日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
さあ行こう~!キャッチ!
2009年10月09日 (金) | 編集 |

相葉ちゃん、翔ちゃん、潤君、二ノ、大ちゃん。
私はね。
迷ってばっかりだ。
未来に背中を向けて
過去に向かって顔を上げ
君たちとの距離が、どんどんと広がっていくのを感じてる。

「嵐と一緒に歩いていこう」
その気持ちは決して変わらない。
香取のペースで、君たちについていってもいいのかな。
ちょっと遅れ取っちゃうけれどさ。

ってことで、またまた、今日も
オールメンで行こう!
ボート部見終わった。

なんだかわかったことが、ひとつ。
彼ら、誰かにその先へ導いてもらうことが、すごく楽しかったんだろうな。

いみじくも、、、翔ちゃんが言っていた言葉が心に残った。
「僕らの仕事は、勝った負けたがないから、だからそういう気持ちを感じたい。」

あぁそうか。。。
彼らは、どん欲に誰かを蹴落とす、、そんなタイプじゃないって思っていたけれど、本当は負けることを悔しいって思ったり、、、いつかきっと、、、って。
そんな風にね。
虎視眈々と狙い続ける子達だったんだな~って改めて思う。

それにしても、4年前に見たときはきっと嵐だけを見ていたんだけれど、今回はボート部の指導者、光さんのこともじっくり見た。

最終回の最後に映し出された、光さんの「練習日誌」。
彼がきっとご自身がボートマンとして、そしてこれまでの40年の(って言っていたよね)ボート人生で出会った全ての選手達のためにも書いてきただろう練習日誌。
それを嵐の5人のために書いてくださっていること。
個人で特訓して欲しいって言われれば、飛んでこられること。
いつも、嵐に会うときはすごく優しい目で、歩いてこられること。
嵐を特別扱いしないで、ボートマンとして接してくださったこと。
光さんのような、きれいな大人に出会えた5人は、幸せだったと思う。

たぶん、彼らがあの頃、、、5周年くらいかな?
そうやって一般の世界の方が、何か彼らに教えてくれることってもう忘れかけていた頃だと思うんだ。
番組の中では「一流のアイドル」って何度も出てくるけれど、それなりの地位を確立した頃でもあった時代だし。

そんななかで、久しぶりに学生時代に戻ったような気持ちだっただろうな。
特に翔ちゃん辺りは、そうやって「先生」と「学生」に戻れることって嬉しかったんだろうな。。。って彼の目を見ているとね、悔しいっていっぱい言いながら、すっごく嬉しそうなんだもの。
尊敬できる大人に会って、ぐ~~っと知らない世界に連れて行ってもらって、はっきりとした目指すものが見えている。そういうの5人も飢えていたんだろうなって思う。

これから、レースだというとき
不器用な光さんが5人をぎゅっと抱きしめるとき
涙ぼろぼろ出ちゃったよ。

人間って、こういうことをちゃんと経験しないと先に進めないよな~って思う。
人生のどこかに、こういうことが絶対ないと人間はだめになると思う。

私、
教員をやっているとき、よく子どもっちに言ってたことがあります。
よく子供って「無理~」とか言うでしょう?
そんなちびっこに
「人生は振り子みたいなもんだ。」とかゆってました。
苦しいこととか辛いことをどれだけ経験したかで、
嬉しいこと楽しいことも、その数倍強く感じられるんだって。
大きく引けば、大きく向こう側に進むことができるんだよって
わざわざ、振り子見せてゆってた。爆!しかも理科の実験中かなんかに。

本当の幸せを感じることは、本当の苦しみを知っている人間にしか与えられないことなんだと、私はいつも思ってる。(そう考えると、今の香取はだめだめだけどね)

楽しいことだけ選んで歩いていちゃだめなんだ。
彼らね。
「ボートが楽しくなってきた」って最後の方で言うんだけれど、
その前に、ものっすごい苦しいことをやってる。
そのむちゃくちゃ意味わかんないくらい苦しいことがなければ、「楽しい」なんて言えないんだ。

番組上では見えないこと、いっぱいあったと思うよ。
だって3ヶ月だもん。
あの頃、、、
あの1年。
私自身が振り返ってもすごかった2005年。
だって、4月に二ノの「理由なき反抗」でしょ?5月に潤君の「エデンの東」でしょう?そして、oneコンだよね。(その年だよね?)それから9月に相葉ちゃんの「燕のいる駅」で10月に「幕末蛮風」だったよね。
私もすっごい忙しかったもん。(って意味不明。ひとり回想シーン。)もうさ、、、私、貧乏になるの?っていうくらい東京通ったわ~。
でも、その反面ね。
あの頃思ってた。
WISH出た頃。
毎月毎月東京に行くんだけれどさ、ジャニショに行っても、あの頃は全然嵐の生写真がなくてさ~。あっても、幅30センチ?くらいのスペースでさ~。いつ行っても同じ写真でさ。
「これ、持ってる。これ持ってる。。。」
なんだ~、、、つまんないって思ってた。

そしてWISH出た直後にさ、たしかカツンのデビュー決まるんだよね。
2006年の1月だったと思う。
カツンの勢いがものすごくて、嵐は失速してる気がしてた。
大ちゃんや翔ちゃんはソロコンやったりしたけれど、
「嵐ってほんと何やりたいの???」って私は思ってたんだ。あの頃ね。

たぶんね。
彼らもあの頃、もがいてたんだろうな。
そんな中でのボート部は、きっと彼らにとったら「忙しい中での大変なこと」では決してなくて、何か進む道を教えてもらえるような。
その先に何か光りがあるような。
奇跡的に「光さん」が引きだしてくれた彼らの「才能」を、本人達も再認識したんだろうな。。って思います。

なんか朝っぱらから(こっちは、朝の8時前です。)ごちゃごちゃ書いている香取。

私、
今の嵐はちゃんとよく見えていない。
だけど、きっと
この「てっぺん」にあっても
彼らはきっともがいていると思う。
その先の「光」を、今も探しているんだろうなって思う。
そして、そうあってほしい。
嵐には、いつもそうあってほしい。
スポットライトが当たっていても当たっていなくても。

ってことで、香取の「ひとりボート部鑑賞会~回想しすぎ~」はこれにてゴールです。
い~~じょ~~~~~!!


コメント
この記事へのコメント
はじめてコメします。ボート部は生で見ていたはずなんだけどまだその頃は嵐さんを意識していませんでした。ただなんてひた向きにがんばれる子たちなんだろうと。今は嵐さんに出会えたことに感謝です。彼らはいつだって精一杯生きてる。その姿に感動するし勇気をもらえる。こんな気持ちを国を隔てて共有できるなんて素敵すぎます。もうまもなく相葉さんのドラマですよ。
2009/10/09(Fri) 23:11 | URL  | さち #-[ 編集]
香取さん

あの時リアルタイムでファンだった香取さんだからこそ今また見えるものがあるのでしょう。
なんか、人のレビュー見て感動して涙が出てくるなんて珍しいことだけど、今泣いてます私。
2009/10/10(Sat) 00:50 | URL  | にこりん #mQop/nM.[ 編集]
あ・・・・・・
私も今回「ボート部」を観てて、すごく光さんに注目してました。ひとりひとりをよく見てるな、って。

そっかぁ、、、、香取さんが書いてること読みながら、私も自分の2005年を振り返ってみてました。すっごく忙しくて、でも、だからこそ嵐クンたちに助けられたことが多かったかな。

また寝るのが遅くなってしまうので、この辺で。
(今日の文字は、相葉ちゃん色で~~~)
2009/10/10(Sat) 01:13 | URL  | ちゅみまま #JSqBSQcU[ 編集]
私にもボート部の波が・・
香取さん、2度目ましてです。

なんでかこの1~2週間、ボート部を見たくて仕方ない日々を過ごしていました。
(自分のとこにもちらっと書いたんですけどね)
2008年の2月頃に嵐さん達に気がついたばかりの私です。もちろんボート部のことも知らなかったのですが、なぜ大野くんがキャプテンと呼ばれるか・・ってとこから、ボート部を知りました。
で、あるところで一晩で一気に見たんです。
それきり見てはいません。心の中にぎゅっとしまっています。
それから光さんの顔、声も忘れません。
それくらい大事です。

そして香取さんのところへ来て・・
泣いてしまいました。  えへへ。

光さんが最後のレースで自分の夢を5人に託して、1人欠かさずにボートに乗せてくれたこと。
きっと嵐のみんなは忘れないと思います。


5×10、確かにあの歌詞の部分
相葉ちゃんの声がソロ?ってくらい聴こえますよね。
2009/10/10(Sat) 01:36 | URL  | みやこ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
>さちさま
初コメントありがとうございます。
彼らのスタンスは、驚くくらい変わっていないですね。
それをきっと彼らは頑なに守り通しているような気もします。

嵐って
きっともっと楽な生き方もできそうなのに。
どうしてもどうしても険しい道を選んでいく子達ですね~。
マイガール楽しんでくださいね!
2009/10/10(Sat) 05:06 | URL  | 香取 #-[ 編集]
泣いちゃだめです!!
>にこりんさん
久しぶりにボート部のこと思い出させてくださって、ありがとうございました。
だって、ボート部を見るのはとってもとっても勇気がいるのです。
心がぎゅ~~~って締め付けられる瞬間がいっぱいですから。

だけど、10周年だから
だから、ちゃんと彼らに向き合うこと、、、思い出させてくださってありがとうございました。
今度は、うちで鑑賞会しましょう~。
2009/10/10(Sat) 05:09 | URL  | 香取 #-[ 編集]
じゃぁ、サクラ色で
>ちゅみままさん
それでは、私は翔ちゃんカラーで。

光さんは、本物の指導者ですよね。
常に平常心で。
そして、、、私は今回、ほんとに潤君っていい子だな~って思いました。
たしかに、めんどくさそうだけど。。。うふふ。

一番最後、光さんとお別れするとき、ニット帽を取って、くしゃくしゃの髪型で、おでこがひざにくっつくくらいお辞儀した潤君が、、
あれがほんとの潤君なんだよね?
2009/10/10(Sat) 05:12 | URL  | 香取 #-[ 編集]
Re: 私にもボート部の波が・・
>みやこさん
「光さん、乗らないの?」って5人が言うところも素敵ですよね。
誰かが脱落するのに。

光さん世代って、絶対に全てを語らないんですよ。
「背中を見て解れ」っていう世代ですよね。
その光さんにぶつかる5人と、ちゃんと受け入れる光さんと、そして橋渡しをされる光さんの奥様。
まるで導かれたように出会う彼らは、本当にきれいな後ろ姿を私達に見せてくれましたね~。

光さんお元気でしょうかね。
きっと、「嵐の人達、、すごいわね。」って奥さんとお話しされていることでしょうね。
二度目のコメントありがとうございました~。
2009/10/10(Sat) 05:17 | URL  | 香取 #-[ 編集]
こんばんわ。
私も時間をかけてボート部見終わりました。本当に言葉が出ません。慌しく忙しなく過ぎていく状況の今、原点を振り返る機会を下さってありがとうございます香取さん。さぁこれからもオールメンでいきましょう!!
2009/10/12(Mon) 23:38 | URL  | ねじまきどり #-[ 編集]
オールメンで!!
>ねじまきどりさん

嵐のスタンスは、いつも変わらないですね。
昔も今も。
だけど、今はなかなかそれが見えてこないことが多いです。私には。
ただ、
でも、、、私達は、嵐を知ってる。
彼らが頑張り屋さんで、前向きで、、、そういうこと思い出させてくれるシリーズです。
たしかにこれ、DVD化したらめっちゃ売れるだろうな~。
オールメンで行きましょうね~。
2009/10/13(Tue) 00:44 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック