日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
おもしろかった!!「0号室の客」
2009年12月06日 (日) | 編集 |
yukida!.jpg

「とうとう、降ってきたわ~。お休みの日でよかった。」(byちびなまけ達)

全然チャレンジしていない日々ですが、見てますよ!傑作選とか。
懐かしいです。
5人の無秩序な会話がね。

ちょっと安そうなスーツの「Dの嵐」の、あの頃の5人はちょっと乱暴に話ながら「翔君」「大野君」「相葉ちゃん」「二ノ」そして「潤君」って呼び合う。
カツンみたいに、それぞれを呼び捨てしないんだ~ってあの頃思ってたんだよね~。

さてと、見ました。
「0号室の客」いや~、、おもしろかったです。
やっぱり大ちゃんはおもしろい!
しかも、もう「魔王」のときのように、ドキドキ緊張して見る必要もないし、なんだか安心して見ていられる。
それはきっと、昔の「演技者」のテイストがあるからかしら。
制作も、オフィスクレッシェンドだし。(昔よく、つつみんのドラマ作っていましたよね。)

それにしても、提供がJStormっていうのは、、、なんだかすごいですね。
それって、提供とかする会社だったの???って驚いた。だから、コマーシャルが嵐の5×10ばっかりで、見応えありました。しかも、いつの間にかTOKIOも、仁もJstormだったのね?

さて、「0号室の客」。
脚本もよかったし、やっぱり大野智というひとはすごいな~と。

彼は、この忙しいさなかの嵐の中に居て、もしかしてちゃんと仕事選んでやってるのか?って思えるほどの、はまりようと単発もの。
「釣り行きたいから、短いのにしてね。」って言ってそうで嬉しいです。

「魔王」が終わった頃「あぁこれで、やっと家族で焼き肉できる」って言ってた大ちゃん。
自分のペースをかき乱されてまで、どん欲に。。。なんて思っていない感じがして頼もしい。

そして、このドラマでの彼の役は、ほんとに彼のよいところを短い時間で全部見ることができる気がします。
ちょっとロマンティックなダンスシーン。
うわ、、、なんか大ちゃんも板についてきたのね?ってまた「四分の一の絆」を思い出す。爆!
それから、コメディタッチなシーン。
表情から、声の大きさも、最後の酔っぱらいのシーンとかもう、大ちゃんらしい!最高だ!!

そうそう、札幌ドームでこんなMCがありましたね。
「ZEROでの大野さんのきょどり方が、すごかった。」という翔ちゃん。
全員が毎日出演したときの、大ちゃんが出た日をテレビで見た翔ちゃんが、大爆笑してしまったんですって。
番組の最後、全員がお辞儀をして終わる、、、と言うことを知らなかった大ちゃんが、急にお辞儀をする周りの出演者に驚きながら慌ててお辞儀をする、、、、というシーンだそうです。
(私、まだ見ていないのですが)
それを再現してみて、、、っていう翔ちゃんのリクエストに、大ちゃんがやってくれたのです。
それがもう、超おもしろかった。
そして、大野智ってすごいな~と思うのです。だって、再現だけではなく、「じゃぁこんなシチュエーションでやってみて。」っていうメンバーのリクエストに全て答えて表現してくれるのです。
そういうところが、さすが役者だな、、と思います。

そうそう、「青木さんちの奥さん」ね。
私の大好きな「演技者シリーズ」のひとつなんですが、大ちゃん、相葉ちゃん、翔ちゃんの3人が、ピカンチのシナリオライターの河原さんなんかと一緒にアドリブで演技していくお芝居なのですが。
相葉ちゃんなんかは「何いってんだよ!」とかを連発してるだけなんだけれど、大ちゃんはものすごいシュールな返し、予想外の台詞をぽんぽん返していき、ベテラン俳優さんが感心しておりました。

「彼の返しは、ものすごく高度なんです。」って。

その滑舌のよさ、機敏な動き。
何にでも命を吹き込む表現力。
大野智はやっぱりすごいな~。
かっこいいとか、ステキ!とかっていう言葉はあんまり浮かんでこなくて、いつも「すごいね~。」って言っちゃう人。
また見たいな。大ちゃんのお芝居。

きっと「こんな忙しい中で舞台は無理かな~。」とか思ってるんじゃないの?大ちゃん。
でも、やっぱり見たい。
大ちゃんが舞台を走り回る姿。
鋭い眼差し。
かっこいい殺陣も。

近頃の嵐のお仕事を見ていると、大丈夫かな?消耗しないかな?って思うことが多いです。
アメリカで見ている私でさえそう思うので、きっと日本で見ていらっしゃる方達はもっともっと心配したり、覚悟したり、受け止めたりしていらっしゃるのかもしれませんね。

だけど、私ね。
この大ちゃんの久しぶりのお芝居を観て、
あぁもしかしたら、この子かもしれないって思いました。
嵐ブレイクに火をつけたのも、大ちゃんだったかもしれない。
そして、上手に足下を照らし続けてくれるのも彼なのかもしれないと思いました。

プレミアムで5人が言っていましたよね。こわい振り付けの先生をもってしても、ゆるぎない大ちゃんがいたこと。
靴が飛んできてもシカトし続けることができる、そういう強さ。
(まぁ、先生にしたら勘弁して欲しいところだったと思うけれど。)
自分の信じたことは譲らない大ちゃんの「本当の強さ」が、きっとこれからの嵐を引っ張っていってくれるんじゃないかな~って思いました。

どんな風に、テレビで映ろうとも
メンバー4人が、頼りにしているリーダー。
言葉とかだけじゃなくて、絶対的信頼をもって4人が傍にいる人。

「0号室の客」の大ちゃんの様子見ていて、なんだかとっても安心しました。
その演技のことだけじゃなくて
きっと、大ちゃんがいれば大丈夫って思った。

そうそう、マイガールのメイキングの中で、相葉ちゃんが
「俺って、ほんとに嵐なのかな~。」なんて言うシーンで
傍にいた大ちゃんが
「大丈夫だよ。相葉ちゃん。僕もあんまり知らないから。」って声をかける。
ふたりは、あははと笑ってそのシーンは終わるんだけれど、
これが、「大野智」という安心感なんだな~って思った。

東京ドーム、ラストデイですね。
皆さん、楽しんでくださいね。
私を肩に乗っけてくれるために、席番号教えてくださったお友達さん。
真っ先にお邪魔します~。
コメント
この記事へのコメント
やっぱりかっこいい~!
先日、ひみつのあらしちゃんで、
バッティングセンターのボールを打つ女優さんが
出て、嵐くん達も打つことになって、
どうせならって、プロ並みの140K。
翔くんは、やっぱり全然駄目で(笑)
相葉ちゃんは、最初は駄目だったけど、
次から当たって。

で、リーダー。野球やったことないんだよな。
って言いながら、一発目から当てた。

やっぱり、この人はすごい。と思ったよ。
何をやらせてもできちゃう。
でも、そんな風に見えないギャップがドキドキするわ♪
2009/12/09(Wed) 10:11 | URL  | まこりん #HfMzn2gY[ 編集]
ほんとだよね。
>まこりん
大ちゃんって、誰もできないことをすっごい簡単にやっちゃうっていうか、ものすごい運動能力のある人なんだろうね。
あと、すごいカンがよくて、しかも努力家だ。
天才ここにありだね。

この番組、関西でもう見れた?
2009/12/09(Wed) 12:07 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック