日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
寝る前に
2010年11月04日 (木) | 編集 |
12年目のスタートの日に。
ものすごいニュースでしたね。

朝起きて、ヤフーニュースで知り、その後、テレビジャパンさんのNHKニュースで知りました。

スーツに身を包む5人の姿が、アメリカの朝にやってきました。
追いつきたい、追いつけない。
そんな感じの5人が、またぐ~~~~っと先に進んだ瞬間。

こんな、、、こんな素晴らしい日に、こんなにこんなにすごいニュース。
もう正直、、、驚きました。。。っていうのが、感想です。爆!

嵐が紅白の司会か~。。。
もう行くところまで行ったね。。。
昔から、私が嵐にきゃーきゃーゆってるのを見てきた家族も横で神妙?(眠いだけか)な顔をしていました。

もうさ、
うっとおしいことは一言も言わないよ。

おめでとう!!
一瞬にして、カウコンはどうなるんだろう。。。って思ったりした。
TOKIOのお兄さんがいつも滑り込みで駆けてきて、、、去年は嵐もそうだったよね。
紅白のラストシーンには静かに消えていた彼ら、
今年はもう、絶対にそんなことはできないんだね。

潤君が
「嵐の出ている時間が短い!」って国分君に訴えたというカウコン。
だけど、その中で嵐は年々その足元を固め、2008年になる年、初めての司会をすることになったんだ。
東京ドームのあっちこっちに広がって、とても上手とは言えない司会に、翔ちゃんだけが声を枯らしていく。。
そんなあの日。

明日また、ちゃんと書きたいんだけれど、鶴瓶ちゃんが
「ここ3年やと思うねん。俺は。ここ3年での嵐はほんとにすごなったな。」って言ってたの。

そのすごい3年間に、私はずっとアメリカにいる。
ここでしか嵐のこと見守ることができなくて、歯がゆくて、、、とうとう、昨日は、、、ゆっちまったよ。
「日本に帰りたい!」って。

だけど、去年の紅白のときに潤君が言ってくれた。
「紅白に出ると、世界中で応援してくれているファンの人に、僕たちの姿を見てもらえる。」って。
そうなんだ。
そう。

この3年間。
まるで日本に居る時みたいに、嵐ががんばってることが手に取るようにわかるのは、
君たちがほんとにがんばって、
がんばって、
どこまでも5人の声が聞こえるように
その、紛れもない「努力」があったからだよね。

たくさんいらっしゃる嵐のファンの方には申し訳ないけれど、
なんだかね。
私には5人が
「かとりん、ほら、僕たちがんばってるでしょう?」って、ちょっとどや顔で、笑ってる気がするんだ。

「しがみついて来いよ
  かさばる上着は脱いで来いよ
 したたる汗など拭いて来いよ
 一皮二皮剥いて行こうぜ」ってさ。

おめでとう。
たくさんがんばった人へのご褒美。

多くの人に愛されて、頂点に登り詰める。
そして、そこに辿り着いたら、きっとまた、もっとすごい世界が
その向こうに広がってるんだね。
地平線の、まだまだずっと先。

私は、とにかく
次に嵐に会うまでには、自分で自分を少しは誇れるようになっていなきゃ。

おめでとう。
私もちゃんと大晦日には朝から(たぶん、9時半くらいスタートなんです。こっちは)スタンバってるね。

忙しさに拍車をかけるような、そんな日々。
風邪ひくんじゃないよ。
ちゃんと、うがいしろよ~。
手も洗えよ。
歯磨けよ!
だらだらしないで、早くお風呂入って髪乾かして、寝なよ!

それから、

それから、、、

がんばって!
潤君、
二ノ、
大ちゃん、
翔ちゃん、
相葉ちゃん。

こっちは嵐の誕生日11月3日が終わろうとしています。
もう寝るね。
おやすみなさい。

ずっとがんばっててくれて、ありがとね。
コメント
この記事へのコメント
しがみついていきます!
アメリカからのエール、なんかちょっと
泣きそうになりました

本人たちの意思か、はたまた意に反してかはわかりませんが、
結果として嵐さんたち、
Attack it! の歌詞さながらめっちゃ攻めてますよね

やりたいと言ってできる仕事ではない
できないと断ることなんてもちろんできない
きっと彼ららしく楽しんでやりとげるんでしょうね

わたしは
いろんな感情も、どっこらしょって担ぎながら
しがみついていきます
2010/11/04(Thu) 16:03 | URL  | くーこ #-[ 編集]
アメリカも日本も
>くーこさん
なんだか、想像がつかないのが。。。私が日本に今いたら、どんな気持ちでこの日を迎えるのかなということです。
こんなに冷静にってゆうか、なんか爆笑しちゃったよ。この日の朝。
「爆!うそ~~~ん・・・ほんまかいな~~~。。へぇ~~~。」みたいな感じです。

嵐は、これまでもちょっとした理不尽なこともがっつり自分たちで受け止めて、
そして受け入れて乗り越えて、
自分たちでHAPPYに変えてきてる。

きっともし何か、そういう大人の「想い」がそこにあったとしても、たぶん5人は自分たちなりの受け入れ方をすると想います。
そして、きっと「よい結果」を残すのだ。
だから、しがみついてる私達は応援する。

きっとそうやって歩いている間に、彼らが本当に心からやりたいことを見つけて、本当の自分になっていくんだろうな~。
それも楽しみなことです。
まだまだ!って感じですね~。
2010/11/04(Thu) 20:02 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック