日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
やられた!
2010年12月14日 (火) | 編集 |
samui yankee

「かとりん、、、寒い季節やわ~。」(BYなまけ一同)
「こんな毛布、、、買うか。。。普通。」(BYたろう)

やられました。
とうとう雪が積もりました。
本日の体感温度、氷点下12度だそうです。

夕方から、いよいよ小澤征爾さんのカーネギーなのに~。
しかも、それがセカバー最終回とかぶってて(うち、今時録画機能なし)気になる~。
てか、どうしよ~。
もっと言うと、昨日の公開リハを小澤さんキャンセルしてるって、、、なんかドキドキするぅ~。

でも、嵐ネタちょっと。
私のお友達は、ちゃんと日付を書いてDVDを送ってくださるのですが、全然日付通りに見ていない私。

昨日、11月の「ヒミツの嵐ちゃん」を見ていました。

ヒミツの嵐ちゃんって、始まってもう3年になるでしょうか。
ちょうど香取が日本を出るとき「嵐の冠番組は、ゴールデンに始まる。」ということが決定したのです。
そのあと、ずっとこちらで見ているのですが、、、私はどうしてもちょっと苦手な部分があって、前半部分のVIP ROOMしか見ていないときが多い。すみませんが。。。

昨日は、小雪さんと倉木麻衣ちゃんの回を見ておりました。いつもながら、おそっ!

取りたてて、大きな感想?はないのですけれど、やっぱり「小雪さんと潤君」のツーショットはなんとも嬉しい気持ちになりました。
でも、全然触れてないけれど、、、「ムコ殿」で相葉ちゃんの憧れる高校の先生だったのにな~。小雪さん。
相葉ちゃんがたしか小雪さんをキャバクラかどこかから救い出す、、、という、身体を張ってっていうシーンでした。あの頃の相葉ちゃんも尖ってましたね。

私、実は「君ペ」落ちです。爆!強いて言うなら。
しかも、「君ペ」ってめったに再放送しないから、実はDVDもっていない。あの頃見た記憶のみです。アナログです。でも、あの時の潤君の危うげな十代の演技、小雪さんがおっしゃる「尖っていた」っていう、、、大人の女性からしたら、触れば刃を向けるみたいな感じ、、、まさにそうでしたね~~。

私は、その頃は雑誌とCD、DVDで応援する嵐ウォッチャーでしたが、当時の5人の写真って誰もがかっこつけてたよね。
笑顔じゃなくて、なんか攻撃的な目をしてましたよね。
だから私は「嵐はかっこいいグループだ」と思っていました。爆!
いや、、、かっこよさを出そうとしている感じだったかな~。
二ノの「ハンドク」とかね。役にも幅があったな~。
まだまだ、「この人はこんな人」っていうイメージもない時代。
だから、5人が色々な役を楽しんでいましたね~。その最たる作品が「ピカンチ」かも。

この間、少年倶楽部を見ていたら大島美香さん(シナリオライターさん)が、「君はペット」のことを話してらっしゃいました。
できるだけ、シナリオを書くときは「現実とだぶる」様に書かれると。
だから、「夏虹」はどこまでも潤君らしく描かれているようです。
そして「君ペ」のモモも、松本潤君には実際にこういう部分があるんだと思って書きましたっておっしゃっていて、ほほ~。。。なるほど、、と思いました。
当時の雑誌では、よく潤君が「僕とは全然違うタイプの人間、モモはむずかしい。」って言ってたし、それまでの作品とはちょっと違う大人の女性との本格的な絡みだったし、本人も背伸びしていた部分もあっただろうけれど、、、
そういう、潜在的なものを引き出すシナリオライターさんもすごいな~と改めて思いました。
こういう作家さんに、育てられていくんですね。

で、私、君ペ落ちなんですよ。
あのミステリアスで、触れば怪我をするような、そして危うくて繊細な硝子のようなモモ。
てゆうか潤君のふわふわヘアー大好きでした。
How'sのBlueの2コーラス目の、クレーンに乗った潤君の横顔。。。肌荒れも治るってもんです。

それにしても、VIP ROOMに、昔の嵐を知っていて同じスタンスで接してくださる女優さんがゲストで出られると、なんだかほっとします。
たぶん、嵐の5人もそうかな。

ずっとバラエティを見てて感じるのは、ほんと5人って、、、
女優さんと目を合わせないっていうか、基本的にそっちを見ているんだろうけれど、気持ちを深く通わせないというか、間に見えない壁みたいなのを置いてるというか、、
潤君はそれでも、対等に隣に立っている気がするし、翔ちゃんはMCとして、女優さんの心に入ろうとしている感じがするんですが。
そういう、いつまでも女優さんには一線を置いてる嵐が、なんかめんこいな~って思って見てました。

もひとつ。
倉木麻衣ちゃんの小銭を見て、急に思い出したことが。
それは2004年夏。
北海道の香取地方空港。

「24時間テレビ」に大量の小銭を持って行こうとする香取。
しかも、手荷物に入れてたから、引っかかりまくる。
質問されまくる。
今思うと、「24時間テレビと言えば小銭を寄付する」。。。という思い込みだったな。
考えたらお札でもいいやん。むっちゃ重かった。
当時、、、阪神大震災のあとから貯め始めた小銭がペットボトルに満タンに入っていて、そこから半分くらい武道館に持って行った記憶があります。

何度も何度も募金しに入ったことが思い出される。なんかそういうくだらないことを思い出した。

それから、
「ぬり絵」をしている大ちゃんが、非常口の色を塗るときに
「扉の向こう側から光が差しているイメージ」というようなことを言っているのを聞いて、さすがだな。。。と思ったり。sighまでそういう風に見えるんだね。大ちゃん。
きっと、「絵で伝える」術っていうのを彼は熟知しているんでしょうね。

そんな嵐を久しぶりに見ている香取。
ものすごい勢いで追いかけるエネルギーはあるのか!

今後だいじょうぶか?
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/14(Tue) 22:26 |   |  #[ 編集]
かとりんさん、こんにちは。
以前小澤征二さんのスレッドでコメントさせていただいたkeiです。
今日は無事に小澤さんが振られたんでしょうか。
素敵な空間だったことと思っています。

嵐さんたちの女性ゲストに対するスタンスでかとりんさんが感じる事、私もよく感じます。

翔くんは歩み寄っているように見られるとのことですが、MCだけに話す時間も長いせいか、何かの瞬間にシャッと自分を閉ざすというか、自分から一歩引く瞬間が見えるのが翔君だと私は感じています。

私が翔担なので見つめすぎでしょうか。(笑)

そういう嵐さんたちを見ていると20代後半にもかかわらず、彼らは青いなぁって思うことしばしば。

かとりんさんは嵐ちゃんの後半部分は苦手なようですが、私は気楽に楽しんでます。
ランキングダービーは特に大好きで、削られる削られるといいつつも楽しそうな嵐さんたちに爆笑してます♪


ここのところの寒波はかとりんさんのところには来ていませんか?
季節がらご自愛ください。m(_ _)m
2010/12/15(Wed) 12:41 | URL  | kei #TDjIDvqE[ 編集]
ヒミツのツッコミありがとうございます。
>ヒミツのkさん
敢えて誤字を直していない。
敢えて、、ってたいした意味はないですがね。うふふ。

たしかにピーナツブックスでは「ため息」って訳してあった気がします。
どんな「ため息」なのか、それは読者が想像できるってことかも。
昔のピーナツは谷川俊太郎さんの訳でしたね。
2010/12/17(Fri) 06:47 | URL  | 香取 #-[ 編集]
むちゃくちゃ寒いです!!
>keiさん
あぁ。。。翔ちゃんってそうかもしれませんね。
それは他のメンバーにも言える部分かも知れませんね~。
入り込もうとすると、あるところから扉を閉じるというような。

青い、、、まさに、そんな感じ。
でも、嵐らしいですね。そういうところ。

たぶんそれは、女優さん達でもなくきっと彼らの周りを取り巻く、多くの人に、、、そうなのかな~。。。
なんだかちょっと、見てて切ないんですけれどね。

ヒミツの嵐ちゃんの後半ね。。。
氷水の落ちるのとか、マネキンとか意外に見てるのが辛い、よわっちいファンです。
2010/12/17(Fri) 06:58 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック