日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
3年目にして
2010年12月02日 (木) | 編集 |
menura.jpg

「かとりん、これなになに?」(byたろう)

突然、なんか気ぜわしくなったね。

みんなそれ、いつやった?っていうほど、ご近所さんがみんなイルミネーションしまくり。
うちは、まだ窓からカボチャランプが覗いてるし、玄関前にかぼちゃ置いてるし(しかもリスにかじられて無残な)かぼちゃリースしたまんまだった~。

これはMenorah(メヌーラ)。
香取、憧れのハヌーカのキャンドルです。
12月15日から一本ずつキャンドルをつけていくのだそうです。

やっと買いました。どきどきしました。
まだ夏の暑いときから、冷房のがんがんきいたスーパーに、もうハローウィンのグッズ達が並んでいた今年。
ハローウィンの1週間前にはもう、クリスマスのものが並び始めた。
そして、ハローウィン直前には、もうハロウィーンものは売り切れてる。。そんな今年。

不況のせいなのかなんなのか、なんだか前倒しで前倒しで、どんどんイベントが来る感じ。

ロックフェラーのクリスマスツリーの点灯式が昨日だったのね?
毎年、日本のニュースで知る。爆!
今日は、ロックフェラーのスケートリンクに滑りに行こうなんてゆっていたら、昨日の夜中から嵐。
ほんものの嵐。
それで、断念してお友達と日系スーパー全品20%オフへお買い物に行った。
なまけ倒している。。。あぁ~、ピアノの練習もまたしていないままレッスン迎えるんだよな~。毎度。毎度。

帰りに、思い切って、、、やっとMenorahを購入しました。
ご存じの通り、私、、、ユダヤ文化にものすごく興味がありまして、アメリカに来てからはこちらに多くのJewishの方達がいる、、、ということにテンション上がるのだ。
近所のシナゴークを見てはテンションがあがり、Jewishの英語の先生のお話を聞いてはテンションがあがる。
特にこのホリディシーズン、アメリカではたいていクリスマスツリーの反対側に必ず大きなメヌーラが飾られています。これも、私のテンションが上がるひとつです。

そうそう、スーパーでの「コーシャー」というJewishの皆さんの食材コーナーにもテンションが上がるのだ。

私、やっぱり前世で関係ありますかしら?

そんな私がアメリカに来て初めての年、普通にハヌーカのグッズがお店で売られているのに、ものすごく感動しました。
でも、私、ユダヤ教じゃないし、、、こういうの興味本位で買うのはだめだよな~だめだよな~、、、と2年我慢し、Jewishの知り合いに「買ってもいい?私が買ってもいい?」と何度も質問していた。

今日、お店の人に「あなた、ユダヤ教なの?」とか聞かれたらああ答えよう、こう答えよう、、、と考えてからレジに並んだのだ。
(しかも、クリスマスグッズも一緒に買ってるねん。ごめん。)

実は以前、中東に住んでいたとき、そこはイスラエルのスタンプがパスポートにあるだけで入国を拒否されるようなストリクトなイスラム教の国でね。(だから「旅行で行っちゃ駄目だよ。」と言われていた。)
いつも、新聞にはイスラエルとパレスチナが戦争をしていることが書かれていて、そして地図にはイスラエルという国はなく、、、住む場所を追われて逃げてきたパレスチナ人のお友達が何人かいました。
そこで、私は1日に5回もお祈りするモスリムの人達の姿を、美しいな。。って思って見ていました。

私は人生のバイブルが「アンネの日記」なので、もう亡くなっている彼女の追っかけみたいに最期の地ドイツのベルゲンベルゼンまで行っちゃったりするし、必ず旅行をしたらその国の言葉で翻訳された「アンネの日記」を買うことにしている。(ずいぶんたまった。)
当たり前だけれど、私が以前いた国では彼女の日記は発禁で、若い男の子達は「ヒトラーやばい~。」って感じで尊敬していたりする。

その国その国によって「価値観」ってこんなにも違うんだなって実感した。

今は、あの第二次世界大戦の時に、ヨーロッパの生まれた国を捨て東海岸に辿り着いたJewishの方達がいっぱいいる、ここアメリカ。

順番として、、、これで合っていたのかなと思う。

小さいときから「アンネの日記」が好きで、
キリスト教のお勉強を大学でして
それからモスリムの国に行って、
今、アメリカにいる。
WTCの割と近くに。

とりあえず、この順番でよかったのかな。。。と。

敬虔なユダヤ教の皆さんには大変申し訳ないのですけれど、メヌーラ。。買わせていただきました。

ちょっとだけ、お邪魔させてください。
大切なHAPPY HOLIDAYSに。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック