日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
これか~~~~~!!!
2010年10月07日 (木) | 編集 |
Dearsnow.jpg

「きゃ~~。。。かとりんが、めずらしく発売日にピックアップしてきてくれてん。」(byなまけ女子)
ジャケ写が暗すぎて、何にも映らない~。

これか~~~~!!
これが噂の、あれか~~~~!!
Please take off your shoes....って、私、この国に来て何回もゆってるけれど、
まさかのまさかの、君たちにゆうこうになるとわね!爆!
ちょっと前にね、二ノのこと書いたからお友達が心配して、そうそう、絶対に彼女は心配して。。。ね。
いつもだったら、何にも言わないで送ってくれるのに、今回は
「二ノのラジオ聞いてね~。」って私に向けてつぶやいて去っていった。

だから、もう「Dear Snow」も「タイムカプセル」も聞いちゃったんだ~。
そして、「たいむか~ぷせる♪」ってむっちゃ日本語発音やな。。。って、つぶやき返した。

ごめん。
Dear Snowは、こんなにいい曲なのに、今回は色々な方のPV感想を先に読んじゃったんで、出だしの5人の立ち姿でまず、ちょっと笑っちゃった。
うそうそ、爆笑しちゃった。ごめんごめん。
あ、、これか~~~・・・

私ね。
思ったわ。。。このPV見た瞬間に。
この子らね。
こうやって畳の上に土足で上がるのに、ものすごく抵抗あったと思うわ。
だって、全然、足動いてへんやん?
ずっと固まってやるやん?(絶対、膝痛いよね?ある意味筋肉痛なりそうやん。)

5人とも、この企画聞いたとき
「え~~~。。。靴で上がるんですか?」って何回も尋ねたと思う。
たぶんね。
靴下(?)になって上がってきたよ。そうそう、手にブーツ持って上がって来やってん。
そして、新聞紙かなんかの上で靴履いて、そして、スタッフさんにその新聞紙渡して、
それから、その場所に立ったと思う。
(家で新しい靴履くとき、みんなそうせーへん?香取はするよ。アメリカの家でも、靴を履いて全身を鏡で見るとき、靴持って鏡の前まで来て、新聞敷いて、その上に立つで?)

なんでそう思ったかっていうとね、最後にちょっとだけ
ほんの数センチ?たまらんようになった翔ちゃんが足を少しずらすねん。
そのずらし方が、もうリピりたくなるくらい、ぎこちないもん。

日本人はさ、人のお家に靴で上がるのに、ものすごく抵抗あると思う。
なぜか私のお友達のアメリカ人はみんな玄関で靴を脱ぐしきたり。。。だから、こっちで土足でお家にあがったことない。(だからって、家の中はそんなにきれいじゃないのが不満)
でも、工事の人とか荷物を運ぶ人達はみんな土足で上がってくる。
とりあえず、「靴脱いで」って言うけれど、カンパニーのルールで脱いだらだめなことになってることが多いねん。
ものを運んだり、工事をするときに靴は足を守るでしょう?だから、そういうときは、その人達。頭にかぶるビニールみたいなやつ、履いてくれはるねん。
その辺りを無理強いして、怪我されたりしたらもう訴訟問題だしね。

今やアメリカでもそんなお宅が増えているのに、あなた。
日本家屋に、靴って。
いや、、、案外これって、Love Rainbowみたいに、緑の幕の前で撮ってるのかもよ?
CG合成かもよ?うふふ。
しかもさ、メニュー画面で、なぜその靴を強調してんのさ。

もう嵐もスタッフさんも、みんな、ちょっと休みなさい!休養しなさい!爆!

あと、すっごい気になるあのネックレス?あの数珠のような首飾りが、妙に大ちゃんが似合ってて。
それから、相葉ちゃんのブレスレットも気になる。もしかして首飾りを腕に巻いてるとか?

それで、今、じっくりとメイキングフォト見てるんですが、大ちゃんと二ノの写真もうける。
音楽が素晴らしいだけに、うけるじゃないか。
もちろん、潤君はみんな暗めの色合いの冬の装いなのに、紫のジャケット似合うな。。この人、紫似合うな~とかつくづく思ったり。
あぁなんか、こんなツッコミばかりになっちゃったじゃないか!!

「歌をちゃんと聴かなあかんよ!かとりん。」(byみかん)

「大奥」のエンドロールのときに、この歌が流れるんだね。
嵐の歌がエンドロールで流れたことは。。。
もちろん、PIKANCHI。それからキャッツ。
そしてハチクロかぁ~。(ごめんなさい、花男見てないのです。アメリカに来ちゃってて)
ハチクロのときは、スピッツの歌の方がインパクト強くて、アオゾラペダルの印象が薄いな~って映画館で思ってた。キャッツは、翔ちゃん主役じゃないのに、こうやって嵐の歌を使ってもらえるんだ~って思って嬉しかったな。

「青の炎」のご挨拶で二ノが
「今から2時間後、エンドロールでこの映画に携わった人達全ての名前が流れます。」
そんなことを言うよね。
だから、この映画を作り上げた全ての人がいて、自分がいるんだっていうような。

この曲が流れるエンドロールにも、二ノと一緒に戦ったたくさんの人達の名前が流れるんだね。
映画を見に行くことはできないけれど、ここでそれを想像しています。
「ガンツ」からは見れるのかな~。

今日、ジャズピアノの先生と次のレッスンを相談しててね。
先生は、これからツァーに出るから次のレッスンはもう10月の末。
ハローウィンがきて、サンクスギビングが来て、もうクリスマス来るよ。
雪も降っちゃうね~。。。なんて今日は笑い合っていました。

「Dear Snow」にもきっと、すぐにふさわしい季節が来るよ。
北海道の香取地方なんてもうあっという間にDear Snowだ。

今日、CDを取りに行った本屋さんで、二ノが表紙の「+act」を見つけて買うか買わないか迷ったの。
そして中身をチェックして、ちょっと読み始めたんだけれど、なんだか今回は買わなくてもいいかな?って思った。
昔ちょっとしか嵐に会えなかった頃は、ほんのちょっとの情報でずいぶん彼らのこと想像できた。
そういう想像力は、私は「たぶん当たってる。」って思ってて、沢山情報があればあるほど本当のことがわからなくなるとも思ったりしてる。

二ノにはプレミアムの時に、ちゃんと二ノの姿を見せてもらったからもういいかな?って思った。
で、、少し離れたところに、翔ちゃんが表紙の美術館の記事の雑誌があったんだけれど、日本の値段が800円くらいしてたから、絶対これ10ドル越えるなと思ったら、なんか迷って結局買わなかった。

アメリカに来てからは雑誌を買うのを止めてます。そこまで追えないんだ。
しかも、今、文字読むのがおっくうでさ。爆

でも、今むちゃおもしろい本読んでます。
「国家の罠」(佐藤優著)ロシア大使館にいた外務省の人の本。
どきどきするね。なんかね。
こういうの、翔ちゃんとか読んでみるとよいよ~~。
コメント
この記事へのコメント
これですよ~
ご無沙汰してます。こんばんは。

私は、靴の事全く知らずPV見て、正直かなり戸惑いました。
でも、本人達が1番戸惑ったんだろう…と私も思います。
潤くんと翔くんは、特に何度もスタッフに聞いたのでは…と勝手に想像しています。
毎月CD発売ってうれしいといえばうれしいけど、アルバムさえまだ聞き込んでないのでなんだかもったいない気持ちです。
嵐ちゃん達が納得して、そして満足できる仕事ができる事を願うばかりです。
2010/10/07(Thu) 19:23 | URL  | のんのん #-[ 編集]
土足厳禁!
>のんのんさん
お久しぶりです~。

潤君と翔ちゃん、、、言いそうですね。あとの三人は心配そうな顔してそうですね。

「ニッポンの嵐」っていう本を全国の公立小学校に置かせてもらってる、、、ってことは、やっぱり子供っちのお手本であって欲しいな。
今回、多くの方達がこの靴のこと書いていらっしゃるので、おそらく相当反響があるんじゃないかしら。

笑えるんだけれど、、なんともいえない、、、そうそう戸惑いますよね?
特に、子供さんと見ていらっしゃるファンの方はそうかもしれませんね。

彼らはとってもいい子達なので、何をやっても、そのほとんどはすばらしいんだけれど、やっぱりやってほしくないことはやってほしくない!そう思っちゃいます。
とりあえず、なんか慌ててるかもしれないスタッフさんたちも、よく休養をとってくれ~って感じです。爆!
2010/10/07(Thu) 19:59 | URL  | 香取 #-[ 編集]
有難うございます。
香取さん、有難うございます!

私、ダメだな~。彼らの事、何にも解ってない!
実は、私も複雑な気持ちでDear Snowを観ていた1人です。でもね、香取さんの記事を拝見して、笑っちゃった!うんうん。そうだよねって(笑)
私なんて、目に見えるものしか観ていなくて、きっと彼らはこうだったんだろうって観てあげられなかった。もう~超反省です。
ニノの大奥を観て、また反省しましたよ。こんなに頑張ってたんだよねって。
香取さん、今回も素敵な記事を有難うございました!元気になりました(笑)
2010/10/07(Thu) 23:48 | URL  | いずみん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/08(Fri) 00:35 |   |  #[ 編集]
何をおっしゃいますやら~
>いずみんさん
いやいや、、、何をおっしゃいます。
得意な妄想ですがな。

そうあってほしいな~。。。という希望でもあります。
何?重要文化財?あっかんや~~ん!!

たぶん。あのブーツは靴下でできている。
いや、あのブーツはブーツに見えるけれど、よくみたら靴下なんだ!
いやいや、もしかしたら素足に色を塗っているのかも知れない。

そんな妄想をしながら見てるから、ちっとも曲を真剣に聞けなかったな=。
嵐君、ごめん。。。だね。

大奥のエンドロールを先に見た方がきっと正解だね。
私は見ていないけれど、きっとそっちに合わせたんだよね。そうだ、きっと。
2010/10/08(Fri) 06:15 | URL  | 香取 #-[ 編集]
は~い、ありがとう~。
>ヒミツのkさん
いつもコメントありがとうございます。

あの写真集?は、なんだか卒業式のような感じがしましたね~。よく、学校だと卒業式の行事に、卒業生の写真を音楽に合わせてあんな風に見せる、、、ってのがありますが、そんな気分になりました。特に二ノと大ちゃんの写真が。。。うふふ

ジャズピアノはこっちに来て始めました。
クラシックとはまた違うルールがいっぱいあるので、そのルールに乗っ取って曲を作り上げていく、、、というところが、むずかしいですね。
あと、私の錆びた指。。。思っているようには弾けないのです。
でも、違う自分に会える瞬間かもしれません。それこそ、千里さんの追求している美に少しでも近づけるといいんですけれど、、、なんておこがましすぎますね。
2010/10/08(Fri) 06:19 | URL  | 香取 #-[ 編集]
なんだか
安心した。
私も、今回のPVちょっと・・・・。

畳の上に土足か・・・・と(-_-;)

思って・・・。

私だけじゃなかったんだ。

みんな思ってたんだね。

希望としては、せっかく時代劇だし、

サムライのコスプレで歌って欲しかった。

それだったら、はだしでもOK。

でも、忙しいもんね。夏だし、無理か。

2010/10/08(Fri) 09:23 | URL  | まこりん #HfMzn2gY[ 編集]
うちら、日本人やね
>まこりん
そうそう、侍のコスプレいいわ。
あのさ、昔のパルコのコマーシャルの5人むちゃかっこよかったやん?
ああいうのよかったね。

刀持って歌うねん。

もしくは、今回のPVにテロップで
「よい子は真似しないでね」って流すとか。
あかんやろっ!
そんなふざけたことゆったら!!

結構、このことにまず目がいってしまって、音楽に向かう気持ちが後回しになってるな~と思う、、、私。

それにしても、私達ってとことん日本人ってことだよね?
2010/10/08(Fri) 09:41 | URL  | 香取 #-[ 編集]
私も着物が見たかったな・・・。
正直に言うと、私も着物姿が見たかったな~。

特に”着流し”だったら、最高(笑)
”着流しに巻物”とか、”着流しに数珠”とか、
(妄想だけど、、、、、)きっと、似合いそう❤

足袋の色もいろいろ出来て楽しそうです。v-238
2010/10/08(Fri) 21:04 | URL  | kurotan #W5M2SChk[ 編集]
髷じゃなくとも
>kurotanさん
そうですね。
かっこいいお侍さん(何度も言うけれど、パルコのコマーシャルの嵐は超かっこよかった)で、歌を歌いーの、殺陣をやりーの、、、っていうようなプロモもよかったかもしれませんね。

まぁバラードだからああなったんだろうけれど。

足袋の色もカラフル、、、いいかも~~。
まぁこんかいはきっとさ、やっぱり時間がなかったんだろうね。
唯一色だけ合わしたんだよね。

この土足の話題でこれだけ盛り上がれる?一部。。。ってことは、日本の皆さんはきっとみんな色々感じていらっしゃるのですよね。
2010/10/08(Fri) 23:51 | URL  | 香取 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/10/11(Mon) 22:13 |   |  #[ 編集]
お返事だけさせていただきますね。
>上の方へ

コメントありがとうございます。

以前、相葉ちゃんが志村さんに言われていましたよね。

「全ての評価はタレントに来る。スタッフの責任にはできないよ。」って。

私は、そのことを志村さんが若い相葉ちゃんに話してくださったこと、とても素晴らしいな~って思っています。そして、それをしっかりと受け止めて、スタッフさんに自分の意見を言うようになった相葉ちゃんのことも、素晴らしいと思いました。

今の5人は、忙しいんだろうなと思います。
お着物を用意していただく時間もなかったんでしょうね。
嵐の5人は戸惑いながらも、この企画に賛同したんでしょう。
スタッフさんだって、色々あったのかもしれません。企画段階では、時間をかけて話し合われたのかも知れませんね。
ただ、私達に届いた映像は、まぎれもなくこの「Dear Snow」のPVでした。
それは、彼らの5人の「責任」となる、、、のが現実なのでしょうね。

私は、嵐のことが大好きだし、明日も大好きだし10年後も大好きなんですが(爆!)。
でも、嵐のしていることすべてを何でも「正しい」と言ってしまうと、逆に彼らに失礼かな?と思っています。
「それはどうかな?」って言ってあげることもファンの仕事なんだろうと思います。
彼らを育てるのはやっぱりファンの役目であると思うので。
そして、これまでも嵐のファンは、ずっとそうやって彼らを応援してきたわけですから。
だから、ファンの方達や一般の方達の「素直な感想」(決して悪口ではなく)を、彼らもスタッフさんも「大切な意見」として真摯に受け止めるんだろうなと思います。

ここに来てくださって敢えてコメントくださった私の嵐友さん達は、そういう方達です。
嵐のことを愛しているからこそ、言わなければならないことは身を切る思いをしても言ってくださる方達なんですよ。

嵐の5人は、とても素直な人達だし、周りの評価にこれまでもしっかりアンテナを張って応えて来た人達なので、今回のことも自分たちの未来へのひとつの糧にしていくだろうなと思います。

そして、それが嵐だから!
2010/10/12(Tue) 01:14 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック