日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
マイガール8回目まで見ました。
2009年12月25日 (金) | 編集 |
おそっ。。。
遅すぎですか。

ちょうど帰国していたときに6回目まで見ていたのです。
札幌コンの前日も。

そして、残りの分を先日まとめて送っていただきました。
なんせ、このクリスマスの混乱と大雪のせいで、届かないかと思うくらいJFKで足止めされていたDVD達。
やっと、昨日4回目あたりから8回目までやっと見ました。

それにしても、私、、、大人になったのかしら。
どうしても、正宗くんのお母さん達の台詞に泣けますの~。
「相葉ちゃんらしい」役って言うと、もうきっと何百回も何千回も、誰もが言っているのでしょうね。
8回目というのは、シンデレラの役をかなちゃんに譲ったコハルちゃんのお遊戯会の場面です。

最初はすごくぎこちない感じの正宗くんとコハルちゃんも、回を追う事に親子らしく、、、ってあんまり感じないのですが、皆さんどうでしたか?
親子だけれど、他人として生きてきて、いきなり親子として生きるって、きっとああいうぎこちない感じが続くんでしょうね。
探ったり、よそよそしかったり、、、。ぶつかったり。
それにしても、あんな子いるんだろうか。あんなよくできた保育園生。
いたら、しんどいでしょうね。本人。
私は「しんたくん」が超好きです。
どうも相葉ちゃんとコハルちゃんって親子っていうより「恋人同士」っていう感じがしてしまう。
そういう演出なんでしょうね。いや、私のうがった見方ですか?
子育てをがんばっているというよりも、こはるちゃんの中に陽子さんの面影をずっと追い続けるっていう気がします。

さて、昨日マイガールを見ていてすごく泣けた場面がありました。
まず、はるかさんの回。
再就職が決まったはるかさんが、それを伝えに保育園に来て、正宗君とコハルちゃんふたりのお誕生会に遭遇する。そして、二人の間に入ることはできないって思ったのかしら。
少しでも期待をしたそんな気持ちを閉じ込めて、次の朝「戦友として」って正宗君にはるかさんが言うところ。
なんだか号泣しちゃったです。
女性がひとりで子育てしていくことって、私には想像できないしんどさだろうな。
あんな風に優しくされたら、しかもよく似た家族環境で、やっぱりよりかかりたくなるだろうな。
よりかかっていいのか?って思っちゃうよね。しかも正宗君優しいし。
だけど、正宗君ってそういう空気、絶対出さないよね?コハルちゃんにさえ。
「人間」には垣根がない感じなのに、こと女性に関してはそういう空気を感じない、、、あれも、相葉ちゃんだから?
だから、はるかさんが自分の中で消化して、いつも通り明るく正宗君に話しかけるところが泣けました。
にしても、なんで写真集まであげちゃうのか。。あれは期待するわ。
中途半端なんだよ。優しさが。。。わかるけどさ。

それから、正宗君のお母さん。室井滋さん。
すごいかっこいいお母さんやわ~~って思います。
正宗君のことを、「ちょっと、あんた。」って言うところがすごくステキ。
「あんた、ちゃんと話聞きなさいよ。」って言うところ。
「おばあちゃん」だけど、孫と親の間に入らないところがかっこいいお母さんです。
「電話なんかしてこないで、ちゃんと仕事しなさい。」っていう厳しいところとか、なんだかもう自分自身そういうこと言われなくなって相当たっているので懐かしいというか羨ましい気分になります。

正宗君の両親はかっこいいです。
お父さんは全てを受け入れる大きな方だし、お母さんはいっぱい思いはあるし、今まで精一杯子供と仕事をこなしてきた、、っていうのがすごく伝わってきて、そういう家庭に育ったからこそああいう正宗君が存在するんだろうな。
正義感が強くて、
だけど、傷つきたくない弱さもあり。

相葉ちゃんのお母さんが、この番組見れないっておっしゃっているそうですね。
あれは見れないですね。
前に、なんだっけ。Gの嵐かなにかの川柳コーナーで。
「やめてくれ(ここ忘れた)自分の息子に 投げキッス」っていうのありましたよね?
相葉ちゃんの作った川柳。
コンサートでお母さんの席を見たら自分に投げキッスしていた。。っていう、勘弁して欲しいっていう川柳。
そりゃぁ見れないよ。いきなり子持ちになる息子のドラマ。なんだかすごくわかります。
室井滋さんのお母さんが、こはるちゃんを孫として「こはるちゃん」って呼ぶことができるまで時間がかかったように。

だけど、このドラマって。ツッコミどころ満載だよね。
まず、「正宗くんのお家が豪華すぎる」
服も買ってあげられない安月給で、あんなステキな家住めるのかい?家具もアンティークじゃん?
「正宗君の家がきれいすぎる」
どんだけきれい好きなの?子供さんがいて、一人暮らしで忙しい若い男の子の部屋。
あれはないっしょ。
「コハルちゃんは、服をいっぱいもっている」
ずいぶんおしゃれさんじゃないですか。正宗くんの家に来たときは小さいバッグ2こくらいだったのに。
「ヒナちゃんは、コハルちゃんに構い過ぎでないかい?」
ヒナちゃんの演技が、なんだかいちいち笑えるの。
保育園の先生があんな風に話すのか?むちゃくちゃ他人行儀だけど、あんな感じなんだろうか。他の園児さん達ほったらかしじゃない?「こら、階段を走るな」とか怒鳴ってるのに。
ヒナちゃんの標準語笑えるよね。でも、息子さんとのお別れの回は泣きました。
「保育園を私物化してないかい?」
正宗君の誕生日に、あんなにデコってだけど、あれ、保育園の色画用紙とか折り紙とか使ってるよね?ひとりの子にあんなに使わせたら、他の保護者から文句でないのかい?
「正宗君の部屋のテーブルにある大きなお皿は何なのか?」
最初、従姉妹と「豆入ってるんちゃうか?」「だったら、誰か食べたりするんちゃうの?」とか言いつつ見ていましたが、8回目までそれが何かわからず。ときどきどこかに片付けられているけれど、あれなんですか。
あ、、最後に、「正宗君はコハルちゃんに謝りすぎ。」
「ちょっとだけ待っててね」っていうのと「ごめんね」が多すぎる気がしました。大人な香取としては、そんなに子供に気を遣って、迎合していていいのか?って思っちゃったりするんですが。コハルちゃんがよくできた子供だから、これまかり通るんだろうな~。

だけど、相葉ちゃん。
ドラマもいいね。
ずいぶん長い間見ていなかったけれど、相葉ちゃんのドラマもいいな。
もっと色々な役を今後もさせてもらえるといいね。

今回の役は、ほんとぴったりだったね。
相葉ちゃんのイメージと、正宗君がぴったりで、どっちを自分が見ているのかわからなくなるほどでした。

もう日本では終わっているのに、今頃感想、、、しかも8回目までっていう中途半端ですが。
正宗君のお母さんとはるかさんがステキで、日記にしました。
読んでくださってありがとう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック