日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
今日はお休みするか~と思いましたが
2010年02月23日 (火) | 編集 |
おお~。亀ちゃんもとうとうキャスターに?
スポーツのキャスターさん?すごいね。
がんばりよ~~!!

昔、中居君が23歳の頃、やってたよね。スポーツキャスター。
彼も自身が野球をやっていたということで、大抜擢だったんですよね。

そういうことを思い出しました。
ちょっと驚いた。
でも、彼にとって、ものすごくお勉強になるお仕事だと思う。どんな風に成長していくのか楽しみだね。
翔ちゃんがZEROでお世話になるようになって格段に成長したように、きっと亀梨和也も知的に成長するんだろうな~。と、結構期待しています。なんたって、、KAT-TUNファン(今日は文字を大きくしていない。)ですからね!爆!

さて、今日、日記を書こうと思ったのは。。。。
ちょっと引っ張りすぎなのですが、「心に太陽を持て」という詩に出会い、(実は、私は再会だったのですが)
、、、その記事にコメントくださった方が、子供さんの「音読」の練習に使いたいなんておっしゃっていました。

ふと、小さい子供さんがああいう少し大人っぽい詩、言葉を語られている姿を想像しました。
すてきなことだな~って思いました。

そのとき、その言葉の意味は分からなくとも、心のどこかにその「言葉」はずっと生き続け、
いつかどこかで、
大人になるその途中で
苦しみや悲しみや、色々な困難な事に出会ったときに
支える「言葉」になったりするんだろうな~って妄想すると(あくまで妄想)なんだか胸が熱くなってくるのです。


それでね。
調子に乗って、もうひとつ詩を紹介させてください。

実は、この詩は合唱曲になっていて、これまで何度となく色々な音楽会で中学生が歌うのを聞いてきたのです。
ふと、急に思い出して、近頃よく読み返している詩なの。

谷川俊太郎さんの詩です。
私、谷川先生の詩、大好きなんです。もちろん、代表とされる「生きる」も「朝のリレー」も。
「クレーの絵本」も。
「かっぱかっぱらった」もね。

読んでいると、なんだか目の奥が熱くなってきます。
しかし、、、近頃、著作権とか、、、だいじょうぶなんかいな・・・。

「春に」 

この気もちはなんだろう
この気もちはなんだろう
目に見えないエネルギーの流れが
大地からあしのうらを伝わって
この気持ちはなんだろう
この気持ちはなんだろう
ぼくの腹へ胸へそうしてのどへ
声にならないさけびとなってこみあげる
この気もちはなんだろう

枝の先のふくらんだ新芽が心をつつく
よろこびだ しかしかなしみでもある
いらだちだ しかもやすらぎがある
あこがれだ そしていかりがかくれている
心のダムにせきとめられ
よどみ渦まきせめぎあい
いまあふれようとする

この気持ちはなんだろう
この気持ちはなんだろう
あの空のあの青に手をひたしたい
まだ会ったことのないすべての人と
会ってみたい話してみたい
あしたとあさってが一度にくるといい
ぼくはもどかしい

地平線のかなたへと歩きつづけたい
そのくせこの草の上でじっとしていたい
大声でだれかを呼びたい
そのくせひとりで黙っていたい
声にならないさけびとなってこみあげる
この気もちはなんだろう
       (谷川俊太郎)

コメント
この記事へのコメント
「かっぱかっぱらった」。。。
思わず歌っちゃいましたよ、谷川俊太郎さんの詩は私にとっては『読む』ものではなくて『歌う』事がほとんどでした。今度ちゃんと読んでみます。

詩といえば、いつもドキッとする詩があります。
「もし私が先生になったら」
この詩の『先生』の部分を『母』に置き換えてみると…正直へこみます。でも読むたびに頑張ろうって思うんです。
2010/02/24(Wed) 07:12 | URL  | あざらし #PJcBB3Wk[ 編集]
いるかはいるか
>あざらしさん
いないかいるか。。ですよね。

その「もし私が先生になったら」っていうの、私も聞いたら耳いたいだろうな~。
今度、こっそり教えてください。

合唱をされていると、たくさんいい詩に出会いますよね。

私は、大学生の頃の合唱の授業で、矢沢宰さんとか、立原道造さんとかに出会いました。よく読んでましたね。
曲になると、作曲家の解釈が強くなると思います。この「春に」というのは、それでも詩の力をすごく生かしている気はしますが。
2010/02/24(Wed) 13:48 | URL  | 香取 #-[ 編集]
またまたありがとうございます。
香取さん、こんばんは。
「春に」と言う歌はしりませんが、なんだか込み上げるものがあります。早速、ノートの「心に太陽を持て」の次のページに書き写し、音読させました。
娘は、「いいんちゃうん♪」(…ほんまにわかってないくせに!) と言ってました。いつか、わかる日がくるんでしょうね。
毎日宿題で音読があり、ちょっとネタが尽きてきて、親のやる気も失われつつあったので、心から読ませたいと思うものに出会い、本当に嬉しいです。
またよろしければ、教えていただければ嬉しいです。(教えていただいたラヴェルもパヴァーヌならなんとかなるかしらんと思っている今日この頃です)
2010/02/24(Wed) 20:09 | URL  | のんのん #-[ 編集]
かっぱかっぱらった かっぱらっぱかっぱらった・・・・ 
私の大好きな「かっぱ」も「いるか」も載ってる本。

しゃべる詩あそぶ詩きこえる詩  波瀬 満子(はせみつこ)

この本、大活躍してます。
波瀬 満子さんは、その昔・・・教育テレビの番組「あいうえお」で活躍されてた方です。
この本に合わせてCDもあります。波瀬 満子さんがこの本を朗読されてます。でも普通の朗読とは違う所がミソ。不思議な音があったり、音楽が流れたり・・・・。


それと、家の娘達も大好きだった

「ことばあそびうた」

この本にも「かっぱ」載ってます。


ご紹介まで~~。
2010/02/24(Wed) 20:47 | URL  | ちゅみまま #JSqBSQcU[ 編集]
雨ニモマケズ
>のんのんさん
歌はね。。。ぜひ、YouTubeで。。。うふふ。
歌もよいです。この「もどかしさ」が不協和音によって表現されている、、、とお友達の作曲家さんがおっしゃってました。

宮沢賢治のこの詩は、そういえば2年生をもったときに教室に貼って、毎日読んでいました。
子供達はただ「呪文」みたいに読むのですが、でもいつの日か花開く、、、そう思っています。
きっとのんのんさんのお嬢さんも。

「のはらうた」っていう工藤直子さんの詩集も一時期はやりましたね~。
この詩、大好きでした。
勝手にまた転載。もうだめだ。。。著作権で訴えられる。

「あいたくて」

だれかに あいたくて
なにかに あいたくて
生まれてきた――
そんな気がするのだけれど

それが だれなのか なになのか
あえるのは いつなのか――
おつかいの とちゅうで
迷ってしまった子どもみたい
とほうに くれている

それでも 手のなかに
みえないことづけを
にぎりしめているような気がするから
それを手わたさなくちゃ
だから

あいたくて


  
2010/02/24(Wed) 20:58 | URL  | 香取 #-[ 編集]
とってちってた~ 
>ちゅみままさん
谷川俊太郎さんの詩は、ものすごく若いとき、、、それこそ思春期時代に読んだとき、、すごく恥ずかしかった。
「生きる」の「それはミニスカート」とか言われちゃうと。。。

だけど、大人になって読むと、、、浸みてきますね~。
「あなたの手を握ること
 命ということ」

たくさんご紹介ありがとうございます。さすが現役!

「詩」って、、、音楽の「創作」(っていう領域はないけれど)にも使えそう。
その波瀬 満子さんの朗読のことお聞きすると。
昔ね。。。忌野清志郎さんが「ババール」の絵本を朗読されているCDがあって、またこれがよくてね。
子供達の「音楽作り」のヒントとして使わせてもらいました。
あ~~。。。私、ジャニオタ復帰はやばいけれど、職場復帰はいけそうなきがする~♪(これ古いですか?私の中ではまだまだいけてる。)
2010/02/24(Wed) 21:03 | URL  | 香取 #-[ 編集]
感謝カンゲキ…
香取さん、ちゅみままさんありがとうございます。
本当にいい詩を紹介して下さって感謝してます。
私も娘も約二年間音読の宿題をして、マンネリ化し、親のコメント欄も(毎日あります)最近は、さらにマンネリ化していました。
でも本当は、日本語の美しさや、音読の大切さがわかってなかったのかなあ…と感じました。
今回どうしても子供に読ませたいという気持ちになったので、すごくやる気が出てきました。
ちょうど「いるか」を習ったばかりなので谷川俊太郎さんのはタイムリーだし、工藤直子さんのほかの詩を読んでいたので子供も喜んでいました。宮沢賢治も楽しみです。
おすすめしてくださった本を購入してみます。ありがとうございました。
担任の先生が、急にやる気だしたらびっくりされるかしら(笑)
2010/02/25(Thu) 22:32 | URL  | のんのん #-[ 編集]
詩は
>のんのんさん
今、書いたコメントを削除してしまった。。。

割とニアミス状態ですね。

私、詩と言えば、嵐の歌の詩もよいな~って思います。EVERYTHINGとか。
それから、やっぱり6年前。。。衝撃でした。ピカンチダブル

終わったはずの夢がまだ
僕らの背中に迫る

すごくないですか?この詩。。。なんて切ない。

歌うと流れてしまう言葉も、語るとかみ締められる、、、そういうときもありますよね。
嵐の詩も音読しちゃったら?youしちゃいなよ。。。です。
そしたら、担任の先生が「もしかして、、、嵐ファンですか?お母さん。。。」とおっしゃって仲良しになれるかも。。(こういうこと私も現役時代にありました。爆!)
家庭訪問はすべてつよぽんの話、、、とかね。

のんのんさんのお嬢さんの未来を応援する、現役とぷーのふたりでした~。
2010/02/25(Thu) 23:33 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック