日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
「ムサシ」ニューヨーク初日!
2010年07月08日 (木) | 編集 |
無事、12時14分に生還しました。
夏休みのバスなので、親子連れもいたりして、なんだか安心な帰還。ほっとしました。
今、がっつり夕飯を食べ、これから寝ます。
ものすごい熱波で、今日も100度以上越えている。摂氏で37度とか38度とかです。

さて、「ムサシ」ニューヨーク公演初日!
あぁさすが蜷川舞台です。
マイク無しで、そこはニューヨークシティバレエのホール。。
これって、絶対に舞台用に作ってないよね。しかもお客さん2階までしか入れないんだったら、なぜにリンカーンセンターシアターを使わない。。。私、てっきりそっちだと思って張り切ってそちらに行きました。
うろうろしてたら、「ムサシはこっちよ。」って教えてもらっちゃいました。

さてと、覚えていることのみ書いて寝ます。
開演は7時35分(5分遅れはまぁ、上出来でしょうね。普通は8時始まりだから)
インターミッションは、9時10分くらいから、9時半まで約20分間でした。
これは、長いですか?日本の公演に比べたら長いんじゃないかな?と思います。
こっちのお客さんって、インターミッションにワイングラスとか持って歩いてますからね。

さて、2幕目は9時半くらいから、ぴたっと10時45分でした。
私は11時半のバスにどうしても乗りたかったので、カーテンコールまでは無理かな?と思っていたのですが、なんとか出演者の皆さんの右、左、正面へのお辞儀。。。まで観れました。よかった!!

内容はさすが、、でも「白夜の女騎士」よりずっとわかりやすいです。
そして、杏ちゃんがワルキューレのときの数倍、数十倍素晴らしくなっていておどろきんぐでした。
そして、藤原君と勝地くんは、おふたりとも本当に素晴らしい演技、声でした。
やっぱり声ですよね。。。やっぱり。

藤原君は初めて舞台を観ましたが、テレビドラマなんかで観る声とは全然違って、さすが蜷川組だ~~~って思いました。
杏ちゃんもワルキューレよりずっと声が太くなっている気がしました。
あの時も天才か!って思ったけれど、今日もやっぱり天才だ!って思いました。

藤原君はお初だったのです。私。
きゃ~かっこいい~とかって思うのかしら?って自分で想いながら拝見しましたが、かっこいいとかじゃないね。これは。
素晴らしい役者さんここにありで、、、彼もムサシそのものですよね。
もうそこに藤原竜也って人はいなくて、ムサシなんだな~~。。。と感じました。

バレエのホールなんですよ。
ここって、蜷川さんやりづらかったんじゃないかな~。
だって、ステージの天井が高い(だって1トンのクリスマスツリーが立つことで有名でございます。シティバレエの「くるみ割り人形」ね。)。だから、字幕は相当に高い場所に出されて(英語ですから)、たぶんお客さんはそっちみてたら役者さん見えないと思う。

それに、さすがの日本人の香取だって聞き取りにくい昔の言葉。。。爆!日本人なのに全然笑いについて行けてない。。。たぶん、アメリカ人は字幕観て先に笑ってるね。なんかずる~~~って思ったし、それ、笑うところ?っていうとこがいっぱいあったよ。

で、天井も高いし、あそこってバレエとオーケストラを聴かせるホールなわけですから、お芝居には向いているのかな~。ちゃんと聞こえるんだけれど、聞こえにくい気がしました。
それから、シティバレエって、5階くらいまで席があるのね。だけど、今回は2階までしか使っていなかったの。
見やすかったけれど、がらがら空き空きの客席が見えるの、、、って、どうなのかな~~。
3階にはカメラが数台入ってたけれど、4,5階はがら~~んでした。
どうなのかな~~~・・・

お客さんはさすがの蜷川舞台ですよ。
ほとんど、アメリカ人。
しかもお年寄りの方達がドレスアップしてこられている、、、っていうような。
おもしろかったのかい?あれは。
どういう風におもしろいのか、、、が知りたいと思いました。

さて、あと2回観てきます。
あぁでも、、、わかりやすい演出でよかった。。。
あ、そして!!
音楽が宮川彬良さん!!実は大ファンなんですよ。ドレミファワンダーランド、大好きなんです。
あの、「音楽の深読み」超好きです。

というところで、報告会終了です。
ふ~~~明日は、to be freeをピックしなきゃ!
おやすみなさい。
コメント
この記事へのコメント
藤原さん☆
藤原竜也さんのムサシ、日本の「ソロモン流」というテレビ番組で少し観ました。
藤原さんファンの友達いわく「声がセクシー」で好きみたいです。私は映画「デスノート」の印象が強いですが、役そのものになれる人って少ないから、これからも色々な役をしてほしいですよね☆
2010/07/08(Thu) 17:35 | URL  | ミラ #-[ 編集]
竜也君!
>ミラさん
コメントありがとうございます。
これまではジャニーズタレントさんの舞台しかあまり見たことがなく、こういう外部?の方達のお芝居を観ると、目からウロコですね。
どうしてもジャニーズ舞台では「人」を観ちゃうのですが、「ムサシ」では、ちゃんとストーリーを追ってちゃんとその舞台装置を観て、ちゃんと俳優さん達を「その役そのもの」と捉えることができるのでフェアに観ている気がします。

以前観た蜷川舞台「白夜の女騎士」は悪いけれど、自分の頭がついていけてなくてさっぱり意味不明でしたが、今回は伝えたいこともわかるし、何より安心して見ていられる。爆!
あと2回観て、また感想をがっつり書けたらいいな~。
2010/07/08(Thu) 20:00 | URL  | 香取 #-[ 編集]
あと2回!
お疲れ様でーす☆
いよいよ始まってるんですね!

「ムサシ」の展開、大好きです。
とにかく、笑える!
そして、タンゴを持ってくるセンスがまた
滑稽でもあり愉しかったり♪

今回は観に行きませんでしたが
あのおもしろさを海外の方にも理解して貰えたら
最高なんじゃないでしょうか?

めっちゃ台詞が飛び交うあの空間がいとおしい(笑)

藤原くん、逆に最近観に行けていませんが
とても安定していて、観てる方の期待を裏切らないですよね。

杏ちゃん、もう大人な役者さんってイメージです。
がっしりとした存在感の強さを感じます。

勝地くん、舞台ではこちらもご無沙汰ですな…。

なんだか、もっと舞台を観たくなっちゃいました。

あとの公演も楽しんで来てくださいね☆

2010/07/09(Fri) 15:55 | URL  | 空。 #-[ 編集]
シアターコクーン
>空さん
そういえば、、初めて空さんにお会いしたの、シアターコクーンの「白夜の女騎士」のときでしたね。
覚えていらっしゃいますか!!古い話ですね。

あのときは、厳しい舞台だな~って思いました。。。だけど、今回はほんと安心感のある舞台です。
昨日、こちらのフジテレビで10分くらい初日のことや、蜷川さん、藤原君、杏ちゃん、それから勝地くんのインタビューが放送されました。
なんだか、蜷川さんすごいですね。すっごい、、、まだまだ演出家として成長するっておっしゃっていました。そして、ニューヨーク公演緊張してるって。

そして、藤原君や杏ちゃんのあの落ち着き。すごいですわ。
しかも杏ちゃんの金髪。。びっくり!って感じです。爆!
「報復の連鎖を断ち切る」ということが大きなテーマ。。。ってことも、インタビューを聞いてなるほど、、と思う。日本語なのについていっていない。。。私も初めて本物の舞台を観たという感じです。
本日も行ってきま~~す!
2010/07/09(Fri) 20:07 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック