちゃんの何ゆってるんだか、テンションの高い、紅白歌合戦の感想も。。。爆!
二ノの、「子供だったので寝てました。」を繰り返す、いつもの空気を読まない感じは清々しかったし。
うん、きっと「紅白だからって、僕らのスタンスは変わらないよ。」って言いたかったんだよね。
それから、潤君の「僕らいつもカウントダウンに出てるから。」っていうのを、すらすらっと言っちゃうところにもなんだか彼らしい気持ちを感じました。
もちろん、大ちゃんの「リハーサルを何度も何度もしました。」って言うのは、あぁ嵐らしいなって思いました。
きっと、ステージでのリハだけじゃなくって、移動車の中でシュミレーションしたり、楽屋で立ち位置の確認を何度もしたり、何度も変えたり。。。そういうこと、きっと嵐は相変わらずやってるんだろうなと思いました。

そして、5人の目線って、きっと私達とあんまり変わらないところにあるんだろうなと思いました。。
うん、それはね。
昔からそうなんだ。嵐は昔からそうだった。
クラスの男の子、近所のお兄ちゃん。
できるだけ、普通でいたいから自分で車の運転もするし、電車にも乗るんだ。地元の友達とも遊ぶし、、、それがずっと彼らの当たり前の歩き方だったと思う。

あんなに華やかな世界にいるのに、普通のお家の食卓でご飯を食べてて、
あんなに輝いてるのに、家族で過ごしていることが話題になる。
あんなにも努力家で緊張感があり、そして切磋琢磨もしている5人なのに、兄弟みたいに仲良しなんだ。

まるで視聴者のひとりみたいに初出場の感想を言う5人を見てると、なんだか泣きそうになってくる。
そして、また、ものすごく緊張もしてきました。
5人の紅白の司会。

私、こんな予習番組見てるだけでも緊張するのに、だいじょうぶやろか。。。紅白。。しかも司会やで。。。って。
と同時に、自分が今でも嵐の番組に緊張するんだ。。。って、ちょっと驚いた。
昔は色々緊張したな~。
いちばん緊張したのは、やっぱり「24時間テレビ」だったな~。
だって武道館のステージの嵐がカチカチだったんもん。
相葉ちゃんの初めての「動物園」もそうだし、翔ちゃん主演のミュージカルや、大ちゃんのドラマ!ハリウッドに行っちゃう二ノに。それから、潤君の舞台とか。

きっと紅白の司会もそうなんだろうな。
SMAPやTOKIOのお兄さん達は、5人を「助けたい」って思うことがいっぱいあるだろうな。
きっとTOKIOの紹介の時とか、メンバーはほっとしたりするんだろうし、SMAPの紹介はもっともっと緊張したりもするんだろうな。(中居君にマイク外されて何か言われたらどうしよう。爆!)
そして、そうそうたる歌手の皆さんを紹介するだろう嵐。
生放送で、世界中に流れるこの番組を司会するという、重責。
あぁもう、考えただけでドキドキしてくる。

私はずっと「嵐が変わる」ってことが何よりも恐かったけれど、今いちばん心配なのは、「自分のこと」だったりする。
嵐のことはずっと応援していくんだ。
それは決めてるけれど、きっと日本でずっと一緒にがんばってる嵐友ちゃんくらい、私ががんばることが今、できるかな?
そう思うと、これからどうなっていくのかなと思う。

だけど、今日、嵐がうちのリビングのテレビにふわっとやってきて
いつもの5人の目線で
こっち側にいる私達とおんなじような目線で自分の想いを語っているのを見たとき
そして、それに大爆笑したり、ちょっと泣きそうになる自分がそこにいてね。
なんかちょっと安心した。

これが私と嵐の関係。
この距離感。
日本に居ても
アメリカに居ても。

がんばれ!
打ち合わせとか忙しいんだろうな。
自分の歌もあるし、頭の中がごちゃごちゃになってるんだろうな。
だけど、100%の準備と何度も話し合って、乗り切るんだよね。5人は。
楽しみだな~。
年末にアメリカで嵐に会えるなんて。
楽しみだ~~!!
ありがと~~~!!
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/23(Thu) 01:37 |   |  #[ 編集]
それはドキドキしましたね~
>ヒミツのsさん
それは、ドキドキしましたね。zeroの初回。
私の印象は。。。。翔ちゃん、スーツから出てる首が意外に太い。。。
それから、翔ちゃんのネクタイの幅はあれでいいのか?・・・それから、
翔ちゃん、指示棒を伸ばしたり縮めたりしすぎ~~~!!ってことでした。
思い出されました?うふふ。

今や、ひとりひとりがゲストで出かけていっても、全然緊張せず見ることができるし、それぞれのバラエティでは楽しそうな5人がいる。
いつだったか、卓球の愛ちゃんが翔ちゃんに(たしか、、、、)
「慣れるってことは、成長が止まるってことです。」って言っていましたよね~。
嵐はなんでもさせてもらえるようになったし、色々なステージに上がることが出来るようになったけれど、きっとこれからも「未知」のものにトライしていくのでしょうね。

それが、嵐ですものね!
2010/12/23(Thu) 02:04 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック