日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
今年も「嵐と一緒に歩いていこう」
2010年01月02日 (土) | 編集 |
嵐君達と離ればなれになって、2年目が3分の2過ぎました。

私が日本を出るとき、ちょうどコマーシャルで翔ちゃんが
「3年なんてあっという間!」って言っていました。
その言葉が、心に浸みたな。あの時。

さて、これからその3年目が始まります。
嵐のファンになったとき、「嵐」で検索していたらいくつかのホームページに出会いました。
「嵐と一緒に歩いていこう」っていうタイトルのホームページがあって、そのタイトルを見ただけで
「あぁ、嵐はとっても優しいファンに応援されているんだな。」って思いました。

今、お友達夫妻が遊びに来ていて、その奥さんとお話をしているとき
「香取さんの趣味は、嵐なんですね?」って聞かれました。

「趣味じゃないです。嵐は私の人生です。」って答えました。

彼らが生まれて、5人が出会って嵐になって
それから数年経って私が嵐に出会った。

私の知らない嵐も、私の知らない彼らの人生もいっぱいあるけれど、
嵐を応援してからそれを自分なりにずっと埋めてきている気がします。
そして、
ずっと支えてもらってる。

私は今、こんなに遠くに居るけれど
エンパイアに登っても、嵐のいる日本は見えないけれど
どんなに大きな声で呼んでも
きっとその声は届かないけれど
それでも、この場所で私はやっぱり、
今年も嵐と一緒に歩いていこうと思っています。

ここで想っていることが
きっと彼らの歩く道を
ほんの少しくらい明るく照らしているんじゃないか
私の大切な星形ペンライトくらいのほのかな光だけれど。

今年はコンサートに行くこともできないけれど、
でも、ここからずっと応援してるよ~。
翔ちゃん。
大ちゃん、
二ノ
潤君。
それから、相葉ちゃん。

今年も健康で、いいお仕事をいっぱいして
日本中の、世界中のファンのみんなに
夢や希望や
優しさや
愛を
どうぞ届けてね。
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりにお邪魔します。
香取さん、明けましておめでとうございます。
ご挨拶が遅くなりました…。

私も。

嵐と一緒に…
そして香取さん含め嵐ファンの方々と一緒に歩んで行けたらいいなと思います。
ずっとずっと。

それでは、今年もどうぞよろしくお願い致します。
2010/01/02(Sat) 21:11 | URL  | izumi #-[ 編集]
izumiちゃんと言えば
>izumiちゃん
あけましておめでとうございます。

izumiちゃん。。。たった一度しか(2度だ。。。)お会いしたことないけれど、
izumiちゃんと言えば、タイムコン、オーラス、そして二ノ、眼鏡、、、虹。。

こんな風に思い出されてきます。
私の中で、何より心に残るコンサートでした。
また一緒にコンサート行きたいな。
そして、コンのあと、今度はゆっくり一緒にご飯食べたりしたいですね。
来年。。。(もはや)はきっと一緒に。
コメントありがとうございました。
2010/01/03(Sun) 03:15 | URL  | 香取 #-[ 編集]
初めまして、ゆりと申します

色々めぐりめぐって、ここを通りかかりました
記事をよませてもらって、勝手ながら涙してしましました。
「嵐は私の人生です。」私もです
最近、その存在が大きくなりすぎて
どうしたらいいのかも、自分でも訳も分らず
なんだか涙が出てしまいました
彼らの謙虚さと優しさ、思いやり
規模が大きくなっても変わらない人柄に・・・
それは周知の事実ですが、改めて嵐さんに感動です

アメリカでも、嵐さんは大人気なんですよね!
凄いですよね、嵐さん。
Rapもコンプリートしちゃうなんてアメリカ人凄すぎます(笑)


素敵な記事をありがとうございました。
2010/01/05(Tue) 10:40 | URL  | ゆり #TReQjaKE[ 編集]
はじめまして
>ゆりさま
初コメントありがとうございます。

私も、ずっと戸惑ってばかりです。
去年、札幌で彼らのコンサートに久しぶりに参加して、彼らがかっこよくなっていて大きく大きくなっているのを見て、もう傍に来て手を振ってくれたり、メッセージをじっくり読んでくれることもないんだな~って実感しました。
寂しかったな~。

だけど、彼らがその道を選んで、そしてそれでも尚、なんとかファンの私達と繋がり続けようとしてくれる。。。そうある限り、彼らの行く道を応援していきたいって去年、心に決めました。

10周年は、私にとってそんな年でした。
読んでくださってありがとうございました。
立ち止まってくださって、ありがとうございました。
2010/01/05(Tue) 11:59 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック