日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ここがはじまり
2010年12月18日 (土) | 編集 |
PIGUTOMO.jpg

「かとりん、かとりんも昔そうやったやん。」(byたろう)

近頃アメーバピグにも顔を出して遊んでいます。爆!

昨日はちょっと嬉しいことがありました。
香取世代の集まる広場があるので、よくのぞきに行くのです。
そこで、おふたりの方が「嵐が好きなんです。」「嵐歴何年ですか?」なんて、お話をされていたの。
なんだかその会話がかわいらしくて、ついつい「仲間に入れてください~。」なんてお声をかけさせていただいて、しばしおしゃべりをしました。

その方達は、嵐を大好きになって2年くらいの方達でした。

なんだかすっかり私も「古株」気分になっている昨今ですが、思えば少し前までは先輩ファンの皆さんに、「大ちゃんの舞台にお花を持って行ってもいいですか?」って意味不明なことを聞いたりしていた時代がありました。

彼女たちは、私が2003年くらいから嵐が好きっていうことを話すと、とっても感動してくださいました。
(まぁFC入ったのは2004年1月って感じなんですが)
私がアメリカにいて嵐を応援しているというお話をして、去年のコンサートにはがんばって行ったけれど、今年はお休みです、、、って言ったら、そりゃもう大層感動してくださいました。

「コンサートに行かれたってことはFCに入ってらっしゃるんですね。すご~~い!!」って。
そして
「二ノは、演技がとってもうまいですよね~~!!」って。

知らない間に私の周りには、筋金入りの「オタ」ばっかりになり。爆!ごめんね。
FC枠何枠もっているとか、今回はA作戦で、B作戦で。。。なんて会話が常に飛び交い、、、どんな小さな嵐ごとも追求していく方々が当たり前にいらっしゃって、、、そりゃもう、それは心強いですよ。

だけど、こうやってお茶の間(って今更この言葉だめ?死語?)の、テレビを前に家族みんなで嵐を応援してくれている方達がたくさんいらっしゃる。
そう言う方達に、5人は支えてもらっているんだな~って、なんだか私もとっても感動しました。

「二ノは演技がうまいですね。」なんて、今更、私なんてもう言わなくなっていた言葉だったし、ドラマのタイトルバックにメンバーの名前がトップの位置で流れてくることも、なんだか当たり前のこの頃。。。

そうだよ。
ついこの間まで、彼らは名前のあとに(嵐)って書かれていたし、「やんぼこ」のときなんて、相葉ちゃんの名前がどこに出てくるのか、、、それを見るだけで嬉しかったはずじゃない。

「色々教えてくださいね。」って言われたり
「そんなに前からファンの方に初めてお会いできました。嬉しいです。」ってメールもらったり
ちょっと、背筋が伸びました。

テレビでかわいらしい彼らに会って、
真夜中に声を殺して笑って
雑誌の立ち読みしてて、つい買っちゃって
DVDを初めて買ったときは、「うわ~~。。。この子ら声が高い。」っていうのが第一印象で
CDなんて初回なのか通常なのか、あんまり考えないで手に取ったものを買ったっけ。
初めて見た舞台や、初めて見たコンサートや
初めて嵐友ちゃんができたときの気持ち。
そういうことを、きっと彼女らはこれから少しずつ感じて歩いて行かれるんだろうな~って思いました。

実はアメリカの日本人の子供達も、今は嵐が大好き。
お友達なんかに「香取さん、うちの娘と話してもらっていいですか?私じゃよくわからなくて。」なんて言われたりすることもしばしば。(嵐博士か!)

あぁほんとに、嵐はたくさんの方達に愛されているんだなぁって思う。

「果てない空」がとっても好きで、いつもマンハッタンへのバスの中で聞いています。
今日も氷点下の街は、青い空が抜けるように高かった。

たぶん彼らは知っている。
こんなアメリカにもたくさんのファンが居ることも
日本中のテレビの前で
嵐の笑顔に支えられて、毎日をがんばっている人達がいることも。

私にとって最後の札幌きたえーる「TIME」コンだったかな。
潤君が言ったの。

「俺ら、みんなの夢を背負う覚悟あるから。」って。

新しい嵐友ちゃんに、
「仲よくしてください。」って言いました。
みんなで仲よく嵐のこと応援しましょう~って。

(ちょっと、いい人ぶってるかい?爆!)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック