日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
こちらも今頃
2009年10月26日 (月) | 編集 |
「少年倶楽部プレミアム」の総集編を見ました。
って、遅すぎかい?これって、なぜかリアルで見ていなかったのです。
なんでも、2006年の映像がいっぱいでした。

少年倶楽部プレミアムと言えば、幻の第1回は「相葉雅紀」がプレミアムゲストでした。私達は「なになに?その番組?」って想いながら、第1回に相葉ちゃんを招いてくれたNHKサンに「感謝カンゲキ雨嵐」でした。ほんと。。。

そして、今回3年ぶりにその第1回を見ました。(たぶん、当時はリピって見てたと思うんだけれど、しかも保存もしてるのに見ないものよね。)
太一君の
「近頃、○○君のファンになりましたって言う子達からの、当時見ていなかった映像を見たいというリクエストが多かったので。」って、爆!
よーけおるやろ。そんな子ら。

そして、驚きました。
饒舌に話す相葉ちゃん。
そして、それを、ものすごく厳しい目で見つめる太一君。
太一君はね。きっとこう思っていたのです。
「おまえ、本心をちゃんと話せよ。」

太一君から浴びせられる質問を、相葉ちゃんは意気込んでものすごくすらすらと話してる。
たぶん、話ながら固めてるんだと想う。
自分の考えを。
そういうときって、人間はすらすら話すからね。
そのすらすらと出てくる言葉に、太一君が言う。
「おまえ。甘いよ。」って。

もしかしたら、この頃の嵐はもっとやりたいことがあったのかな。。。とか想う。
今の相葉ちゃんよりなんだか自信満々に語っているのは、相手が太一君だからかしら。
だけど、太一君の目が笑ってないんだ。
このふたりの関係ってすごいな~って想った。夜中に見てたんだけれど、なんだか真剣に見入ってしまった。

嵐は幸せだね。
どんなに高いところに上り詰めたって、きっとこうやって苦言を呈してくれる先輩がいる。
どこまで行っても超えられない背中が、彼らの前にはまだまだいっぱいある。
これはも、露出が多いとか多くないの問題じゃない。

さらに、思い出した。
この日は第1回目だったから、同じくスタジオにMAの4人が呼ばれていた。
そのとき、太一君が
「人の舞台のプロデュースとかやらないの?」って屋良ちゃんに聞いた。(今や、そういう立場の屋良ちゃんがいる。)
屋良ちゃんは
「人のプロデュースをする前に、やっぱり僕はプレイヤーでありたいんです。」って太一君の目を見て答えた。

「こら、相葉~聞いてるか~。」って太一君がそのときスタジオの外に向かって言ってた。

香取はあのとき、やっぱり嵐は、、、、ちょっとふわふわしてるな~って想ってた。
MAは切羽詰まってる。いつだって。
何も逃さないで、全ての事に食らいついていく勢いがきっとあの時もあった。

その屋良ちゃんと相葉ちゃんのギャップを、あの時すっごく感じてたんだ。

あ、、、振り返ってないよ。
だって、NHKさんが今頃放送したんだから~~。

さて、香取は2006年のこの番組を見てどう思ってたのかな?って考えた。
だって、かとりん嵐ファン全盛期ですよ。この頃は。
なので、アーカイブを見てみました。こんなこと書いていました。
結局、相変わらずおんなじこと言っておりました。爆!

一応アップしてみたり。。特に読みたくもないと想いますが。。。爆!
同じこと言ってますわ。。


2006年4月25日の記事「やっぱり嵐が好き!」
やっぱり嵐が好きだ。。。って思った。

日曜日のBS「少年倶楽部」。

お話をしっかり引き出してくれた太一くんもありがとうだった。
がんばって話した相葉ちゃんは、「がんばりすぎ」って言われたけれど、まだまだ23歳。
今が、がんばり時だよ。
がんばれ、嵐!

嵐は何をしたいのかな?ってずっとここのところ思ってた。
去年から、ひとりひとりの活動がほとんどで。
舞台。。。舞台。。。ミュージカル。
本当は何がしたいんだろうって、去年の「WISH」あたりから思ってた。
相葉ちゃんは「嵐はアイドル」って言ったけれど、太一くんに「なんでもそういうくくりだけど。」って言われてたけれど、その定義のない集団にいてほしくなかったんだ。

ジュニアの精鋭だ。嵐は。
あのジュニア全盛期。。。ジュニアでコンができたあの全盛期にメインとしてタッキーや翼くんのすぐ後ろに立っていた。
今でもデビューの時に「どうしてタッキーじゃなくて大野君?」って言われ続けたことが、大ちゃんにはトラウマになり、コンではまず、自分のウチワを探すという。
あの全盛期の最高峰の5人なはずだ。

ラップメインの「a day in our life」は、本当にかっこよかった。
何度もしつこく言うけれど、香取はアメリカのボーイズバンドが好きなんだ。嵐のアルバム聞いた時「BSBだ!」って思ったんだもの。
歌がうまいし、ダンスにもキレがある。だって、昔のsmapのライブとかのダンス、結構笑えるよ。。。
嵐5人に力を感じたんだ。

だけど、、、、ってこの頃思ってた。

でも、久しぶりに見た嵐は、大人っぽくてかっこよくなってた。
この頃は、ほら、カトゥーンの露出が多く、ジャニーズ後輩ということで応援してるし彼等自身、実力があるんだけど。。。あ~~押されてるって思ってた。食われてるとも。

ウタワラで「カツンのダンスはちょっと。。。」みたいに言っていた潤君の言葉に「そんなこと言っちゃっていいの?」くらい思ってた。
久々の嵐のダンス。。。かっこよかった。

そして、なんだかほっとした。
やっぱり、香取は嵐が好きだって思った。
BGのダンスより生き生きしてる翔ちゃん。
エロエロな潤君。ソロよりずっと素敵に見える大ちゃん。
そして、いつも「がんばって踊ってる。。」相葉ちゃん。
ニノはまだいないけれど、久しぶりに「嵐の力」を感じた。
(注:当時二ノは、ハリウッドに行っていて日本にいなかったので4人でのプレミアムショーでした。)

きっと多くの嵐ファンが、少クラ見て嬉しかったんだろうな~。

さてと、同じくMAも出ていました。
実は、香取は屋良っちが好きで「ジュニア情報局」に入っているのですよ。
彼ら4人は、今もジュニアです。デビューしていないから。
デビューをやっぱり考えていたんだろうか。望んでいるのだろうか。今も。
だけど、彼等は事務所の目指すエンターテイメントの王道を歩いている。
誰もが彼等のダンスを認めているし、ファーストコンでは同期の翔ちゃんや大ちゃんでさえ「バックで踊らせてほしい。」と言うほどだ。
でも、色々な想いがあるだろうに。
同期がどんどんデビューをして、ミュージカルアカデミーというユニットであっても、常に先輩のバックにつく。
たしかに、少年隊やキンキは絶対に彼等をバックに。。。となるけど。
でも、どういう気持ちなのかな?といつも思う。

MA SHOW TIMEは、ほんとかっこよかった。
実は、嵐よりね。ダンス面では。
しかも、自分達の展望がちゃんと語れる。相葉ちゃんよりね。。。

なんか今日はとりとめもなく書いた。
読んで下さったジャ○オタの皆さんありがとう。
そして、さすがにずっとジャ○ーズを支えているN○Kさんだと思った。
がんばって受信料払いますわ。
コメント
この記事へのコメント
昨晩
いよいよ嵐ウィーク始まりましたv-353

昨晩の『行列のできる法律相談所』、ニノが出演でした。
こんな事言ってました。
「テレビに出させてもらうのも先輩ありき。先輩が作ってくれた
道は、自分の代では汚せない」と。

今日は雨の朝です。行ってきます。
2009/10/26(Mon) 07:26 | URL  | ちゅみまま #JSqBSQcU[ 編集]
二ノ
>ちゅみままさん
今回は、よい子の二ノちゃんだったんですね。
やっぱりジャニーズ事務所ってすごいですよ。
素晴らしい先輩がたくさんいますものね。

そして、いまや知念君のように大ちゃん一筋の子もいるしね。
2009/10/26(Mon) 09:11 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック