日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
今年の夏
2010年08月20日 (金) | 編集 |
このブログをやっているおかげで、お会いしたこともない素敵な優しい嵐友さんとたくさんお友だちになりました。

もちろん、昔ながらの仲良しの嵐友ちゃんも、いっぱい香取にはいます。

本当に幸せだと思う。
そして、いつもこの美しい糸を繋いでくれた嵐に、感謝しています。

そんな嵐友ちゃんと、メールのやり取りをここ最近しながら想ったこと。。。。

今年のことは絶対に忘れない。
「僕の見ている風景」をメキシコまで送ってもらって聞いたとき、
なんとなく、このアルバムは私のターニングポイントになるのかもしれないって思った。

この春に、嵐コンの申し込みが開始されてから、幾度となく何人もの嵐友ちゃん達とメールのやり取りをさせていただいています。
そして、全ての?当落の出た今。

どなたも感じていらっしゃることでしょう。
今年が、とてつもなく厳しい状況であること。

私自身がコンに参戦しないので、なんだか去年のように必死になって情報も集めていないし、オークションもなんだか恐ろしくて覗いてもいないのです。
ごめんね。
私は、きっと、やっぱり、、、できるだけ自分はそのことに触れないでいようって思っていたんだと思うの。
おのずと、どこかから風の便りがやってくるだろうけれど、だけど、私自身がそこに入り込む必要はないんだって。

それでもね。
何度もしつこく書いているけれど、たった1枠で、昔の香取みたいに欲張ったりしないで、地元の札幌に申し込んだ無敵の会員番号を持つ従姉妹が落選したとき、私はほんとにほんとに驚いたのです。
嵐の人気のものすごさを、やっぱりどこかで受け入れていない自分がいて、「まさか、そんなわけはない。」って心のどこかで思っていたのが正直なところです。

私の従姉妹のことをかわぎりに、こんな辺鄙なところにいる私のところにも、私の大切な大切な嵐友ちゃん達の置かれている状況がどんどん伝わってきています。
それはもう、なんていうか、、、うまく言葉にできない。
もちろん落選してしまったお友達は心が張り裂けそうなくらい泣いてて
でも、当選してコン参加できる人も苦しんでるの。
あぁ、一体この状況はなんなの。。。

そして、私はここに来て初めて、
日本から遠く離れたこの沈黙の世界にいることが
何か見えない力で守られているようにさえ感じました。

そして、
ひとりひとりのお友達の苦しいことや、決意や、涙を受け止めながら思ったの。

私は、今年のこと絶対に忘れないって。

私はこの夏、コンサートには行かないけれど、絶対にこのこと忘れない。

この新しいアルバムを聴き始めたとき、随分大人っぽいアルバムになったんだなって思いました。
そして、私の大好きだった頃の、ちょっと背伸びしたような歌詞やアレンジや、翔ちゃんの命を削るようなラップを聴きながら、あぁすごくいいアルバムができたんだって思いました。

そして、ある時、電車に乗っているときふと、なんだかこのアルバムの向こう側から「苦しいよ。」って彼らが言っている声が聞こえたような気がしました。

どんな毎日を送ってるんだろう。5人は。
どんなに時間があっても足りなくて、
小さな小さな隙間で、疲れた身体を休めているんだろうか。
それでも、バラエティなんか見てると5人で5人を守っているみたいに
前よりもっともっと、5人で笑い転げてる。

彼らはプロだから、何があっても絶対に弱音を吐くことはないだろう。
何があっても、その先へその先へ、
彼らはいつだって真正面から物事に向き合って進んでいく。
今、自分たちが手にした状況を、「最大の幸せ」って思ってるに違いないし、
全身全霊をかけてコンサート作りをしてるんだろうな。
そのスタンスは絶対的に不動のものだと思う。
ずっと昔から。

そして、知ってると思うの。
解ってると思うの。
彼らのことだもの。
この状況のことも。
きっとそのことをちゃんと知って、心を痛めてると思う。

前に、毎回来てくれるファンの子達は、顔がわかるって5人は言ってた。
きっと、会場が大きくなるにつれ
もしかしたら、ひとりずつ、ひとりずつ見失っていく、、、そんなことを悲しいって思ってたのかもしれない。

今のこの状況を、きっとどこかで知って、こっそり涙を流したこともあるのかもしれない。
だって、彼らは嵐だもの。
今やピカピカに光ってるあの5人は、
嵐だもの。

それでも、がんばるんだと思うんだ。
できるだけ、できるだけたくさんのファンの子に、その本当の気持ちを伝えたいってがんばるんだと思うんだ。
5人は。
だって、
それが嵐だもの。

相葉ちゃん。
この頃思うんだ。
もしかして、君は突破口か?と。
なんだかんだかっこつけても、石橋を叩いて渡るような慎重な4人の横を
口笛吹きながら
素足で通り過ぎて、
通り越して、追い抜いていく君。
そうそう、ほら凱旋コンのとき、東京ドームでさ、5人で1列になって走ってたのに、急にみんなを追い抜かして先頭に躍り出たよね。それがきっと嵐の起爆剤なんだよ。
がんばって!相葉ちゃん。いっぱいいっぱいみんなのこと幸せにしてきてね!

二ノ。
二ノがレコーディングの打ち合わせへ行く途中に事故にあったとき、
なんだか、規則正しく動いていた歯車が狂うんじゃないかな、、、ってこわかったよ。
誰よりも勝手なことしてそうな顔して、誰よりも人に迷惑かけないようにちゃんと生きてる子。
精一杯生きている君が、もう自分の力じゃどうしようもなくなってるのかな、、、ってあの時思った。
そして、そのアルバムを手にして今、君の想いを受け止める。
ソロはどんな風に出てくるんだろう。ギターかな?ダンスかな。
がんばれ!二ノ!負けるなよ~~~!!

大ちゃん。
このアルバムを聴いて、大ちゃんの声がず~~~っと大人っぽくなったのと
それから、すごくすごく深い表現力をもったその声に驚いた。
嵐は昔から、君の声とそのぶれないダンスで支えられてきた。
そして今、まっ黒な顔で沖縄からのすがすがしい風を運んでくる君。
どんなに緊張感のある場所でも、きっと変わらぬ姿勢で、みんなより少し先を
ほら、ARASHIのpvで見た、あの素敵なきれいな歩き方で進んでいくんだよね。
がんばって!大ちゃん。大ちゃんの歌、聞きたいよ~~~!!

翔ちゃん
魂を、命を削るようなラップ。
ミュージカルをやっていた翔ちゃんがソロコンで自らをプロデュースしたとき(って見てないじゃん)
翔ちゃんがほんとにやりたいことをやってほしいって思った。
そうそう、この間ね。ふっとニューヨークの街を見てるとき、きっと10年くらいしたら翔ちゃんは紅白の司会をするんだろうなって思って、SMAP友ちゃんにそのこと言ったら、
「う~ん、でも櫻井君はちょっと真面目すぎるんだよな。」って言われた。
まだまだ、まだまだ、登り詰める道が続いてる。だけど、なんかほっとしたんだ。
がんばって!去年のトロッコからすっごい動体視力でみんなを見てた翔ちゃん。
今年もいっぱいいっぱいお手振り、ガン見してやってよ~~~!!

それから
潤君。
コンサートのプロデュースお疲れ様でした。爆!
きっとジュニアの頃はそれだけやればよくって、いっぱい迷って相談して
デビューして、きっと今は瞬時の判断力で色々なことを決めていくんだろうな。
昨日、VS嵐を見てたんだ。ハリセンボンがプラス1だったとき。はるかちゃんがボールの入ったカゴを背負って、よろよろし始めたとき、潤君が
「やばい、やばいよ。」って言いながら、とっても心配そうな目をしたんだ。
彼女が転んでボールを落っことすところは、きっと芸人さんにしたらおいしい場面かも知れない。みんなに突っ込まれるいい場面なのかも知れない。
だけど、そのあと、おんなじ目をしてずっと立ってる潤君がいて、あぁ潤君だな~って思った。
心の奥にものすごく温かいものが流れている人。
がんばって!潤君。90万人にも膨れあがったファンのみんなを。
会場の中の人も、そして外に居る人も、それからこんなに遠くにいる人にも届くくらいに爆発させてね。

最後に、嵐のファンの皆さんへ
とうとう、始まりますね。
さっきグッズ買いに並びに行ったお友達からメールが来ました。
ひとりでヒマだから香取さんつきあってねって。
ガッテン承知です。アメリカから、お買い物のお付き合いしますよ。若い女の子に負けるな!!ってメールしました。爆!

会場に入られる方、いってらっしゃ~~い!!
いっぱい楽しんできてください。
嵐のことしっかり見てきてください。しっかり見守ってきてください。
今の嵐を、
この今置かれている状況の中でがんばる嵐のこと、
みなさんのその美しい目で見てきてね。香取の代わりに。
(昨日、嵐情報メールで随分「水分を取るように」って注意書きがありましたね。がっつり水持って会場入りしてくださいね~。)

それから、香取と一緒に
高い塔の上の、あの旗がぱたぱたしてるところで、のんびり見るみなさ~~ん。
ちょっと今年はここも場所の取り合い?
香取もそこでのんびり座ってますよ~。
いつものペンライトだけ持って。
5人から見えるかな?



最後に
今年の香取へ。

ずっと昔に、まだすぐ傍に嵐が来てくれた頃のことも忘れないでね。
あの時の、よわっちい嵐のこともずっと覚えてて。
そして今年のこと、忘れないで。
私達が感じたこと。
嵐と一緒に感じたこと。

翔ちゃんが歌ってる。

「いつかどこかで思い出すはず
 ここにいる全ての意味を」

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/21(Sat) 00:51 |   |  #[ 編集]
やっぱ若い子がいいのかよ?ってね。
>ヒミツのMさま
コメントありがとうございます。

いっぱい楽しんできてください。
そして、ちょっと、、てゆうか、相当肩が重くなったら
「乗りやがったな。」って思ってください。爆!

嵐は、どんな状況でも「くよくよしてても仕方ないね。」って誰かが言って、
相葉ちゃん辺りが「そうだ!」って乗っかって
みんなで円陣組んでそうですね。うふふ。

私もやっぱり嵐が大好きです。
ファンとして、大変だな、、っていう今は、きっと何か次に繋がっていく時期なんだと思います。
狭い会場から、ドームになっただけでもぶーぶー言っていた頃もありましたよね。
そんなことも、今思えば小さいことのような気がします。

いつか笑い話になる日がきっと来る。
私の翔ちゃんソロコンのように、ネタになる日もくるでしょう~。
コメントありがとうございました。
2010/08/21(Sat) 02:12 | URL  | 香取 #-[ 編集]
感動しました。
私も、国立はお友達の肩を貸していただいたり、ふわふわ高い塔のところへ行ったりして、魂のみの参戦をするつもりです。

私も今年の事は忘れません。必要な事だったと思える様に…そしていつか、笑い話になる日がくればいいな…。

色んな方が、色んな場所から、国立へ…そして嵐に想いを馳せている。
その想いを、嵐はパワーに替えて欲しい。
だから、どんなに辛い状況でも、嵐には綺麗なパワーを送りたいと想います。

香取さんの記事、とってもとっても感動しました。
有難うございます!
きっと、嵐にも届くはずです。
2010/08/21(Sat) 13:31 | URL  | いずみん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/21(Sat) 17:29 |   |  #[ 編集]
そっかい?
>いずみんさん
よく「神様のギフト」(大江千里さんの受け売り)って言うけれど
私自身が乗り越えることも
いずみんさんが、きっと乗り越えたことも
それから、たくさんのファンの人が乗り越えること
全部、その人にしか感じることのできない「ギフト」なんだよね。

嬉しいことだけじゃない。
人生には「悲しいこと」「辛いこと」があって「幸せ」があるんだよね。

まぁ私みたいな怠惰な生活送ってるヤツが、言えないんだけれど、そんな私でもこのアメリカでいろ~~んなことを考えました。
そして、日本に居て、ずっと嵐の傍にいた(実際の距離として)あの頃よりも、もしかしたら
もうちょっとだけ、
ほんのちょっとだけ
強く深く
5人の幸せを祈ったり、彼らを守るファンの皆さんの気持ちを考えてるかも知れないって思う。

まぁ、これは、香取にしては上出来だね。うん。
届けよう!私達の想い。
2010/08/21(Sat) 21:39 | URL  | 香取 #-[ 編集]
忘れない
>ヒミツのRさん
きっと今頃、明日のことを考えてワクワク。。。
これがいいんだよね?
明日会える。嵐に会える。
人込みにもまれながら会場に向かう。
なんて幸せな時かしら。たっぷりたっぷり感じてきてくださいね。
そして、私もきっとどこかにいます。(誰だよ!)

辛いことがあるから、幸せがもっと輝く

アメリカにきて、そのことより一層感じています。
私も日本に居たとき、毎日多少なり「大変な日々」を送ってたかな?そのとき、いつも嵐君がいて、ほんとに傍に居てくれて、5人がいなかったら私はだめになってたな。。。っていつも思ってた。
今、私は辛いことがあんまりないから、だから嵐にも会えないんだ。。って思っています。

Rさんは、神様がちゃんと会わせてくれるんですよ~。
楽しんできてくださいね。
そして、うん。。。きっと今Rさんのいらっしゃる状況も、きっときっとRさんにしか乗り越えられないからそこにあることなんだと思う。ごめんね。そんな分析いらん!よね。

いつか、どこかの会場で会いましょう。リアル香取と会ってください!
2010/08/21(Sat) 21:46 | URL  | 香取 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/22(Sun) 00:36 |   |  #[ 編集]
いらっしゃいませ~。
>ヒミツのSさま
コメントありがとうございます。
そして、たくさん想いを話してくださってありがとうございます。

むか~しむかし。。。翔ちゃんのソロコンが札幌でありました。あるはずでした。
ところがその日吹雪きまして、汽車に5時間乗って到着した札幌は、雪が舞っていました。
翔ちゃんが「振り回して!」って言ってたタオルを買って、開場も吹雪のため30分早くなって、、、そしたら、突然「順延になりました~~~~!!!」ってスタッフさんが走り回っていらっしゃいました。

ぎりぎりまで待ち続けたけれど、どうしても翔ちゃんの乗った飛行機が千歳に降りなかったそうです。ソロコンはその日、オーラスでした。どう受け止めればいいかわかりませんでした。何日も何日もそのことばかり考えました。結果的にはもうスケジュールが調整できず、中止になってしまいました。
翔ちゃんから数日後「迷惑メール」が来ました。

あれからもう、5年くらい経つのですよ。
そして、今では「香取のネタ」となっています。爆笑小ネタ集に入っています。

ソロコン見たかった。だけど、その時に感じた気持ちは、今でも忘れていないし、その時できたお友達とは今でも仲良しです。
あんなことがなかったら、絶対に出会えていなかった大切な嵐友ちゃんです。

今、私もやっぱり辛いかな。。。行きたかったな。嵐に会いたかったです。
だけど、いつかきっとハッピーエンドがやってくるんじゃないかって思っています。
この気持ちが、ハッピーエンドにきっと繋がっているんだって信じています。
だから、この気持ちを絶対に忘れないで、今のこの状況を見届けたいって思っています。

他の記事も読んでくださってありがとうございます。
門真っ子は、私じゃなくて、、、あの学校の先生が素晴らしいのです。ああいう気持ちで子供達と向き合える日がまた来るかな。。。今はそんな日々をとても楽しみにしてるし、そういう生き方をしないとやっぱり嵐とはちゃんと向き合えないかな~なんて思っています。

お友達さんに、いつかきっと笑顔で会えるといいですね。
きっと、お友達さんも、、、心に重い気持ちをもっていらっしゃるかもしれない。今回のコンサートの当選した方達は、そう言う方多いと思います。

だってね、昔に比べて「当選がどうのこうの」っていう記事をさっぱり見かけない。私なんかかつては「何勝何敗」ってあからさまに書いてましたもの。それだけ、みんな今の状況を慎重に過ごしていらっしゃるんだなと思っています。

私もたくさん伝えたいと想いながら、まとまらない文章でごめんなさい。
また来てください。また色々お話ししましょうね。
2010/08/22(Sun) 11:38 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック