日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ターコイズのペンダント
2010年01月05日 (火) | 編集 |
昨日、不思議なことがありました。
お友達がまちがってアップしたという過去の日記に、タイミングよく私が辿りついてしまい(なんせ時差とかあるから、日本の方が寝ていても、きらきらして起きていたりします。)

その内容にとっても共感できるものがあり、
そして、とっても鮮明に甦ってきたものがありました。
お友達は、潤君のことを書いていらっしゃったのです。
彼の黒いマニキュアが、彼の気持ちを表現しているように感じる、、、、そんな風に日記は結ばれていました。

その日記を拝見して、私にはあるものが鮮明に甦ってきました。

潤君のターコイズのペンダント。
ある時期、彼がずっとしていた大きなターコイズの石のついたペンダント。
当時、どの雑誌を見てもいつも潤君はそれをしていて、よっぽど気に入っているんだね。。。なんて、嵐友さんと話していました。
もしかして、彼女のプレゼントなんじゃないかしら?
まだ嵐のことも潤君のこともあんまりよく知らない頃で、ちょっと強い光を放つそのターコイズのネックレスを見て、そんな風に想っていました。
でもまたいつだったか、雑誌のインタビューで、「自分で買いました。」なんて書いていたのも記憶しているので、当時の私は相当その石に見入っていたのですね。

当時は、私もちょっと真似して、ターコイズ風の石の着いたサンダルを履いてコンサートに行ったりしていました。
もちろん、ターコイズのペンダント、、、潤君のに似たのを探したりしていました。

たしか、コンサートでも彼のペンダントを生で見て、「ほんとに大切にしているんだな~。」って想ったことを記憶しています。

あれからも、潤君はきっと色々なアクセサリーをしてて、きっと当時よりもっと高価なものも身につけているのかも知れない。
だけど、どうしてなのか思い出すのです。

私がコメントつけさせてもらったお友達さんもおっしゃっていたけれど、
当時の彼らは、きっと今よりももっと思い通りに話すこともできなくて、言いたいことも言えなくて、だけど今と同じでがむしゃらに生きていたんだろうな。

あの青い石がね。
なんだか「潤君の強さ」みたいに、あの頃感じてた。
彼の意志の強さ、気持ちの強さ、心の強さ、、、そういう気がしていた。
どちらかというと、私にはあのペンダントが、彼を守っているように見えたんだ。
まるで鎧甲(よろいかぶとって、、、なんか表現ふるっ。。。何時代やねん。)か何かのように。

「ちきしょー、負けねーからな。」みたいな気合いをね。。。。そういうのを感じていました。
あのペンダントから。

ちょっと昔の雑誌を開いてみました。
あ~これだこれだ。。。はなちゃんとみかんちゃんに手伝ってもらって、パチリ。

PENDANTO.jpg

見えますか?

メッシュなんて入った髪の潤君が、ターコイズのペンダントをつけて立ってるPOTETOの表紙。
2004年だって。
最初の24時間テレビの年だね。

今の潤君は強さに加えて、優しさに溢れた男の子だと想う。
きっと肩の力もすっと抜けて、自分のことも周りのことも受け入れられる大人になったのかな。

もう必要ないんだね。
あの黒いマニキュアも、ターコイズのペンダントも。

コメント
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます
昨年のヤッターマンのNYレポで香取さんのブログにたどり着きました
そのときコメントさせていただいて久々なんですが、いつも楽しみに拝見させていただいています
香取さんの書かれる文章は私にはほんとにぐっとくるんですよね
こんな風に表現できるのがほんとにうらやましいと思ったり・・・

今回の潤くんのターコイズ、すごくよく覚えています!
その頃は私はまだ嵐ファンではなかったんですが、潤くんのしてるターコイズはすごく印象に残っています
黒いマニキュアも(笑)堂本剛くんと潤くんのイメージです!
その当時の潤くんの印象は今のような感じではなく、もっと攻撃的というか自分を強く見せてるような印象でした
で、あのターコイズがその象徴というか・・・
今思うとそんな感じだったのかなぁって思います

最近してる指輪なんかもけっこう長くしてると思いますが、やっぱりちょっと大きめだったりしますし!
アクセサリーに思いがこもってるんだろうなぁって思っちゃいます

では今年も香取さんのブログ楽しみにしております
2010/01/05(Tue) 13:28 | URL  | マサ #-[ 編集]
☆香取さま
おじゃまします。
なんかね・・・香取さんの文章を読んでいて、あの頃の、熱い・・若い潤くん、そしてそれを見つめる自分の気持ちを、思い出していました。
潤くんは、スピリチュアルなものを大事にするから、香取さんがおっしゃるように、あのターコイズのネックレスは、彼のお守りだったのかもしれませんね。

どうなんでしょうね。
あの頃の、攻める潤くん。
攻めているのに、どこか脆さも感じられるような彼が。
今は・・しなやかな強さを身につけて、すっかり大人になってしまった。←これ、ちょっとネガティブな言い方ですね。 あはは。すいません。
「なった。」 ってまとめたほうがいいんだろうけれど。
「なってしまった。」って言いたい自分がいるんです。

いま・・嵐が大人気で、いろんな可能性を試せるときでもあるから・・
小さくまとまらないで、攻めて欲しいな。って思います。
って、いつも潤くんにだけは、注文が厳しくなってしまいます。 笑
それだけ、大好きってことで・・

また遊びに来させてください。
これからもよろしくおねがいします。
2010/01/05(Tue) 17:18 | URL  | イミ #riYmEOQE[ 編集]
どこで服を買うのか?
>マサさん
何年か前に、コンサートのMCで、相葉ちゃんと二ノが飲みに行ったときに話した話題として、、
「潤君は、どこで服やアクセサリーを買うのか。どれくらいお金を使うのか。」っていうのがありましたが。。。
まぁ、当時は、二ノ、、、パジャマで札幌来てたしね。寝癖の髪でね。

潤君は昔から、とってもおしゃれでしたね~。
髪型もいっぱい変わって、その頃の髪型を見ると何のお仕事をしていたか思い出しますよね。

今のシルバーのリングもすてきですよね。
ちょっと凶器になりそうだけれど。爆!

きっと「想い」がこもっていそうですね。
また遊びに来てください。
コメントありがとうございました~。
2010/01/05(Tue) 21:14 | URL  | 香取 #-[ 編集]
こんなところに来てくださるなんて。。
>イミさん
すっかり大人になってしまった。。。
そのイミさんのおっしゃる言葉の意味が、なんとなくわかる気がします。
だって、十代でしたものね。潤君。まぁ当たり前か。。。
スピリチュアルなことが好きだったのね。
なんだか嬉しいです。私もです。
実は、私も出かけるときは必ずパワーストーンを身につけていないと、すごくこわいので、、、小学校教員の時も、わからないようにアメジストのピアスとかしてました。
それが、私の「気合い」で、守ってもらっている気持ちでした。
だから、そんな風にあのターコイズのことも見ていたのかな?

潤君。。。
すごく強い、、、攻撃的な、、、っていう潤君のイメージが私の中で少し変わったのは、「白夜の女騎士」の頃からでした。
私の勝手な考えですが、あの時、彼は自分の「底」を見てきたんだろうな、、、と想っています。自尊心とか、プライドとか(同じ?)そういうものをかなぐり捨てなければいけない、、、そういう体験をしたんだろうな、、、って想いました。
初めて「逃げたかった」って、目にうっすら涙を浮かべて話す(少クラだったかしら)潤君を見たとき、ほんとは、、、きっと自分をずっと守り続けてきた子だったのかな。。。って。

近頃の潤君の演技、スマイルとか、、、それから、コンサートでの語りとか聞いていると、そろそろまた舞台のお仕事やってみてもいいんじゃないの?潤君、、、って想います。
どうでしょうか?
あ、、、嬉しくて、長々とレスポンス書いちゃいました。

ここまで来てくださってありがとうございました。
なんだか申し訳ないです。。。宣伝しちゃったし、、、そちらで。爆!
また遊びに来てください。今日も超超寒いです。

2010/01/05(Tue) 21:24 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック