日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
「ギフト」
2010年08月11日 (水) | 編集 |
昨日とっても不思議で、とっても幸せな気持ちになる夢を見た。
「ギフト」を聞いていると、胸がものすごく痛くて、喉のところがきゅ~っとなってくる。

この歌、
誰のために歌ってるんだろう、、、って考えると、なんだか胸が苦しいんだ。

誰だってファンなら、一度は彼らと心で握手してる。
私もそういうとき、あったよ。
ものすごく分かって、ものすごく近くにいた瞬間。
それが、他のアーティストさんとの違いだった。私にとっての嵐は。

「手が届かない」なんて思ったことなかった。
ずっと手が届いてて、なんでもわかってくれる。
それが嵐だったんだな~。。。って、こんなメキシコくんだりで考えている。

従姉妹の枠が札幌ドームを落選したのが、なんだか超ショックだったのね。
ここでも何度も書いているけれど、私と従姉妹は2004年に嵐のHow'sを同時に買って、随分二人で中古屋さん巡りもした。どっちかがどっちかの地元で掘り出し物を見つけると、ふたつ購入、、、そんな感じで、二人三脚で歩いてきた感じです。
私の枠が全然だめになっても、いつも、いとも簡単に舞台のチケットなんかを当ててくれちゃったりする枠だった。まさに彼女の無欲の勝利だと思っていた。
子供ちゃんが小さいから、無理せずに札幌のみの参戦。しかも2日あっても1日だけ。
遠征は絶対にしない。
そういう、、、なんていうか、必要な分だけ使う、欲張らない、そういう枠だったから、だから今回ショックだった。本人は「まぁ、来年かとりんと行くから、、、」なんて言ってるけれど、なんとかなんとか行ける道があれば、、、と私は模索しているんだけれど。

そうやって、「手が届かない」という気持ちを受け入れるしかないんだね。
そのことが、受け入れられず、、、ここ数日、考え込んでることが多い。

そんなことを、先輩のブログさんで愚痴った。
もう二度と会うことできなくなるのかな。。。って。
そしたら、
「香取さん!そんなこと言ったら、いちばん切ない思いをするのは5人だよ!」って言われた。

昨日、不思議であったかい夢を見た。

私は、嵐の5人と、カツンの6人で一緒にゲームをしてるんだ。おもしろいでしょう?この取り合わせ。
なんだか3組で競走してるのね。(どんなゲームかは詳しく覚えてないのだけど)
カツンはちょっぴりずるっこして、1位に到着した。
私も一緒にずるっこして、カツンの次にゴールした。
少し遅れて、嵐がね、ものすごく遠回りして、笑い転げながらゴールしてきたの。
「かとりん、、、、それは、ないっしょ~~!!」って大笑いしながら。
嵐の5人は、香取がずるっこして先にゴールするとは思わなかったみたいで、なんだかすっごい笑いながらこっちに走ってきたんだ。

そして、それを見た私は、
「あぁ、ほんとこの子ら、変わらないな~。」って思ってるの。

去年の札幌ドームで翔ちゃんが言ってた。
「近道を歩いていく人もいれば、回り道をしていく人もいる。ぼくらは後者だったんだと思います。」って。
もちろん、香取は知ってるよ。
仮に、近道を通って早くにゴールしたとしても、それは決して楽な道じゃない。
ゴールなんて、ただ通り過ぎるだけの場所だから。
その先にまだまだ、長い道が続いているから。

5人が私の姿を見て、笑い転げてるのがね。
なんだか嬉しかったんだ。
たぶん、やっぱり。
私はいつまでも、彼らのこと「教え子ちゃん」って思ってるんだな~。。。そう思った。

それから、おもしろいことに別れ際、私は仁と話してるんだ。
仁に
「仁が選んだ道はまちがってないよ。だから、アメリカで歯を食いしばってがんばりな。」って言ってるの。
そして、
「そのために、あんなに英語の勉強だってがんばってきたんだよね。私、見たよ。フジのニューヨーク支社の特集。」って言ってるの。
そしたら、仁が、
「俺、英語だけはがんばって続けてきたんだ。。。」って言った。
そんな会話をしてばいばいして、そして目が覚めた。

たぶん、「ギフト」この歌は。

嵐が今、心に抱いている想いも、
苦しい想いも、迷いも
なんだかはっきりしない夢のような、そんな想いも
全部、これは神様がくれたギフト。
彼らに与えられた、彼らにしか乗り越えることのできない
これは、ギフトなんだ。

そして、私も。

私がもう遠い夢みたいに想ってる5人の姿を
どこかにしまい込んで、
今の5人の姿を、こんなに遠い街で受け止めること。

この歌を聴きながら、こんなにも胸が熱くなるのも。
喉のところが苦しくなるのも
これも、きっと神様がくれたギフトなんだね。


「遠い街から眺めてるよ
 どんなときでも
 たしかな一筋の想いを」

ほんと?
ほんとに見ててくれるのか~~~い?
あの日、ドームの天井で何万もの光りの中の
たったひとつの光りだった
私の一筋の想いを。

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/12(Thu) 03:24 |   |  #[ 編集]
ヒミツの方へ
>ヒミツの通りすがりさん
情報ありがとうございました。
2010/08/12(Thu) 09:14 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック