日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
これが日常
2009年12月02日 (水) | 編集 |
nitijo.jpg

「こそこそ、、、祭りの後のかとりん、、、意外と普通やね。」(byなまけ一同)

もっと落ち込むとでも思ってたんか?(byかとりん)

朝は5時半に起きて弁当を作る。
これが一日のスタートなのだ。
それから、7時になったらフジテレビを見る。
9時前に電車に乗ってマンハッタンへ行く。

ブライアントパークで地上に出て、今日はクリスマスショップってうのかしら、小さなお店がいっぱいこの公園に出ているのをひやかして、ひやかしてるのになぜかオーナメントを2個買って。
H&Mで5ドルの帽子を買って。。。いつもの学校へ。

そんな日常が戻ってきました。
地元の図書館に1ヶ月ぶりくらいに行って、久しぶりに先生の早口の英語に驚き。。。
多少凹んでみたり、いやいやもうそんなことでは凹まないのだ。

そして今、ビバヒルを見ている。
これも何回「高校白書」から見ていることか。

少しずつ、お祭りから日常に生活を戻しています。
これが日本でお仕事をしている頃だったら、一度に全てが戻ってくるんだけれど、今の私は自分で選ぶことができるので、今までやっていたことを全てやり直すわけではない。楽です。
お仕事がんばってる皆さん、ごめんなさい。

そして、お友達から送ってもらった「嵐チャレンジウィーク」にも、チャレンジしてみようか~と思っています。
まだ見てないのかよ~。

今回、SMAP筋金入りファンの方達とお会いして、
嵐もまだまだだと実感した。
嬉しいような、、、。

まだまだ越えるべき背中が、ずっと先にあるよ。嵐君。
まずは、本当にやりたいことを、この世界で見つけられるいいな~と思う。
本当に信頼できる人やものを。
コメント
この記事へのコメント
越えるべき壁
私も、筋金入りのSMAPファンのお友達とお話をしていると、勉強させてもらうことが沢山あります。嵐も越えなければならない壁がありますよね。そして私達ファンもその壁を一緒に越えて行きたいし、嵐さんたちが壁を少しでも越えやすい様に、私達ファンは、風を送ってあげなければいけないですよね。応援って言うより一緒に歩いて行きたいって思います。私個人では、いつも沢山の幸せをくれている彼らに恩返しって感覚もあるのですけどね。
ところで、香取さん、ビバヒルを見ているとの事!
私、ビバヒルの大ファンでその一文に食いついてしまいました(爆)ケリーやドナと同い年なのと、ドラマのストーリーとリアルタイムに自分の青春時代を過ごしたので非常に思い入れがあります。ビバヒルをみて、なんど泣き笑いしたか(笑)懐かしいな~♪私も見直そうかな!…でも、嵐ゴトで今は忙しいですね~。香取さんも、嵐さんのチャレンジウィーク、のんびり楽しんで下さいね♪
2009/12/02(Wed) 17:52 | URL  | いずみん #-[ 編集]
ビバヒル大好き!
>いずみんさん
どこまでも優しいドナちゃん。
いつもドナちゃんの味方のデビッド。
そして、賢明で繊細なケリー。

もちろん、ミスタービバヒル、ブランドン。
忘れちゃ駄目なブレンダ。
そして、絶対無二の人、スティーブ。
いつも生き方を模索するアンドレア。

離れてくっついて、くっついては離れ、、、複雑な人間関係。
実はリアルで放送のときから、私も大好きで。。。以前の国に住んでいるときに、いつも送ってもらっていました。爆!
今も、アメリカの何処に行きたい?って聞かれると
「う~ん、ロサンゼルス、、、カリフォルニア大学、ロデオドライブ、ビバリーヒルズ。」と言っています。

こっちでは、もう2年目ですが、ず~~っとビバヒルだけをやっているチャンネルがあって、毎日5時から7時までは見ております。
1日2回放送なので、あっというまに13年が過ぎていきます。
そしてまた高校白書から始まるの。すごいっしょ?

嵐のこと。
近頃、変わるべきは私達ファン。。。
とくに昔の彼らに固執している私みたいな古参?ファンかなって思います。
変わっていくものに追いすがるのはだめです。
子供達は時に反抗的になったりするけれど、そういうときはいつも思っていました。
「これがないと、成長じゃないんだよな~。」って。
この成長を嬉しく思える。。。心の広い人間になりたいけれど。
昨日、「行列のできる」の二ノ出演を見ていて。野獣の中にぽっつり美しいものがいるような気がして、ドキドキしました。爆!
チャレンジウィークがんばります。今日、クリスマスの飾り付けをしながら。
2009/12/02(Wed) 20:57 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック