日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
これは、「神様からのGift」
2010年05月15日 (土) | 編集 |
お友達のブログにお邪魔していたら、嵐の舞台やコンサートに遠くてなかなか行くことができなくて辛い、、、
これで、ファンと言えるのかしら?
そんな風に心に思っていらっしゃる方、きっと今いっぱいいらっしゃるんだろうな~って思います。

もちろん、私もその一人です。

かつては、「誰にも負けない」って思っていた、、、私。爆!
私は、自分の望みじゃなくアメリカに来た。。。ってわけじゃないです。
たまたまアメリカだったけれど、海外に住むのは私の目標でした。

そういう目標を持っている途中で、私は嵐に出会いました。
私もどっちかっつうと刹那的な人間でして、蟻かキリギリスか?って言われると絶対的に「キリギリス君」です。
自分の持つ全ての財産を注ぎ込みましたね。嵐に。爆!

それでも、足りないって思っていました。
コンサートのおトイレ待ちで、当時、日本中を嵐と駆け回っている少女達の話を聞いていて、うわ~~~この人達すごい、、、私なんてだめだな~って思っていました。
もしかしたら、彼女たちは「命を懸けて」嵐と共にいたんじゃないの?って思うくらい。
そしてまた、嵐の5人を見る度に、
「君たち、そんなファンがいること知ってる?」って思っていました。
ときどき失敗しちゃうファンに、真っ正面から一言なんて言われた日には、
「いやいや、、、君たちね。そんなこと言ったって、彼らがいるからこそ(自分も含め)君たちが歩けるんじゃないの?」とか冷ややかに思ったりしてたっけな~。

まぁ、聖職者と言われる?仕事でしたが、やってることはあんまり聖職者っぽくなく
「先生は、明日どうしても行かなければならないところがあってお休みします。」と言って、舞台を見に行くために学校を休み、行ったことがばれないようにお土産は一切買わないよっていう心意気でした。
空港から出勤っていうこともありました。爆!

そんな生活のど真ん中にやってきた、アメリカ生活。
いちばんに考えたのは
「私、嵐と離れて、大丈夫だろうか。」
ということでした。

ちゃんと生きていけるのかしら?
ちゃんと笑って生活できるんだろうか・
そして、ものすごいタイミングでやってくる「嵐が国民的アイドルになった」ということ。
いや~~。。。これ、なんやかやゆって、私全然、未体験ですよ?今だ。
今だ、、、電車に乗ってる5人しか思い浮かばない、相当な「浦島太郎」的な人。

遠くて、
会えなくて、
どうしようもない気持ち。
あの頃のお友達はみんな、当たり前みたいに今も嵐の傍に居る。
焦る。
何度も、羽田で飛行機を降りて、歩く歩道を通って、京急に乗って品川に行って。。。当たり前のようにやっていた「追っかけ生活」を思い浮かべていました。

私はもう今や「嵐のファンです」って言っちゃ駄目なんじゃないか、、って思う。

テレビだって、ちゃんと見れてない。
DVDだって、買ったら1回しか見ない。
それはもう嵐ファンと言えるのか?と。

初めて嵐が好きかも?(今風に言うと)って思ったときのあの気持ち。
伝えれば、必ず返してくれるあの満足感、達成感。
1年に何回嵐に会ったかって考えてたあの時の気持ち。

そういう気持ちは、今の私には全くなくなりました。

それでも私は、
「嵐は私にとって絶対的で、唯一無二の存在」っていつも思っています。
距離や時間がどれだけ離れても、時には気持ちが折れそうになっているときでも
もう2年も離ればなれになっている今でこそ、思います。
やっぱり、そう思うの。

絶対に、私が考えていることは彼らに伝わっていて、
絶対に、それが誰かと比べて強いとか弱いとかそういうものじゃないの。

もちろん、今はこんな強気で書いているけれど、すぐに弱気にもなるんだ。私。しょぼいやつだから。
だけど、そんなに遠くじゃないなって思う。
そんなに遠くには離れていないはずって思う。

前に一度書いたことがあるんだけれど、
大江千里さんの言葉のパクリなんだけれどね。

これは、私への「神様のギフト」なんだって思うの。
私にしか感じられない、
私だけに感じられる気持ち。
それは、神様から手渡されたギフトで
私はそのことに選ばれているんだって思うの。
(あ、、、ごめん、私、怪しくないよ?全然怪しくないけれど、、、昨日エンジェルカード買いました。爆!)

なんでアメリカにいるんだろうとか
どうしてこの距離で嵐を応援することになったんだろう。
なぜこんなに苦しいんだろう
どうして、それでも尚、彼らと共に歩きたいって私は思っているんだろう。

これは、大切なギフトなんだって思う。

いつも思う。次に嵐にはいつ会えるんだろうって。
だけど、いやいや、、、なんだか、もうずっと傍にいるんじゃないの?とも思ったりする。

なんだかすっごい抽象的でわかりにくいこと書いてるかな?私。

コンサートに行けなくて辛いファンの方がいて
会いたくて会いたくてたまらない気持ちのファンの方がいる。
それは、きっとその方にしか乗り越えられないもので
だからこそ、その方は選ばれて、そこにいるんだと思うんだ。

もしかしたら、嵐がそうしてるのかもしれないよね。
まぁ、私なんかは「ジャニーさんに選ばれてる。」って完璧思ってますけれどね?爆!

なんだか、超超怪しいこと書いちゃってますが、結構これ真面目に書いてます。

だから、私は嵐と一緒に歩いていこうっていつも思ってます。
これから、どんなことが起ころうとも。

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/16(Sun) 01:51 |   |  #[ 編集]
ついて来~~い!
>ヒミツの方へ
走るのだ~~。。。がんばれ~~~・・・爆!

あ、、でも、私は歩いてるけれどね。
ちょっと昼寝もしてるうさぎって感じで、亀さん達にどんどん抜かされておりますよ。

みんなそれぞれのペースで彼らを見守っていけばいいよね。
だって、自分はやっぱり自分以上にはなれないし、大切にするものや宝物もみんな違うし。
順番があるし。
ここは、勝ち負けの世界じゃないし。
まぁ、亀さんに抜かされてる感は否めないですけれどね。爆!
2010/05/16(Sun) 04:08 | URL  | 香取 #-[ 編集]
私は日本にいながらも、最大限の努力をしているとはいえない部類です(^▽^;)
遠征はなるべく控えめに(でももう少し自由になったら・・・ともくろんではいる)、色々なものとのバランスをはかって、自分なりに制限を加えています。
経済的なことを言えば、買ったものを何度見てもそれ以上懐は痛まないはずなのに、最近はDVDを繰り返し見ることも少ないです。見たいほどのものでもないっていうわけではなくて、その他の色々とのバランスでそうなってしまうんですよね。

今ある状況の中で、いい形で好きでいられて、応援し続けられたらいいなあって思います。自分の人生をしっかり歩まねばね!

香取さんが、アメリカにいながらにして、こうやって毎日のように綴られること、殆ど時差も感じさせずに様々な録画を見ていらっしゃること(私のほうがずっと遅いこともしばしば)、尊敬してしまいます。

こんなやり方で、身軽になったときにも好きでい続けられるのかしらって思うことが少しもないといったら嘘になるけど・・・。でも自分にとっての本物って少しばかりのブランクはものともしないっていうのが実感です。
2010/05/16(Sun) 08:59 | URL  | フムフム #tbuUZA/A[ 編集]
本物
>フムフムさん
そうですね。
みんなそれぞれの事情がありますよね。
それぞれの応援の仕方があるのですよね。

フムフムさんちは、きっと小さい嵐友さんが一緒に応援してくれるんでしょうね。
二代続く嵐友ちゃんって素敵です。

私は基本的に「ひま」なんですよ~~。爆!
だから、考えたり離れたり、考えたり、考えすぎたり。。。迷ってばっかりです。
でも、やっぱり嵐と歩きたいな~。。。って
さっき、VS嵐スペシャル?見て思いました。きっと遅いですが。
2010/05/16(Sun) 11:45 | URL  | 香取 #-[ 編集]
私にとっても。
香取さ~ん!ほんとにそう!!私にとっても嵐は神さまくれたギフトです。共感~、超!
2010/05/18(Tue) 03:00 | URL  | にこりん #mQop/nM.[ 編集]
必要だから
>にこりんさん
そのとき必要だから、出会ったんですよね。きっと。
私も、にこりんさんも。

そして、このアメリカで私とにこりんさんが会えたのも、
これもきっと必然的な出来事で、きっと神様のギフトですよね。
ありがたい~~。
また、ランチしましょう~。
2010/05/18(Tue) 12:15 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック