日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
Now Haiti needs us!....(ちょっとご紹介)
2010年02月25日 (木) | 編集 |
We are the world25 for Haitiを、電車に乗る度聞いています。
以前のものも大好きだったけれど、次世代We are the worldもとてもよいです。

こちらアメリカでは、先日オリンピックを見ているときに、映像が流されました。
もちろん、この歌をマイケルジャクソンと共に作ったライオネルリッチーの懐かしい姿もありますが、メンバーも大きく替わり、若い世代のアーティスト達もたくさん協力しています。

私の目を引いたのは、ジョナスブラザーズ。
2年前アメリカに来たとき、MTVで彼らの歌を聴いて久しぶりに「おお~ボーイズバンド!」って思いました。
それから、ハンナモンタナ!
こういうTEENAGERをファンにもつアーティストが参加しているということが、広く世代にハイチのことを訴えることになる。。素晴らしいことだと思います。

先日、Backstreet boysの公式サイトを久しぶりに覗きました。すると彼ら現在、色々な「基金団体」を自身で設立しているんですね。例えば、ブライアンは心臓手術を経て今に至るのですが、心臓に病気を持つ方達への基金を募る団体をもっているのです。う~~ん。。。ジャニーズ事務所もそういう度量があればいいな、、、、って思います。なんていうかな。世の中に返していくっていうこと、そういうことを日本の中でも率先してやれる団体であるような気がします。かつてのJ-FREIENDSのように。そしてもっと継続的に。。。

さて、WE ARE THE WORLDの歌詞を調べていて、すてきなブログさんに出会いました。ここでは、今回のWE ARE THE WORLD25 FOR HAITIに参加しているアーティスト全ての名前と、彼らがどのパートを歌っているのか。
ライオネルリッチー氏、ジェイミーフォックス氏のメッセージの和訳など載せていらっしゃいます。

私も、このブログさんの記事を拝見しながら、聞き直しています。皆さん、どうぞお邪魔してみてください。

zoomaさんのブログです。ご本人の許可を得てこちらにアップさせていただいています。やっぱり、、、マイケルの姿に、、、泣けます。
そして、iTunesへgo!です。(色々あって、ちょっとどきどきだったりするのですが。)
もしよろしければ、こちらの公式サイトもご覧下さい。
とても綺麗な画像なので、画面を拡大されると今のハイチの様子が、とてもよく伝わってきますよ。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック