日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
だいじょうぶ
2010年06月05日 (土) | 編集 |
daijoubu.jpg

「かとりん!ホラ貝鳴ってるよ!!」(byなまけ一同)

うるさい!!今年は行けへんねん!!

昨日の夜、
そう!夜ですよ。夜中の12時頃。
窓の外で鳥の鳴き声が。

窓を開けると、真っ暗闇の中から1羽の鳥の美しいさえずりが。
真夜中の12時ね。
まるで、何か私に言っているみたいだったので、しばし窓辺で暗闇を見ながら聞いていました。
何か伝えたいことでもあるの?って。

そうですか!
そうきますか。ジャニーさん。
いや、小鳥ちゃん。

なんだかこのタイミングなんですね。
とっても複雑な気持ちですけれど、ファンのみんなにとっては、とても楽しみにしてきたことだし、とても喜ばしいことですよね。

去年は、嵐の10周年と言うことで無理して帰国した香取ですが、今年はここでただただ、また魂を飛ばすだけ、、、これ、疲れるからきっついんだけれど、、、そんな秋です。
いや、夏の終わりです。

それにしても早いね。
あっという間の1年だったね。
そういえば、去年はみんながコンサートに行けますようにってナイヤガラの滝に祈ったっけな~。
あのとき、お友達の名前は全員、、、滝に伝えました。爆!
それから、ちっさいおじさんに告げ口されないように、みんなでいい人になったっけね?うふふ。

忙しくて忙しくて、
ジェットコースターからちゃんと風景が見えているのかしら?なんて、昨日の記事に書いていたら、アルバムタイトルが「君と僕が見ている風景」なんだ。
なんか、このタイトルだけで参っちゃったな~。

今、嵐の5人がどんなこと考えて毎日を送っているのか
そのことがきっといっぱい詰まっているんだろうな。
アルバムにもコンサートにも。

そして、私、今回はto be freeの教訓を生かし、先ほど、こちらの夕方、マンハッタン日系本屋さんにお電話しました。失礼ながら
「もしかしたら、まだ情報が入っていないかも知れませんが。私もわからないんですが。。」って前置きして(何様!)「嵐のアルバムが8月4日に出るんです。」って教えてんねん。爆!香取。。。

「あ、、いつもお電話くださる方ですね?」って言われた。う~~ふっふ。。。とうとう覚えてもらったぞ。
(この頃、住所をいちいち言わなくてもよくなったのだ。)

そんなわけで、今回の香取は、皆さんと一緒にどきどきしたりわくわくしたり
喜び合ったりすることはできません。
でも、皆さんがどうぞコンサート会場に入れますように。。。遠くからお祈りしていますよ~。

この夏はちょっとパワースポットに行ってきますので、みんなのことお祈りしてくるね。

だけど、そんな遠くから見ている私。
私もこの告知に、相当テンションがびょ~んって上がっていたんだけれど、私達、、、ただ浮かれていてはいけない状況なんだよね?今。
そういう意味では、とっても今日の告知には疑問も感じるんだ。
疑問も感じるし、なんかちょっと深読みもしてしまう。。。大人な香取です。

今こそ、落ち着いて、、、5人のこと見守りたいって思う。
いつも、そうなんだけれど、
祈るだけなんだけれど。。。

コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです!
香取さん。お久しぶりですヾ(^▽^)ノ
覚えてますか?w


今回のアルバムのタイトル…泣きそうでした(>_<)

そんな私は、まだアルバムを予約してませんー(+_+)(笑)

やっぱり、争奪戦みたいな感じで、もう本当にジェットコースターから振り落とされそうです!

しがみついてくの疲れます…爆!


でも!!
やっぱりしがみついていくんですよね~(爆)

そして、どうにか、こうにか今年も嵐さん達に会いに行って、香取さんも一緒に肩に乗せて行きます!!
2010/06/05(Sat) 23:41 | URL  | みにえもん #-[ 編集]
ちゃんと見てるんだよね
>みにえもんさん
あ、、、ニアミスです。今、起きて(って11時前だし、、、こちら)テレビで「おかあさんと一緒」見ながら(なんでやねん)コメントいただいたばかりです。

ありがとうございます。
今年も国立を、各地のドームを飛びまくります。
そして、皆さんの肩に乗りまくります?
そんな秋になりそうです。

嵐の5人はスピードの速いジェットコースターに乗っているけれど、
どんなに速い乗り物でも、すぐそばは見えないけれどずっと遠くって、案外見えるものだから。
だからきっとちょっと先の未来とか、自分たちを育んできた思い出達のこと、見えてるんだろうなと思います。

吹き飛ばされるような線路の傍の風景は見えないけれど、遠い山やきれいな空はずっとついてくるものね。

それでは、肩をお貸しください。爆!
2010/06/05(Sat) 23:59 | URL  | 香取 #-[ 編集]
泣きますよね
香取さん、お久しぶりです。
あまりに仕事が忙しく、脳死状態でいたらビッグニュースが!
死んでる場合じゃない!と飛び起きました。

もう、アルバムタイトルもコンのタイトルも
それだけで泣きます。
思いがけない景色が次々現れて
嵐もファンも目が回りそうだけど
案外同じ事考えてたんですね。
なんとかこの風に乗りたいと思います。

香取さんもきっと魂飛ばすんですね。
せめて香取さんの乗る風に、ふーふー息を送りたいと思います。
たまには誰かのウチワに乗ってるんでしょうか?
私のウチワや肩も時々使ってくださいね。

それにしても最近の嵐君たちを見ると、自分の我欲にまみれた姿も忘れ
何か敬虔な気持ちにさえなってきます。

ここの所忙しい日々が続いていたのですが
そんな私に嵐の歌はオアシスのようでした。
「僕の勇気は泉、、」って歌詞がありますが
まさに砂漠で出会った泉のように、
彼らの歌に癒され、ごくごく元気を飲んで生き返ってました。
でも人を癒すのは大変だろうな、、。
こちらもパワー送りたいな。
ライブはそんなパワーの交換会ですね。

ライブも嬉しいが、久しぶりのオリジナルアルバムも嬉しい!
去年はベスト盤だったからやく年以上ぶり?
おまけに新しいソロ曲もあるし、は~。
早く聞きたいです。
どんな景色を見せてくれるんでしょう?
2010/06/07(Mon) 00:18 | URL  | 千鳥 #-[ 編集]
smile againですね
>千鳥さま
本当に、、、まるで私達の事知っているようなタイトルですね。

それだけ、彼らも「今、ファンの子達と離れてるんじゃないか?」って不安を抱いているっていうことですよね。
そして、私には、私達アメリカでぶーたれているファンの事、知ってるのかな~なんて思ってしまいます。

なんていうか、そんなタイトルは初めてですよね。
これまでは、シングルタイトルはそうあったとしても、アルバムは一言、そして英語!って感じだった。
だけど、今回は彼らの思いがたっぷり詰まっている、そんな気がします。
それにしても、むっちゃセンスのあるタイトルですね。ちょっと驚きました。

たくさん、彼らを元気にしてあげてきてください。
祈ってますよ~。
2010/06/07(Mon) 02:50 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック