日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ブログのネタ
2010年06月10日 (木) | 編集 |
summerです。
アメリカは6月に入ると、あらゆる事がover♪って感じで終わってしまいます。

加えて、うちのピアノの先生はブラジルに1ヶ月行っちゃうんですって~。
だから、ピアノもないし。。。

よって、ブログのネタもない~。
私、なんて平坦な道を歩いているんでしょうね。
こういう生活をしていると、ほんのちょっとしたことにも打たれ弱くなっていきます。
それは、以前も同じ様な生活があったので、よく知っています。
当時は、日本に時々戻ると、新聞やニュースを見るのが超怖かった。普段は日本の情報が入らない上(インターネットってなかったし~)中東ってお金持ちの国であれば、なんにも犯罪ないんだよね。
だから、日本でたまに見るニュースが怖くて、心臓がドキドキした覚えがあります。

あ~よわっちい。
仕事しているときは、ニュースなんて何を見ても何も感じず、未成年が犯罪を起こし始めたときはそれでも相当にショックを受けていたはずなのに、今やなんにも感じない上に、家族同士が殺し合いをしている事件でさえ、「あぁ、、、またか」って思う。

で、、、今は、日本のニュースも情報もちゃんと手に入るんだけれど、いかんせん社会との繋がりがないのでよわっちくなるのだ。
「○○をしなければならない。」ということがないから。
だけど、「○○をしちゃだめ」っていう制約が妙に多くて、そっちに対してストレスは溜まります。
あれ?愚痴。。。

違うの。
今日、秋元康さんがテレビに出ていて
「アイディアは考え出すものではなくて、気付くもの」とおっしゃっていた。
今やAKB48をプロデュースしている、、、てゆうか、昔からアンテナの張り方の素晴らしい方。

その中で、「今、ブログというものがあります。それを書くことによって、何かネタになることをやろうと能動的に生活していくことができるんですよね。」っておっしゃっいた。

たしかに、
う~~~ん。。。ネタないな。ちょっくら今日はカメラもって出かけるか~。。。とか、
マンハッタンの街をきょろきょろ、、そんなこともいっぱい。

アメリカはおもしろいことが山ほど落ちている国だけれど、ふとしたら自分が引き気味になっていたり、今日は攻撃には出られないな。。。って思っていると、何もないままその日が過ぎる。
まして、今は嵐の情報がちょっとこわい病?みたいになっているので、今、見ているテレビも「ゲゲゲの鬼太郎」だ。

さて、ふと、、、近頃なんかおもしろいネタあったかな~って考える。
今週の月曜日から、毎日ヨガに行っています。
もともとは、身体を動かす、、、ということが超苦手、しかもグループで何かをやったりするのはもっと苦手。勝ち負けとか関わるのもものすごく嫌いな私なので、できればひとりでやれるもの。
だけど、ひとりでやるってなかなか力出ませんな。
明日やろうって思っちゃったらもう1ヶ月くらいやらないもの。

それでお金を払って、どうしてもやらなければならない状況にして始めたのがヨガ。
はっきり言って、先生の言っていることは近頃やっとわかるようになったかな。でも先生が変わるとやっぱりわからないことも多いので隣近所の人を見ながらやってます。

ヨガのよいところは、話さなくてよい。
始まる前も終わった後も、みんな瞑想とかしてるから、誰も私に話しかけてこないし。
隣の人が話してくることもない。あんなに話し好きのアメリカ人なのにね。
スタジオには静かな音楽が流れていて、そして汗をいっぱいかくので、相当な気分転換になります。

で、、今月は行ける限り行こうというコースをとりました。行きまくる。

ヨガを初めて気付いたのは、身体を動かすということはもちろん、近頃の香取が大好きなスピリチュアルな要素がとても強いということ。先生の話をよく聞いていると、空からエナジーを受ける、、、とかそういう言葉も出てくるので、きっと身体にいいとかってこと以外に精神的な部分が大きいんだろうな~と気付いた。

そういった意味で、私がアメリカでジムにいくとかプールにいくとかでなく、ここのスタジオに通い始めたのも何かの縁ね?って思っちゃう。
加えて、この間そのスタジオに、香取の今大好きなカードが置いてあった。
うわ~~、、、やっぱり繋がるねんね。。。この世界。。。って思った。

そしてもっと言うと、昨日引いたカードには
「静かな音楽を聴きなさい。」(ジャニーズは休みなさいって感じ?)
「ヨガを始めましょう。」って書いてあった。
ちょうど無制限1ヶ月コースに行き始めたときだったから、さすが!!と思った。

なまじっか、鳥も夜中に鳴きませんな。
全く嵐の話のないこんな内容ですみません。

そんなわけで、今日は10時から水戸黄門を見ます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック