日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
えっと、「観光立国ナビゲーター」って何ですか?
2010年04月08日 (木) | 編集 |
今朝、7時前にお友達のブログを拝見していたら、「嵐が観光立国ナビゲーター」に就任っていうニュースがアップされていました。

え?何、、、それ?
こういう聞いたことのない(きっと本人達も)お仕事をいただくと、ファンもどよめきますよね?
私もどよめいていました。

そしたら、私の目の前に急にスーツ姿の翔ちゃん、相葉ちゃん、潤君がテレビ画面に登場。
NHKさんのニュースが全米でも流れましたよ~。

なんだかもう、「え???この人達、ほんとに嵐?」って思うくらいかっこよくなっちゃって。
私ね。
確実に、去年の5×10コンとか「夢の世界」って思ってますね。
「あそこにいた人達、、、ほんとに嵐だったっけ?えっと、、、あれって夢だよね?」
まだそんなこと思っている感じです。

今朝、ニュースで飛び込んできた3人の映像。
うちの家族は「他のふたりはどうしたの?」なんて言っていましたが、「わからん。忙しいんちゃうん?」と生返事の。。。あっという間のニュース。

潤君ががんばってご挨拶していたのが流れました。
なんだか、スーツが似合うこの素敵なお兄さん達。

誰ですか?この素敵な人達。。。かっこいいですね。。。そんな気持ちで見てしまいました。
いかん。。。もう完璧にオタじゃなくなってる。。。爆!

このお仕事は、つまり海外向けのコマーシャルなどに出演するってことなんですね?
日本への観光をアピールするってこと?
そして、それはアメリカでは流れなくて、アジア中心なんですね?
ちょっと確認したくなるような、むずかしいお仕事です。
それにしても、いまや「日本の顔」となった嵐。

そして、ボランティアっていうのもおもしろいですね。
今回はニュースでも「ボランティア」って言葉が書かれています。

私かねがね、、、嵐にはボランティア的なことやってほしかった。
たとえば、今だったらハイチ地震とかチリ地震とか、そういう災害に対しての募金を募るとか。
今回は、おそらく自分たちの意志ではなくて委託されたんだと思うけれど(まぁそれをボランティアっていうのかどうか?)、自らの意志で誰かのために何かをやろうとする、、そういう仕事?というか働きかけ?

彼らが「こうしよう!」て言えば、今や数十万人が動けるわけだし。(ファミクラ人数のこと言ってます)しかも、日本全国、世界全域に彼らのことを応援する人がいて、影響を受ける人達が存在するってわけだから、何でもできそう。今なら。
でも、、だから、迂闊に思いつきでものを言うことはできないって部分もあるだろうけれど。

それにしても、お友達も書いていましたが嵐のイメージって、今、こうなんですね。
一点の曇りもない「清潔」そのもの。
たしかにそう。
だけど、これって今に始まったことじゃないと思うけどね~。いつも言うけれど。

なんだか、私が日本に戻るまでの1年の間にも、嵐はいっぱい変わっていくんだろうな。
そんな朝一番の日記でした。こちらは朝です。





コメント
この記事へのコメント
天使
今回のニュースを見た時、実は真っ先に香取さんを思い出しました!
ボランティアって事。
世界の為に何かできないか?


以前の香取さんのブログを読ませて頂いて凄く感銘を受けたからなんです。

香取さん、嵐くん達、とうとうここまで来たよって思いました。
香取さんが、言っていたこと、叶うかもしれないよって思いました。
やっぱり、香取さんのおっしゃる通り彼ら『天使』ですよ!
天使の彼らに与えられた任務は、もしかしたら、これから先、世界を救う第一歩になるかもしれませんね。

それから、この前の記事の大江千里さんの事。ここで、少しだけ触れさせて下さい。私も、大江千里さん、大好きです。彼は、本当に素敵な方ですね。確か、一浪されて関西学院大学に入って音楽活動と両立しながら卒業したんですよね。
その後も、ボランティア活動等にも精力的に参加していますよね。今は、香取さんのブログでニューヨークでジャズのお勉強をしていると知りました。本当に向上心のある方で、一生懸命な方なんですね。今後、彼から放たれる音楽は、今までよりもっともっと深みのある、魂を揺さぶるものになるでしょうね。楽しみにしています。
香取さんと大江千里さん、会えたらいいな~♪
会えますように!
2010/04/09(Fri) 21:19 | URL  | いずみん #-[ 編集]
ボランティアとは
>いずみんさん
コメントありがとうございます。

ボランティア、、、っていう言葉。
日本だったら困っている人のために働く、、、ってそんなイメージでした。
ボランティア大国アメリカに来て、とっても近くにあるのが「ボランティア」です。
だけど、ものすごく勇気のいるもの。
それから、「ボランティア」は「やってあげる」だけじゃないんだな~って近頃思っています。たぶん、「何かをする」ことで、「自分も何かをもらう」んです。

全然話違うけれど、私が英語をならってるおじいちゃんね。86歳の人。
その人、むっちゃ楽しそうに毎週on timeで図書館に来てて、「今日は2分遅れたね。」とかゆってんの。私に。爆!
彼はボランティアのESLなんだけれど、彼は私に英語を教えてくれていて、もしかして私も彼に何か(それは何かはわからない)してあげているんじゃないかな?って思います。

だから、嵐が何か自分たちでやろうとするとき、
それはきっと偽善じゃなくて
彼ら自身の力にもなることだと思うんだ。
だから、そういう方向に彼らが目を向ける日がこないかな?って思います。
まぁ、今回のは「無報酬で」的なイメージが強くて、結局「観光客の誘致」というのが目的のような気がするので、、、言葉だけ「ボランティア」ってのをいただいてる感じかしら?
あ、、、辛口?
まだまだやれることいっぱいありますね~。彼らには。
2010/04/10(Sat) 00:33 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック