日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ようこそ!
2010年05月13日 (木) | 編集 |
nynojun.jpg

従姉妹から嵐FC会報を送ってもらいました。
日本のも合わせると、もう随分たまったな~。。。SMAPのなんか驚くような古いのも家にあるわ。

表紙を見る。
こうやって、5人が並んでるときは、いつもどうしてこの並びかな?って考える。

今回は相葉ちゃんがセンターか。


ここに追記。High Line、わかりました。ハドソン川よりのマンハッタン南の地域の緑地化された陸橋?(この説明へん?)行ったことのない場所。行ってみたい!
5人の並び方でよくあるのが、相葉ちゃん、潤君を外側にして、翔ちゃんセンター。
その両側に大宮。
このパターンは今までよく見たかな。やっぱり背の高さのバランスかしら。

それから、そのときドラマでがんばっていたり、新曲がドラマのテーマになっていたりすると、よくセンターになるんだよね。
ラブソーの初披露のとき、、、いつだっけ?城ホでの凱旋コンかな。1月でしたよね。
そのとき、イントロで大ちゃんがセンターになったから
「あ、、、大ちゃんがセンターなんて珍しいね。。」ってお隣の嵐友ちゃんに話しかけたら、イントロ終わりで潤君センターになった記憶が。
やっぱりね。花男のテーマだものね。。。って思った。

「step&go」のとき、初めてセンターが大ちゃんだったとき、テレビ見ながら涙がぽろぽろ出た記憶があります。
この曲、私が日本で買った最後のCDなので、とても印象深いです。
あの頃から、大ちゃんが「最後の隠し球」という感じで、たくさんの人々の前に進み出たんですよね。

で、、、会報です。
今回は潤君のところが興味深かったです。
もちろん、ニューヨーク探訪ですから。

ラジオのお話を聞いたり、他の雑誌のインタビューを読ませてもらったりして、香取とちょっとずつニアミスしながらの潤君の3泊5日。
私も大好きなニューヨークシリーへようこそ!潤君。
ほんとに来てくれたんだね。
写真達を見て、やっと実感が湧いてきます。

写真が今回はいっぱい出ていたので、嬉しかったです。
潤君もちゃんと1枚ずつ説明してくれていますが、香取も便乗しちゃいます。

01
ここはね。ウエストサイドストーリーの劇場、パレス劇場の真ん前ですね。
ここはブロードウェイと7th Aveがちょうどひとつになるような中州みたいな場所です。
ちょうど潤君の座っている辺りは、TKTSというブロードウエイ、オフブロードウェイのあらゆる劇場のディスカウントチケットが売られる場所です。
このウエストサイドの劇場、香取もうろうろしてたんだけどな~、、ちきしょ~ニアミスか?

02
エンパイアステートビルの前です。。。って書いてるし。
このビル、おもしろいことに遠くから見るとどこからでも見えるのに、近くに行くとどこがエンパイアかわからなくなるんだよ。不思議でしょう?
一度だけ登ったことがあります。80階以上あって、マンハッタンが一望できます。ただ、やっぱり高くてすごく閉塞感があるの。降りれなかったらどうしよう?とか思っちゃいます。潤君は登ったのかな?

03
ここ、わからない。むしろどこか教えて欲しい。HIGH LINEってどこだろう。この写真を見る限りホットスポットには見えないんですけれど。いかにも寒そうなんですが。

04
セントラルパーク。。。の目印の全くない潤君の笑顔。どこらへんかな~。だけど、この時期ものすごく寒くて、気持ちいいとは言えなかっただろうな~。

05
「ROCK OF AGES」見たいんだ~これ。行った人はみんないいって言うよね?よし、今度マチネで行ってこよう。。。。って気楽に行けちゃうのがニューヨークのブロードウェイなんです。この場所も何度も通ったことあるけれど、潤君どの席に座ったんだろうな~。

06と09
ストロベリーフィールズ。。。もともとは、ビートルズの故郷リバプールにある孤児院の名前です。ジョンレノンの生家の傍にある、真っ赤なゲートの建物。
ここは、ジョンレノンが銃弾に倒れたダコタアパートを渡ってすぐの場所です。アッパーウエストサイド。
こんな風にして写真撮ってる人、、、見たことない。

07
ルネッサンスタイムズスクエアホテル(って長い名前)に泊まってたんだ~~!!
私、潤君の来ている朝、ここでそのホテルの写真撮ってたぜ。ていうか、潤君の後ろに見えている赤い看板がtkts、、、ディスカウントチケット売り場。見えますか?肩越しに窓口が映っていますよね?その裏側が赤階段。
有名観光スポットです。

08
ここは、コロンバスサークル。。。60thあたりです。地下鉄の駅を上がったところですよ。
私は近年、ここらへん好きです。だって、ちょっと素敵なモールがあるし、ここから数分でリンカーンセンターです。でっかいホールフーズもあって、そこのデリがおいしい。いつも混んでます。

アメリカに住んでなかったら、この写真達を見ても何にも感じなかったでしょうね。今、こうやってホットライン?以外は香取のテリトリーなのが、ちょっと嬉しい。
てゆうか、潤君、、、ベタなところのみですね。3泊5日だものね。

そして、やっとわかった。
潤君が見たミュージカル。
そうだったんだ~~。。。全然香取の予想当たってないからね。
west side storyなんで見ないかな?なんで見ないかな?(2回ゆった)もしかしてトラウマか?(ごめんなさい。)

「ビリーエリオット」は、まだ見たことないのですが、去年のトニー賞を受賞した作品ですね。見たいんだけれど、いつもで見れると思うと、見ないんだな~。慎吾ちゃんも見たよね?

「ジャージーボーイズ」うわ~~。。。これも見てない。これは、その前の年のトニー賞受賞作品ですね。行きたい。これ楽しそうなんだよね。看板はあっちこっちでしょっちゅう見るけれど、まだ見たことがない作品です。

「Fela」これは、よくブロードウェイを歩いていると宣伝のチラシもらうな~。これも見てない。
てゆうか、私、、、見てないものだらけ。。。がく~~って気分です。絶対今年中に全部見る。

「メリーポピンズ」。。。やっと、見たものです。
この舞台のどこの演出で驚きだったんだろう?たしかに、これね。舞台装置いいんですよ。子供部屋が高いところに作ってあったり、だけど、MJウォークがどこに。。。使われたのか?全然繋がらなかったな。
メリーポピンズが飛んで行くところも、普通のフライイングで、ジャニーズに比べてしょぼいって思ったけれど、そうだったんだ。。。興味深いんだね。もう一回見るわ。潤君。

MOMAは、ビンゴだった場所。私もよくわからないままティム、バートンの個展を見たよ。
どこかですれ違ったかな?

ニューヨークのスピードが好きって、別な雑誌に書いてあった。
東京と似てるからって。
リラックスするはずの旅でも、やっぱり心は東京なんだね。

私もニューヨークが大好き。
ここにいると、人込みにまみれることができるから。
ぼんやりコーヒー飲みながら、道行く人を見ているだけで十分つっこめる。

ジャズピアノの先生のところに行く前、必ずデリでコーヒーを飲んで時間をつぶしてから行くんだけれど、近頃ノートにメモしています。
「アメリカ人の不思議発見」的な。今のところ11項目。そのうち紹介します。爆!

色々な人種の皆さんが行き交う街。
ものすごくファッショナブルかと思いきや、全然そうじゃなくてもへっちゃらな街。
地下鉄に乗って、次の駅に着くまで自分が正しい路線に乗っているのか不安になる場所。
当たり前みたいに歩いているけれど、私がずっと憧れていた場所。
潤君も好きになってくれた場所。

そして、翔ちゃんも来てくれた。

私が日本で嵐を応援している頃、嵐は外国を歩いているイメージはなかった。
今、大人になった彼らがお仕事やプライベートで来てくれるニューヨーク。
そこに私も生きていたりする。
また、力湧いてきた。がんばろう。

コメント
この記事へのコメント
有難うございます!
詳しく説明して下さり、有難うございます!
会報みながら、復習させて頂きます!
もうすっかり、ニューヨーカー気分のいずみんです。
潤くん、イキイキしていますよね。とっても楽しかったんでしょうね。

会報の写真とても良かったですもの。

今回も見所満載の会報でしたね!
2010/05/13(Thu) 17:25 | URL  | いずみん #-[ 編集]
HIGH LINE
>いずみんさん
このハイラインっていうのが全然わからないですが。
ホットスポットなんだよね。。。
情報うっすい写真だし。爆!

調べてみよう。
そして、今年はミュージカルいっぱい見なきゃ。
がんばります。

潤君。
昔から、急に新幹線に乗って京都に歌舞伎見に行ったりしてた。二ノもよく舞台見に行ってた。
そういう生活をして、自分のバランスを上手にとって、お勉強もしていたんだと想う。
今やもう、アメリカか~。
それだけスケール大きくなったってことだよね~。
2010/05/13(Thu) 19:57 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック